時事ネタ

このページの記事目次 (カテゴリー: 時事ネタ

total 12 pages  次のページ →  

ウェールズ大好き!(ついでに新1ポンドコインについて)

国旗編

ユニオンジャック

はい!どーんときましたユニオンジャック。
イギリスと言えば、ユニオンジャック!的な記事を書きたいところですが、本日は私のウェールズへの愛を語る記事です。


UKは、the United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandです。
日本語でいうとグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国ですね。
イングランド、スコットランド、アイルランド(北部)、ウェールズの連合王国のはずなんですね。


ふふふ。

ユニオンジャックの成り立ち

ユニオンジャックの成り立ちを見るに、イングランド+スコットランド+アイルランドなんです。


ウェールズは、どこへ行ったの??

ウェールズの国旗

↑が、ウェールズの国旗です。
白と緑で、しかも真ん中にドラゴンがどーんと!
どうですか?
この空気読んでいない感。
なんだかほっとしませんか?

国花編

クラウンフローラルバッジ

このクラウンフローラルバッジ、イギリスに住んでいるとちょいちょい見かけます。

イングランドのチューダーローズ、スコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロック(クローバー)です。

で、またもや、行方不明のウェールズ。

彼らの国花はどんな感じかと言うと…

ウェールズのネギ

大丈夫!
見間違いではありません。
ネギです。ネギ。
深谷ネギみたいな立派なネギです。
なかなか斬新ですよね。
アイルランドもお花じゃないけれど、三位一体のシンボル的なものらしく、理解ができます。
ウェールズのネギは、いや、どこから出てきたのか、とても興味があります。

本当にマイペース!

これはさ、バラとアザミとクローバーに混ぜてもらえなくても仕方なくない??

ところが、そこは寛容なUK気質でなんとかネギも融合させたバージョンが、もうすぐ身近に存在することになります。

じゃ~ん。

新、1ポンドコイン

イギリスの新1ポンドコインです。
見えますか、左から2番目のネギ!
仲間に入れてもらえました~。
素敵な12角形が話題になっていますが、私はネギが仲間入りできたことを非常に喜んでいたりします。

詳しくはこちらをご参照くださいませ~。
イギリス造幣局、The New 12-sided £1 Coinページ

2017年3月から流通開始になるという、1ポンドコイン。
時事ネタとして紹介すべきところをウェールズ愛として書いちゃうあたりが、ダメブロガーですが…
どんまい~


資料引用元(Reference):
ユニオンジャック引用元
By Original flag by Acts of Union 1800SVG recreation by User:Zscout370 [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons
ユニオンジャックの成り立ち引用元
By By en:User:JW1805. Edited and fixed by en:User:IAMTHEEGGMAN [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons
ウェールズの国旗、引用元
By UnknownVector graphics by Tobias Jakobs - Open Clipart Library, Public Domain, Link
クラウンフローラル紋章、引用元
By SodacanThis vector image was created with Inkscape. (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
ウェールズのネギ、引用元
By SodacanThis vector image was created with Inkscape. (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

iPad2がスクリーンショットウィルスに感染したっぽい

iPhoneで撮った写真をブログ記事に使おうと思って開けてみたところ…
うわ~。なんだこのパスワード画面の連射~!みたいな感じになっていました。
撮られたスクリーンショットは300枚ほど
Siriなんかも起動されていました。
ウィルス?、操作ミス?

なんで連射なの???

キャプチャーされた画面がパスワードが6ケタ指定なので、iPhoneではなく、iPadっぽいです。

うげ~

The Telegraph, Technologyより引用;Apple Mac virus can take screenshots and see everything you type

The malware, called Mokes.A, can take screenshots from a computer every 30 seconds, as well as access photos, videos and documents, according to Stefan Ortloff, the Kaspersky Lab researcher who found the program.

Myへなちょこ翻訳
題:アップル、マックのウィルスは、あなたがタイプする全てをスクリーンショットして閲覧することができる。
引用部分:このプログラムの発見者であるKaspersky Labの研究者、Stefan Ortloff氏によると、Mokes.Aと呼ばれるマルウェアは、30秒ごとにコンピューターからスクリーンショットをとることができ、なおかつ写真、ビデオ、文書にもアクセスすることができる。

やばいね。
というわけで、ブログどころではなくなってしまいました。

皆様もご注意を!

何なんだこの人は!!(怒)

ドナルド・トランプ大統領とその施策への抗議デモが相次いでいるようです。
私が住んでいるのは、アメリカではなく、イギリスなんですが…

就任したのが1月20日、1月31日の本日までにオクスフォードでもいくつかの活動が行われたようです。

Bridges not Walls



※オクスフォードで最も有名な橋は、ビルとビルを繋いでいます。

Muslim Ban Protest







これは2017年1月30日の夜です。
行動を起こす人がイギリス全土に広がっているようです。

毎日熱心に騒動の種をまいておられるトランプ大統領。
差別的な発言が多すぎて、私もとても好きになれそうにありませんが、遠くかけ離れた田舎町に2,500人ものアンチを育てちゃっています。

今日は、この活動が引き起こしたバスのダイヤの乱れで、トータルで一時間以上外に晒されました。
バスが市街地から戻ってこない!!
ようやく家に着いたのは、夜9時。
早速熱が…

でも悪いのは、バス会社でも、活動者たちでもないんですよね。
デモのことを知っていたのに、甘く見て早めに帰らなかった私。
そして、問題の根源、トランプ大統領。

次回は、早めに帰宅します。

イギリスのレトルト食品に挑戦する

バカと天才は紙一重とは、よく言ったものですね。家事力が壊滅的な私は、あまり冷凍食品やレトルト食品を食べたことがありません。一周まわって、凄腕主婦っぽくないですか?


イギリスのレトルト食品


まず、あまりに無知で、これをレトルトと呼んでいいのかわかりません。っていうところからスタートです。
イギリスのレトルト
スーパーに売っていた「タイチキングリーンカレー」と「インドチキンティカマサラ」です。

レトルトカレーときいて私が想像するのは、銀色のパウチパックに入って、保存期間が長くて、非常食とかにできそうな勢いの食べ物です。これは、タイカレーの方が1月11日(3日後)までで、インドカレーの方が1月13日(5日後)なので、おそらくレトルトカレーとは言わないんだと思うのですが、他になんと呼ぶのかわかりません。

ファミレスのお弁当はもっと賞味期限が短めですし…
中間的な何か??
うーん。


ご飯はついていない


イギリスの米

おかずだけなので、ご飯は別に準備する必要があります。
ナンブレッドなんかで食べる場合もあるからでしょうか?

今回は、ジャスミンライスとバスマティーライスを買ってみました。
こちらは、賞味期限が2017年12月までで、長めです。レトルト食品でOKでしょうか?
インドでは、ジャスミンライスと普通のライスがあります。バスマティーライスはインドの「普通のライス」のことだと理解しました。

中国の香米(Aromatic Rice?)は、はじめ臭いがきつくて食べられませんでした。しかし、出張も多く、外食ばかりですから、背に腹は代えられず、次第に食べられるようになって、今ではおいしいとすら思います。味オンチは、そういうところこだわりがなくて、いいかもしれません。


気になるお値段の方は…


あ、気にならないかも?
私は、これ、お弁当にならないかな?と思ったので、いつも食堂で払っている£6より高いかどうか、気になりました。

それでは、お値段を商品説明を添えて…

Green Thai Chicken Curry

Pieces of marinated chicken breast and bamboo shoots in a coconut sauce with lemon grass, coriander & galangal
グリーンタイチキンカレー
マリネした鳥の胸肉とシナチクが入った、レモングラス、コリアンダー、ガランガル入りのココナッツソースです。

あ~。私、コピーライティングの才能ないわ…
£3.9って、高っ!
シナチクに心奪われて、買う前に値段見るの忘れていました。
ふんだんに入っていたシナチクに大満足なので、全然OKですけどね。


Indian Hot Chicken Tikka Masala

Pieces of char-grilled marinated chicken breast in a hot tandoori spiced cream and tomato sauce
インディアンホットチキンティカマサラ
直火焼きしてマリネした鳥胸肉が入った、辛口タンドーリスパイスクリーム&トマトソース
£3.9…

どちらも350Gでした。カロリーは、タイの方が462kcal、インドの方が610kcal
お米は1パック£1で、280G、420kcalです。
量が多いな~っと思って、2食に分けて食べました。

1食£2.45なら、まぁいいのかもしれません。
しかし会社のランチは残すと処分に困りますから、お弁当箱に詰め直すとか工夫しないとダメですね。

中国で、現地生産の明治銀座カリーにはまっていた時も、最初は1食間食できなくてお腹を痛めていましたっけ…
あれは、半分だと少ないんですよね~。

スーパーに売っているものを駆使できるのも、一つの家事力ですね。

これぞ、女子力!

同僚から、クリスマスプレゼントに貰いました。手作りです。すげ~~。


命名、「女子力チョコ」


これ、凄いな~。
女子力チョコ

手作りですよ!
手作り!

中に私の好物、Terry'sのOrange Chocolateが入っています。
勿体なくて食べられません。

高い女子力だと、2-3時間でできるそうです。

かっこよすぎて、ほれぼれします。
やっぱ、女子は、料理力じゃない?

なんて、完全に他人事感覚で感動しておりました。

素晴らしすぎる…