お茶大好き

このページの記事目次 (カテゴリー: お茶大好き

total 4 pages  次のページ →  

果実茶、ナツメ茶(紅棗茶)

棗(ナツメ)大好き!!!!なんです。まだ青いうちは、シャクシャクとした触感と、さっぱり甘い小粒な青りんご風の実をむしゃむしゃかじります。青くても、赤茶色になっても、非常においしい果物です。

これを干したものは、いろいろな料理、特にスープや鍋に入れて薬膳風の風味を出したりしていますね。火鍋には必ず入っているので、「中国の冬の味」のイメージです。

ナツメ茶、抽出前、干茶

jujube-tea-cut-dry

ナツメは真ん中に種があります。私の場合、お茶用途の場合以外はスライスしたものを買いません。種付きナツメをまるっと使用します。または種だけ抜いた状態で購入します。

干したナツメは、激アマでおいしいのですが、お湯に抽出すると、甘さはほとんどなく、ナツメの風味は出ても、後味にほんのりと甘さが感じられる程度に抑えられます。実際にはナツメだけを淹れることは少なく、クコの実、竜眼(桂圓)、ハスの実(莲子)、白きくらげ(銀耳)、砂糖などと一緒に煮詰めてデザートにします。ぶよぶよのクコの実、ふわふわのナツメ、コリコリの竜眼(もしくはハスの実)、弾力のあるきくらげ、触感も味も楽しいエステなどで出される美容デザートです。我が家のお手伝いさん、鉄板デザート5種のひとつでした。

ナツメ茶、水色、茶湯

jujube-tea

この湯呑はとても小さいのでうっすらしていますが、実際の色は、シャンパンゴールドぐらいのうすい飴色です。これは抽出時間によっても変わると思いますが、デザートでいただくときも、うっすら飴色ぐらいが多い気がします。

味は、干しナツメ味です。青りんごの様だった果実の時は、うっすらとしか感じなかったナツメ味が凝縮されています。他にはない味なので、形容が難しく、これをナツメ味と覚えていただくのがよさそうな味です。(わたくし、味オンチ)

ナツメ茶、抽出後、葉底

jujube-tea-fruit

水を吸った果実部分です。食べます。これがメインです。だから、果実茶として紹介するか悩んだのですが、まぁ、お茶のコーナーなので、普段通りの構成にしました。

全開の中国出張の際、これだけは外せないマストアイテムとしてスーパーへ直行。干しナツメ、白きくらげ、クコの実を購入しましたが、ハスの実と竜眼を買い忘れてデザートにするには、ちょっと寂しいのでした。代わりにピスタチオを入れて作ってみようかな…

花茶、菊花茶

菊と言えば、菊の御紋。私が最もよく見かける花です(パスポートで…)。菊花茶は、正直いって、変な味です。と、言いつつしょっちゅう飲んでいいます。

菊花茶、抽出前、干茶

chrysanthemum-tea-dry

菊の花をごろっと乾燥しているだけです。漢方薬でもあるらしく、眼精疲労にいいとか、よく眠れるとか、熱さましにいいとか、いろいろ言われていますが、私が菊茶を飲む動機は、ノンカフェインで就寝前にちょうどいいからです。中国に住んでいた時は、北京事務所の近くの漢方薬屋さん、「北京同仁堂」でプラスチック缶に入っている見た目がぐしゃっとした大き目で美しくない菊花茶を買っていました。

ウィキペディアに日本語ページがあったので、貼っておきます→「同仁堂 (中国の製薬会社)」。変なものがいろいろ置いてあるので、出張中の暇つぶしにたまに寄っていました。

菊花茶、水色、茶湯

chrysanthemum-tea

出だしは、鮮やかな黄色です。そして味は、なんとも言えない変な味です。そしてなんだか舌に残ります。

出張にお見えになった日本人の方々は、北京ダックを食べに行くと菊花茶を飲みたがるのですが、私は食べ物の味が分からなくなります。そもそも味オンチなのに、ダックまで変な味になるので、空気を読まず自分用に鉄観音を頼むマイペースな駐在員に、出張者あんぐりです。

oxdized-chrysanthemum-tea

お茶を入れている途中に寝落ちした翌朝は、茶湯が鮮やかな緑色になっています。ミネラル分が酸化されるとこんな色になるのでしょうか?

私が飲むお茶は、黄色→緑色と変化するものが多いです。面白いです。

菊花茶、抽出後、葉底

after-extracted-chrysanthemum-tea

寝落ちしている間に、花びらの端に緑色の分子が集まってしまっています。リアルフラワークロマトグラフィーなんちゃって。笑。「水性ペンの色を分けて、きれいな花を咲かせよう!

菊花茶の不思議なところは、何倍出しても同じ味に感じることです。夜飲むのでせいぜい3倍しか出せませんが、味が弱まりません。プーアル茶と合わせて飲むときなんて、5~6杯目でも全然味が変わった気がしません。ある意味最強のパフォーマンスを誇るお茶です。

花茶、ローズティー(玫瑰花茶)

バラと言えば、花の女王。精油なんかもバカ高いですけれど、凄い人気です。なんでも女性に優しい効能満載なんだとか。寝る前に飲んでも目が冴えないのでとてもいいなと思っています。


ローズティー(玫瑰花茶)、抽出前、干茶


ローズティー(玫瑰花茶)

日本では、紅茶にちりばめられていたり、花びらがバラバラにされた状態で売っていますよね。蕾のままゴロっと乾燥するのが中国風??

この花茶は経時劣化するので、他のお茶より早く飲むようにしています。時間が経つと少しずつ花びらの色が薄くなっていきます。


ローズティー(玫瑰花茶)、水色、茶湯

ローズティー(玫瑰花茶)水色

元の花びらの色に影響されるのかもしれませんが、あまり水色はつきません。ほんのり黄色っぽくなるぐらいなことが多いと思います。

香りもほんのりはしますが、生のバラを活けたときの香りと同じぐらい控えめだと思います。バラ茶をいれると部屋の香りがバラ色に変わるとか、そういうのはありません。
※生花として活けているときもバラは(ユリなどよりも)香りが控えめですし、入浴剤やボディークリームの様にはっきり香るわけでじはないので、がっかりする人もいるかも??

味は、バラの香りがほんのりとするサツマイモ味(??)だと私は思っているのですが、味オンチだからそう感じるのかもしれません。酸味はなく、もったりとした丸い味です。ちなみに食べてみたことはありません。


ローズティー(玫瑰花茶)、抽出後、葉底


ローズティー(玫瑰花茶)抽出後

多分4杯ぐらいは出ると思います。写真は2杯目の後です。

私は寝る前にカフェインを避ける目的で、バラをはじめとする花茶や果実茶を選ぶことが多いので、時間的に2杯ぐらいしかのめませんが…

お茶とブレンドするのもアリです。紅茶とのブレンドがポピュラーですが、黒茶、岩茶・烏龍茶系の青茶なんかと合わせてもいけます。ケツメイシ茶などの果実・種茶とのブレンドも試してみたいな~とは思っていますが、まだ実行に移したことはありません。

他の花茶とのブレンドでは、ブレンド負けして味がわかりにくい感じがするので、私は個人的にはあまり混ぜません。そのままバラだけで飲むことが圧倒的に多いです。

ハーブティー、レモングラス茶 (Lemongrass)

タイ料理とインド料理を食べたので、レモングラスティーが飲みたくなった。ただそれだけです。ハーブティーも結構好きなんです。というか、味がついている水全般…ですね。

レモングラス茶、抽出前、干茶


レモングラス、干茶

これで1~1.5グラムです。これでマグ1杯分で、3回位は繰り返して飲みます。
私はこのくらい入れています。
袋の裏の説明書きがドイツ語で、定かではありませんが、1リットルのお湯に対して7グラムと書いているっポイです。


レモングラス茶、水色、茶湯


レモングラス、水色
あまり色はでません。
味は、酸っぱさのないさっぱりとしたレモン風味です。

私はお茶を飲むとき、効能は殆ど気にしません。
念のためアレルギー関係だけ調べます。

ただ、このお茶はちょっと特別で、インドでの「虫よけ」効能を期待して飲んでいました。
※飲んだら体臭がレモングラス臭になって虫が寄ってこないわけではありません。気分です!気分。

インドの蚊はウィルス持っていて怖いので、寄ってこないに越したことはありません。
この為、部屋では常に虫よけ、蚊よけの効能を持つといわれる「レモングラス」と「シトロネラ」をオイル焚いていました。
※他の精油もブレンドする

更に、「ボディークリーム」にそれらのエッセンシャルオイルを練りこんで、蚊よけクリームを作っていました。
もともとボディークリームはあまり使わないので、最も肌がもっともすべすべしていたのはインド時代です…

最近は、あまり飲まなくなったのですが、たま~にスープにパラパラ落として「タイ風」とか自称しています。


レモングラス茶、抽出後、葉底


レモングラス、葉底

ま、丸まっていた葉や、折りたたまれていた葉がひらいただけとも言います。


Tee Gschwendner


ハーブティーのお店で私が好きなのは、ドイツ、フランクフルトでふらっと入ったTee Gschwendnerです。ドイツのいろんなところにお店があるっポイです。

Tee Gschwendner、Herbal Tea (Organic)

いつもメモを持っていくのを忘れるし、iphoneのメモじゃ探せないので、こんなところにメモしてみます。
種類が豊富で楽しいです。

イギリスのお茶屋さん、全く知らないので、試してみようかな~。

中国茶、鉄観音

「鉄観音」は、日本でも知っている人をお見かけします。日本人が中国でお茶を買って帰る時、人気No.1は杭州の龍井茶(緑茶)みたいですね。もしくは中国人がお土産に準備するお茶No.1です。安渓の鉄観音(青茶)は、No.2に入れるのか?わかりませんが、認知度は高めだと思います。


鉄観音、包装


鉄観音、包装

鉄観音はたいていの場合、減圧封緘されています。袋は、500G、250Gの大きいものもありますが、上の写真は、1回分の小包装です。お茶屋のおばちゃんのおススメで一袋8Gです。私は鉄観音を飲みすぎると夜眠れなくなるので、一回につき半分使います。

コーヒーはいくら飲んでもぐーすか寝るのですが、何故かお茶には眠れなくなります。


鉄観音、抽出前、干茶


鉄観音、干茶

これが8Gです。
お茶請けのピスタチオと共に写すと結構な量であることがわかりますよね。
お湯を注ぐと広がって嵩張るので、中国工夫茶用の小さめの急須では、お湯が入らなくなります…

磁器の蓋碗でいれるといいらしいです。青茶なので半発酵の区分に入るのですが、割とフレッシュな緑色を残しているお茶です。


鉄観音、水色、茶湯


鉄観音、水色

100度のお湯で、1-3分なんて書いていますが、(私は)3分もつけておくと間違いなく眠れなくなります。それに渋みも出始めます。基本的にあっさりと爽やかなお茶なので、私は青臭さを楽しんでいます。あっさりとしていて、色が薄くても、味はしっかり出るので、つけすぎて渋みがでちゃうとちょっと残念です。抽出はせいぜい30秒ぐらいにしています。

大体5~6回ぐらい抽出できます。


鉄観音、抽出後、葉底


鉄観音、葉底

しわしわを伸ばしていたら、いくつか葉を破れてしまったので、諦めてしわしわのまま写しました。
明るい緑色~くすんだ緑色までバラエティーに富んでいます。

長さは5cmでした。

中国茶、まだまだありますが、次回は多分、タイ?、インド?、ドイツ?のレモングラス茶です。