時事ネタ

このページの記事目次 (カテゴリー: 時事ネタ

total 4 pages  次のページ →  

労働党が祝祭日を4日増やしてくれるかも?

驚きの、2017年イギリス総選挙

しないんじゃなかったの?、総選挙??、少々驚きました。

ウィキペディア、「2017年イギリス総選挙」より引用

次回の総選挙は2020年5月7日に実施されることになっていたが、メイ首相は4月18日の閣議後に議会の解散を表明し、翌19日に議会下院は解散総選挙の早期実施について採決し、賛成522、反対13で、これを承認した。

賛成522、反対13って、凄まじい結束力ですね、イギリス下院。ほかのこともこの調子で採決できれば、イギリスは世界最強に返り咲きそうですよね。

労働党が祝祭日を4日増やしてくれるかも??

私の周囲で労働党の株がうなぎ上りであります。EU Referendum(Brexit選挙)の際は小難しいことを言っていた面々も、4日の祝祭日追加には抗えず、最近のホットトピックです。

BBC、「General election 2017: Labour wants four new bank holidays」より引用

Labour says the UK has fewer bank holidays than other G20 countries.
Normally, England and Wales have eight bank holidays a year, Scotland nine, and Northern Ireland 10. Labour says the average for G20 countries is 12.

労働党によると、イギリスは他のG20の国々よりも祝祭日が少ない
通常であれば、イングランドとウェールズの祝祭日は年間8日、スコットランドは9日、北部アイルランドは10日。労働党によるとG20の平均は12とのこと。

そうなんですよ!イギリス人、働きすぎ!!休みも少なすぎ!!!

外国生活を始めて、初めて選挙権が欲しくなりました。私も一票投じたい~

日本は年間17日で世界最多です。日数差がなんと9日も!!

日本は祝祭日が多いけど、有給は少ないというか、使わない…

President Online、「祝祭日数世界1位!日本人は休みすぎ!?」より引用
日本の祭日の国際比較

日本の有給日数、ぶっちぎりトップですね。でも有給を使わない日本人…不思議なものです。

私の勤め先では、日本にいる日本人社員の方が駐在員よりも有給日数が多いんですね。イギリスの駐在員になると、休日の少なさと足し合わさって、10営業日、日本の社員より多く働かなければなりません。これ、半月に相当します。

超不満です。

会社よりもジェレミー・コービンをあてにする

これまで労働党が頑張ってこなかったから、祝祭日が他より少ないかもしれないという事実に少々目をつぶってですね、心の底から、労働党を応援したくなっています。

いや、なんとなく、ジェレミー・コービンがイケメンに見えて来ました。やばいです。休みが欲しい気持ちが、いろいろなものを狂わせております。

あ、政治観は、狂う前に、もともと無かったんでした。

休み~~(今日から3連休です。メーデーです。)

ウェールズ大好き!(ついでに新1ポンドコインについて)

国旗編

ユニオンジャック

はい!どーんときましたユニオンジャック。
イギリスと言えば、ユニオンジャック!的な記事を書きたいところですが、本日は私のウェールズへの愛を語る記事です。


UKは、the United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandです。
日本語でいうとグレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国ですね。
イングランド、スコットランド、アイルランド(北部)、ウェールズの連合王国のはずなんですね。


ふふふ。

ユニオンジャックの成り立ち

ユニオンジャックの成り立ちを見るに、イングランド+スコットランド+アイルランドなんです。


ウェールズは、どこへ行ったの??

ウェールズの国旗

↑が、ウェールズの国旗です。
白と緑で、しかも真ん中にドラゴンがどーんと!
どうですか?
この空気読んでいない感。
なんだかほっとしませんか?

国花編

クラウンフローラルバッジ

このクラウンフローラルバッジ、イギリスに住んでいるとちょいちょい見かけます。

イングランドのチューダーローズ、スコットランドのアザミ、アイルランドのシャムロック(クローバー)です。

で、またもや、行方不明のウェールズ。

彼らの国花はどんな感じかと言うと…

ウェールズのネギ

大丈夫!
見間違いではありません。
ネギです。ネギ。
深谷ネギみたいな立派なネギです。
なかなか斬新ですよね。
アイルランドもお花じゃないけれど、三位一体のシンボル的なものらしく、理解ができます。
ウェールズのネギは、いや、どこから出てきたのか、とても興味があります。

本当にマイペース!

これはさ、バラとアザミとクローバーに混ぜてもらえなくても仕方なくない??

ところが、そこは寛容なUK気質でなんとかネギも融合させたバージョンが、もうすぐ身近に存在することになります。

じゃ~ん。

新、1ポンドコイン

イギリスの新1ポンドコインです。
見えますか、左から2番目のネギ!
仲間に入れてもらえました~。
素敵な12角形が話題になっていますが、私はネギが仲間入りできたことを非常に喜んでいたりします。

詳しくはこちらをご参照くださいませ~。
イギリス造幣局、The New 12-sided £1 Coinページ

2017年3月から流通開始になるという、1ポンドコイン。
時事ネタとして紹介すべきところをウェールズ愛として書いちゃうあたりが、ダメブロガーですが…
どんまい~


資料引用元(Reference):
ユニオンジャック引用元
By Original flag by Acts of Union 1800SVG recreation by User:Zscout370 [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons
ユニオンジャックの成り立ち引用元
By By en:User:JW1805. Edited and fixed by en:User:IAMTHEEGGMAN [Public domain or Public domain], via Wikimedia Commons
ウェールズの国旗、引用元
By UnknownVector graphics by Tobias Jakobs - Open Clipart Library, Public Domain, Link
クラウンフローラル紋章、引用元
By SodacanThis vector image was created with Inkscape. (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
ウェールズのネギ、引用元
By SodacanThis vector image was created with Inkscape. (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

iPad2がスクリーンショットウィルスに感染したっぽい

iPhoneで撮った写真をブログ記事に使おうと思って開けてみたところ…
うわ~。なんだこのパスワード画面の連射~!みたいな感じになっていました。
撮られたスクリーンショットは300枚ほど
Siriなんかも起動されていました。
ウィルス?、操作ミス?

なんで連射なの???

キャプチャーされた画面がパスワードが6ケタ指定なので、iPhoneではなく、iPadっぽいです。

うげ~

The Telegraph, Technologyより引用;Apple Mac virus can take screenshots and see everything you type

The malware, called Mokes.A, can take screenshots from a computer every 30 seconds, as well as access photos, videos and documents, according to Stefan Ortloff, the Kaspersky Lab researcher who found the program.

Myへなちょこ翻訳
題:アップル、マックのウィルスは、あなたがタイプする全てをスクリーンショットして閲覧することができる。
引用部分:このプログラムの発見者であるKaspersky Labの研究者、Stefan Ortloff氏によると、Mokes.Aと呼ばれるマルウェアは、30秒ごとにコンピューターからスクリーンショットをとることができ、なおかつ写真、ビデオ、文書にもアクセスすることができる。

やばいね。
というわけで、ブログどころではなくなってしまいました。

皆様もご注意を!

何なんだこの人は!!(怒)

ドナルド・トランプ大統領とその施策への抗議デモが相次いでいるようです。
私が住んでいるのは、アメリカではなく、イギリスなんですが…

就任したのが1月20日、1月31日の本日までにオクスフォードでもいくつかの活動が行われたようです。

Bridges not Walls



※オクスフォードで最も有名な橋は、ビルとビルを繋いでいます。

Muslim Ban Protest







これは2017年1月30日の夜です。
行動を起こす人がイギリス全土に広がっているようです。

毎日熱心に騒動の種をまいておられるトランプ大統領。
差別的な発言が多すぎて、私もとても好きになれそうにありませんが、遠くかけ離れた田舎町に2,500人ものアンチを育てちゃっています。

今日は、この活動が引き起こしたバスのダイヤの乱れで、トータルで一時間以上外に晒されました。
バスが市街地から戻ってこない!!
ようやく家に着いたのは、夜9時。
早速熱が…

でも悪いのは、バス会社でも、活動者たちでもないんですよね。
デモのことを知っていたのに、甘く見て早めに帰らなかった私。
そして、問題の根源、トランプ大統領。

次回は、早めに帰宅します。

イギリス初のプラスチック銀行券にベジタリアン激怒

紙幣は、日本では銀行券。イギリスでは、Bank Note。アメリカでは、Bill。イギリスでは、2016年9月に5ポンド紙幣がプラスチックになりました。真ん中シースルーで、金色のビックベンがかっこいい感じです。お札の中のエリザベス女王は、しばらくずっと年をとらず、うらやましい限りです。


新紙幣に動物由来の油脂が使われているらしい


ベジタリアンやベーガンの方々にはお気の毒なことです。まずは各誌の記事タイトルから何が起きたかお伝えします。

The Gardian誌、2016-11-29
Bank of England urged to make new £5 note vegan-friendly
More than 70,000 sign petition to cease use of tallow in production process, saying it is unacceptable to vegans and vegetarians(後略)
※へなちょこ訳;「英中銀、新5ポンド札をベーガンフレンドリーに変えるように追い立てられる」、7万人以上が(新札の)製造過程で獣脂を使用するのをやめるための請願書にサインした。ベーガン、ベジタリアンには受け入れられないと言っている。

Indipendent誌、2016-12-1
Bank of England trying to find 'solution' to remove animal fat from new £5 note as thousands sign petition
More than 100,000 people sign petition demanding use of tallow be stopped(後略)
※へなちょこ訳;数千人が請願書に署名したため、英中銀は新5ポンド札から動物由来の油脂を取り除くための「解決策」を探そうとしている。

The Telegraph誌、2016-12-3
Vegetarian café refuses to take new £5 note over animal fat row
The owner of a vegetarian café has said she will no longer accept new £5 notes until they are made without animal products.(中略)More than 120,000 people have signed a petition against the use of tallow to manufacture the new polymer notes, which were released in September.
※へなちょこ訳;「ベジタリアンカフェで、動物由来の油脂に反感を抱き、新5ポンド札受け取りを拒否」、あるベジタリアンカフェのオーナーは、動物由来製品が含まれないものができるまで、新5ポンド紙幣を受け取るのをやめたとのこと。(中略)既に12万人が9月にリリースされた新しいプラスチック紙幣に獣脂を使うことを反対する請願書に署名している。



11月29日に7万人で、12月1日に10万人で、12月3日に12万人が署名したとあります。凄い勢いです…
ベジタリアン、ベーガンの人数と勢い(怒り?)に圧倒されます。
早く解決するといいですね。


ベジタリアンとベーガンの違い


インドには、宗教的な理由でのベジタリアンやベーガンが沢山いらっしゃいました。だから私も外ではできるだけ動物由来のものを口にしないようにしていましたし、鞄や靴も極力動物由来でないものに変更しました。

インドで聞いたベジタリアンとベーガンの違いは、「ベジタリアンは、殺生しない範囲で動物由来のものを食べる。例えばミルクやチーズ。ベーガンは一切ダメ。」というようなものだったと思います。

飛行機と机以外は何でも食べると自分たちで自慢している中国から移動すると、閉塞感がありましたが、これはこれ、それはそれ。

ベジタリアンなのに、ものすごくお腹が出ているメタボ体系の人たちが沢山いましたから、植物由来であっても油は油。油に限らず食べ過ぎと運動不足は健康に良くなさそうです。


脱線;久しぶりに紙の辞書を引いた「row」


row, noun, (over sth) a serious disagreement between people, organisations, etc.
へぇ~。
昨今、なんでもネットを引けば出てくる世の中ですが、イマイチしっくりくる答えが見つからず、紙の辞書を引いてみたら答えが見つかりました。全く使わないから捨てようかと思っていたのですが、もうしばらく残して置くことにしました。


脱線の脱線;記事が見つからないニュースメディアに失笑


この記事に挙げた3誌以外にもいくつかのメディアの記事が見つかりましたが、名指しで探しても見つからないメディアもありました。最近は不思議と「何が起きたか?」よりも、「誰がどう受け止めているか?」の方に興味があります。

無言・静観が示唆する「ポジション」は特に興味深いです。


この記事がボツになった理由は、脱線がこの後もだらだら続いたためですので、この辺りにしておきます。
笑。