早期リタイア、あきらめました

このページの記事目次 (カテゴリー: 早期リタイア、あきらめました

total 9 pages  次のページ →  

退職後やりたい100のこと vol.11、料理好きになる

これはムリでしょ…

料理ができるようになる!ではなく、料理好きになる!っというのは、性格矯正的な要素も含まれていますから、厳しい挑戦になりそうです。

料理と実験は似ている

いつもの食堂に休店ギリギリの午後2時にお昼を食べに行くと、ラッシュ後のシェフたちと、ご飯を食べることになったりします。←

ある日、「新人シェフの料理台が散らかりすぎている」っと、話題になっていました。みんなで「The look」(がみがみ言わず、やれやれ視線を送る)攻撃で諫めているらしいですが、いいシェフは料理台がキレイだ!っというのが、ベテランシェフ陣の主張でした。

あ~。それは化学反応実験も同じだよ~。実験上手の実験台は大抵片付いているよ~。って話になりました。

私が料理をするとき、料理台が実験台に見えて、どうも長くそこに立ってないんですよね~。そもそも研究職への道を進まなかった理由が、「実験嫌い」ですからね~。料理と実験はprep-reaction-workupのプロセスがとても似ていると感じます。

実験の成功要素は経過観察

実験嫌いの私が言っても説得力がないかもしれませんが、実験をしている間、何時間も反応を眺めている人はあまりいないかもしれません。煮物をしている際にずっと鍋を眺めていないのと同じ感覚です。

ただ、ちゃんと見ていると変化が分かりやすく、反応機構的に、アレンジを加える箇所・タイミングが特定しやすくなるので、私は結構よくぼけ~っと眺めていた方です。それで、他の人より時間の使い方が下手で、合間にできることが少なかったんだろうな~っと思います。帰宅時なんだかへとへとでしたから。

料理も同じなのかしら??

眺めてないで、合間に洗い物、片付け、他の料理、そういうのを上手にさばけるようになったら、余力ができるかしら?

余力が出来たところで、好きになるか?

そもそも実験に失敗するというのは稀なんです。想定より収率が低かったとか、精製が難しかったなどはありえても、失敗して何にもならなかったということはほとんどありません。(ある程度)成功して当たり前の世界です。

料理も食べられないレベルのものはなかなか出来ない。っという点で、同じ感覚です。

料理好きの人たちは、何が楽しいんだろう?

「おいしい」っと言ってくれる人がいないからダメなのかな??

ま、いずれにしても、「余力」が出来たリタイア後に、ボチボチ試してみたいことの一つです。

退職後やりたい100のこと vol.10、ひきこもりタイムトライアル

暑いのが苦手なので、夏にやってみたいと思っているのですが、家の敷地から出ずに何日間過ごせるかのトライアルをしてみたいです。

目標ひきこもり期間1か月

食料・日用品を買いだめしまして、庭にトマト、キュウリ、ニガウリなどの野菜などを植えまして、事前に社交と所用を済ませて、などなど、下準備が結構必要かな?、なんて思っております。

自炊を始めてから、なんだかだで2日に1度は買い物に行っています。だから1か月分の食材がどのくらいの量なのか?さっぱりわかりません。やはり家事力を磨かねば。

もともとお家派なので、退屈はしないと思います。あっという間に過ぎちゃうのじゃないかと思います。

家事力や退屈ではなく、「おやつ」切れなどを起こしてギブアップしそう…

早期リタイア界への最大の違和感

それは「エリート」の定義です。

早期リタイア出来た人たちは、間違いなく「エリート」というか、「サミット」にいる人たちです。苦行を積んだか、才能が煌めいていたのか、その両方か、よくわかりませんが、凡人じゃありません。ブッダだから解脱できた!と同等なイメージです。

私がよく読んでいる、読んでいた様なブログは、頭を使って、戦略的に障壁を乗り越えたタイプが多く、大いに尊敬いたし申し上げているのですが、私自身は超人でも鉄人でもないからムリ!っと、早々に白旗を掲げてしまいました。

ところが、超エリートで頂点あたりに君臨していると、凡人がモタモタしているのがもどかしいのか、大金は必要じゃないとか、辞めてしまえばなんとかなるとか、覚悟の問題だとか、何度も繰り返し発信しておられる方も見受けられます。何がしたいんだろう?

もしかしたら、本当に真心で言っていらっしゃるのかもしれませんが、単にそういう記事にはアクセスが集まるからなのかも?

私の読解力じゃ、なんのメッセージなのか、よく理解できていません。

凡人の同志よ!
あれに乗せられちゃダメだよ!!
超人だからあの人たち!!!
なんて、呼びかけたくなります。

同じ励ましでも、具体的な成功事例を紹介しようとしていらっしゃる方もいます。こういうのは、なんだか暖かく感じます。

等身大のリタイアレポートが読んでいて楽しい方、趣味がプロ以上の余裕派の方、唯々楽しそうに生活しておられる方、ユーモアのセンスがツボな方、やおよろずな感じです。

ガネーシャ様が好きな人、ムルガン様が好きな人、シバ様が好きな人、ヒンドゥー教の人にそれぞれ好きな神様がいるのと同じ感覚?で眺めています。

エリート

出張中で、家パソないし、ネット難民なので、徒然なるままに、ボケーっとコーヒー飲んでいた時に目に入ってきた「エリート」の文字から、心に浮かぶ由なし事を、そこはかともなく書き付けてみたけれども、特段、狂おしくはならなかった、凡人の雑記でした。

あはは。

退職後やりたい100のこと vol.9、じ≠ぢ≠ず≠づ!??を聞き分けてみたい

じ≠ぢ≠ず≠づ!??

誤字脱字が多いので、何とかしたいな~っと思っております。漢字の変換などもよく間違えていますが、それより混乱するのは、「ず」と「づ」です。

他の人は一体どうやって書き分けているのだろう?、とグーグル先生にお伺いしたところ、衝撃の事実を知ってしまいました!

引用元:Wikipedia、「四つ仮名」ページ

四つ仮名の区別を今でも保存しているところもある。九州の大分県・宮崎県・鹿児島県・福岡県南部、四国の高知県、奈良県南部、山梨県奈良田などの方言では四つ仮名が区別されており、これらは「四つ仮名弁」と呼ばれる。

今でもって、今でも!ってことですよね? これらの出身県の人たちが大学や会社にいても、言い分けていると、聞き分けられていませんでした!

かっこいぃ~~!!

これ、聞き分けられるようになった上で、言い分けられるようになるまでに、どのくらいの期間が必要なのかしら?

じ=ぢ=ず=づ!??

引用元:Wikipedia、「四つ仮名」ページじ≠ぢ≠ず≠づ

日本語の方言における四つ仮名の統合状況。緑の地域は「一つ仮名弁」、黄色の地域は「二つ仮名弁」、橙色の地域は「三つ仮名弁」、紫色の地域は「四つ仮名弁」の地域である。これは明治生まれから大正生まれの、伝統的な方言を話す老年層の状態に基づいた地図であり、世代が下ると共通語の影響でほとんどの地域が「二つ仮名弁」に変わっていく。

4つ仮名のエリアは聞き分けられなくなってきて、1つ仮名のエリアは違いが分かるようになっているのか~。

おもしろいものですね。

それにしても、明治生まれから大正生まれの方々にお会いするのは、なかなか難しいんじゃないかな?
最初に記事が作成されたのが2005年か…
2017年の今、いいわけられる人がどのくらい存在するのかな?
もっと早くこの違いについて知りたかったです。
ぐすっ。

「じ≠ぢ≠ず≠づ」を聞き分けたい!

中国語の破擦音もかなり難しかったんですよね~。
5年かけても上手く言えないぐらいに、そりゃ~もう、難しかった!

ウィキペディア、ピン音ページ、声母(音節頭子音)より引用中国語子音

セル内の上側に国際音声字母を、下側に拼音を示した。無気音と有気音の対立があるものはセルを左右に分けて示した。ただし、sh と r で表記される子音は無声音と有声音の対立である。声母の順序は、b p m f、d t n l、 g k h 、j q x、zh ch sh r、z c s である。

なつかし~
ば~ぱ~ま~ふぁ~ だ~た~な~ら~
私もやりました。

子音も多いですが、母音も日本語よりも種類が多くて大変だったな~。
じ≠ぢ≠ず≠づは、日本語だし、慣れればちょっとは見込みがあるんじゃない??

なんちゃって。

住んでみたいな~。
鹿児島県。
またパイナップルアメ、食べたいし。

退職後やりたい100のこと vol.8、起業

何故、起業か?

Entrepreneurshipって、一瞬どう読むのかわからないし、発音しづらいですよね。
もっと言いやすい言葉にしてほしいです。

日本語では、起業家精神や企業家精神などと呼ばれていますね。


アイデアと意欲に燃えるスタートアップの企業をイメージしやすいかもしれませんが、むしろ老舗企業は努力して意識的に取り組まなければ世の中についていけなくなるという意味で、大きな課題だったりします。

私は稲森和夫氏が講演すると勘違いして、セミナーに参加したことがあります。実際は、ビデオレターで、しかも前の仕事が押してビデオ和夫すら見損ねたという苦い経験が…

兎も角も、潜在ニーズを満たすソリューションをデリバーする意欲のことを企業家精神と呼ぶのだと理解しました。(←英語の講演だったからカタカナ語を許してください。)

と、ここまで、正論を書いておきながら、はっきり言ってしまえば、私はそういう感じでもありません。ただし、単に面白そうだから!というばかりでもありません。←

非居住者待遇への対策

非居住者であるが故に、株を売ってしまった事をとても寂しく思っています。内国法人として買えば、代表取締役が非居住者でも日本株を維持できるっぽいです。これはその時の株式取引への情熱にもよりますけれどもね。

そう言った意味では、日本国の居住者待遇を回復したら、すぐに登記を行い、日本株は全て会社名義で購入するのもいいかもしれません。いつ次の海外赴任が巡ってくるかわかりませんからね。

但し…

企業運営の殆どを本業外収入で賄っている企業ってどうなのよ。
と、思えなくもありません。

高級パソコンを社費で買う!

家パソもうダメです。

テンプレートの改修をしても、iEやFirefoxでのテストが滞るぐらいダメです。
高級パソコンでサクサク作業したい~。でも、高い~。

っと、ケチ心が出ておりますので、仕事用だったら心理的に正当化されるのではないか?、などと考えてしまいました。←

それで、高級パソコンを買って、お手製の固定資産番号シールを貼って、4年に一回買い直す。
ムヒヒ。
と言うような妄想をしたという。

加えて、企業用のパソコンなら、不要なソフトのアンインストールの手間が省けるのではないかと期待しております。しかし、たった一台だけでも売ってもらえるものなのかしら?

ウェブサイトを作りたい

記事も書かずにブログのテンプレートカスタマイズを行っていたりします。
時には、新しい事に挑戦してみたいが故に、ムリヤリ関連記事を作ってテストしたりしています。

ウェブの裏側、おもしろすぎる。

まだまだブログだけでも学習の余地がふんだんに残されており、仕事をしながら触ってみるには十分なのですが。
ウェブサイトだと面倒くさい反面、自由度が高くて楽しそうです。(←CMS依存な部分も大きいかも?)

会社と言えば、ウェブサイト!
これまた堂々とはまっていられる気がします。

って、え??
本業がないじゃん…
起業家精神、皆無でした。

株式会社、外国人ライフ


うぉ。なんだか、胡散臭いですね。

本業を何か考えねばなりません。

この響きから言うと、何か外国人を支援する感じの業務をしていそうですよね。
うーん。
でも、入出金管理が面倒なので、ユーザからお金をいただかない方法を考える必要があります。

ブログの広告収入とか??

  • 朝見たワイドショーのお茶の間ネタを(下手な)英語でブログ記事にしてアップする
  • 外国人を地元のウォーキングに連れて行く小ツアーを企画し、参加無料だけど、活動をウェブにアップする
  • 外国人が困っていることを情報公開条件でポストしてもらえれば、調査結果を記事にする
  • 私が日本から買ってきているような日本にしかない便利グッズ(霧吹き式アイロンスムーザー)などを紹介してみる
  • 邦画の感想を英語で書いて、日本映画の魅力を紹介する

って、これ、私の英語力とブログ力じゃ、本業収入が本業外収入を越えるのはムリですね。
あはは。

ま、妄想ですから。