お茶大好き

このページの記事目次 (カテゴリー: お茶大好き

total 4 pages  次のページ →  

花茶、ローズティー(玫瑰花茶)

バラと言えば、花の女王。精油なんかもバカ高いですけれど、凄い人気です。なんでも女性に優しい効能満載なんだとか。寝る前に飲んでも目が冴えないのでとてもいいなと思っています。

ローズティー(玫瑰花茶)、抽出前、干茶

ローズティー(玫瑰花茶)

日本では、紅茶にちりばめられていたり、花びらがバラバラにされた状態で売っていますよね。蕾のままゴロっと乾燥するのが中国風??

この花茶は経時劣化するので、他のお茶より早く飲むようにしています。時間が経つと少しずつ花びらの色が薄くなっていきます。

ローズティー(玫瑰花茶)、水色、茶湯

ローズティー(玫瑰花茶)水色

元の花びらの色に影響されるのかもしれませんが、あまり水色はつきません。ほんのり黄色っぽくなるぐらいなことが多いと思います。

香りもほんのりはしますが、生のバラを活けたときの香りと同じぐらい控えめだと思います。バラ茶をいれると部屋の香りがバラ色に変わるとか、そういうのはありません。
※生花として活けているときもバラは(ユリなどよりも)香りが控えめですし、入浴剤やボディークリームの様にはっきり香るわけでじはないので、がっかりする人もいるかも??

味は、バラの香りがほんのりとするサツマイモ味(??)だと私は思っているのですが、味オンチだからそう感じるのかもしれません。酸味はなく、もったりとした丸い味です。ちなみに食べてみたことはありません。

ローズティー(玫瑰花茶)、抽出後、葉底

ローズティー(玫瑰花茶)抽出後

多分4杯ぐらいは出ると思います。写真は2杯目の後です。

私は寝る前にカフェインを避ける目的で、バラをはじめとする花茶や果実茶を選ぶことが多いので、時間的に2杯ぐらいしかのめませんが…

お茶とブレンドするのもアリです。紅茶とのブレンドがポピュラーですが、黒茶、岩茶・烏龍茶系の青茶なんかと合わせてもいけます。ケツメイシ茶などの果実・種茶とのブレンドも試してみたいな~とは思っていますが、まだ実行に移したことはありません。

他の花茶とのブレンドでは、ブレンド負けして味がわかりにくい感じがするので、私は個人的にはあまり混ぜません。そのままバラだけで飲むことが圧倒的に多いです。

スポンサーサイト

ハーブティー、レモングラス茶 (Lemongrass)

タイ料理とインド料理を食べたので、レモングラスティーが飲みたくなった。ただそれだけです。ハーブティーも結構好きなんです。というか、味がついている水全般…ですね。

レモングラス茶、抽出前、干茶


レモングラス、干茶

これで1~1.5グラムです。これでマグ1杯分で、3回位は繰り返して飲みます。
私はこのくらい入れています。
袋の裏の説明書きがドイツ語で、定かではありませんが、1リットルのお湯に対して7グラムと書いているっポイです。


レモングラス茶、水色、茶湯


レモングラス、水色
あまり色はでません。
味は、酸っぱさのないさっぱりとしたレモン風味です。

私はお茶を飲むとき、効能は殆ど気にしません。
念のためアレルギー関係だけ調べます。

ただ、このお茶はちょっと特別で、インドでの「虫よけ」効能を期待して飲んでいました。
※飲んだら体臭がレモングラス臭になって虫が寄ってこないわけではありません。気分です!気分。

インドの蚊はウィルス持っていて怖いので、寄ってこないに越したことはありません。
この為、部屋では常に虫よけ、蚊よけの効能を持つといわれる「レモングラス」と「シトロネラ」をオイル焚いていました。
※他の精油もブレンドする

更に、「ボディークリーム」にそれらのエッセンシャルオイルを練りこんで、蚊よけクリームを作っていました。
もともとボディークリームはあまり使わないので、最も肌がもっともすべすべしていたのはインド時代です…

最近は、あまり飲まなくなったのですが、たま~にスープにパラパラ落として「タイ風」とか自称しています。


レモングラス茶、抽出後、葉底


レモングラス、葉底

ま、丸まっていた葉や、折りたたまれていた葉がひらいただけとも言います。


Tee Gschwendner


ハーブティーのお店で私が好きなのは、ドイツ、フランクフルトでふらっと入ったTee Gschwendnerです。ドイツのいろんなところにお店があるっポイです。

Tee Gschwendner、Herbal Tea (Organic)

いつもメモを持っていくのを忘れるし、iphoneのメモじゃ探せないので、こんなところにメモしてみます。
種類が豊富で楽しいです。

イギリスのお茶屋さん、全く知らないので、試してみようかな~。

中国茶、鉄観音

「鉄観音」は、日本でも知っている人をお見かけします。日本人が中国でお茶を買って帰る時、人気No.1は杭州の龍井茶(緑茶)みたいですね。もしくは中国人がお土産に準備するお茶No.1です。安渓の鉄観音(青茶)は、No.2に入れるのか?わかりませんが、認知度は高めだと思います。


鉄観音、包装


鉄観音、包装

鉄観音はたいていの場合、減圧封緘されています。袋は、500G、250Gの大きいものもありますが、上の写真は、1回分の小包装です。お茶屋のおばちゃんのおススメで一袋8Gです。私は鉄観音を飲みすぎると夜眠れなくなるので、一回につき半分使います。

コーヒーはいくら飲んでもぐーすか寝るのですが、何故かお茶には眠れなくなります。


鉄観音、抽出前、干茶


鉄観音、干茶

これが8Gです。
お茶請けのピスタチオと共に写すと結構な量であることがわかりますよね。
お湯を注ぐと広がって嵩張るので、中国工夫茶用の小さめの急須では、お湯が入らなくなります…

磁器の蓋碗でいれるといいらしいです。青茶なので半発酵の区分に入るのですが、割とフレッシュな緑色を残しているお茶です。


鉄観音、水色、茶湯


鉄観音、水色

100度のお湯で、1-3分なんて書いていますが、(私は)3分もつけておくと間違いなく眠れなくなります。それに渋みも出始めます。基本的にあっさりと爽やかなお茶なので、私は青臭さを楽しんでいます。あっさりとしていて、色が薄くても、味はしっかり出るので、つけすぎて渋みがでちゃうとちょっと残念です。抽出はせいぜい30秒ぐらいにしています。

大体5~6回ぐらい抽出できます。


鉄観音、抽出後、葉底


鉄観音、葉底

しわしわを伸ばしていたら、いくつか葉を破れてしまったので、諦めてしわしわのまま写しました。
明るい緑色~くすんだ緑色までバラエティーに富んでいます。

長さは5cmでした。

中国茶、まだまだありますが、次回は多分、タイ?、インド?、ドイツ?のレモングラス茶です。

中国茶、ゴーヤ茶(苦瓜茶)

苦瓜茶は、中国のスーパーのお茶にて必ず販売している、スタンダードアイテムです。私が子供の頃は苦瓜自体が売っていなかったのですが、最近は野菜コーナーに売っていますよね。苦瓜茶が並ぶ日も近いかな?


ゴーヤ茶(苦瓜茶)、抽出前、干茶


苦瓜茶、抽出前
スライスして、干す。シンプルですね。
夏になると父が実家の日よけにゴーヤカーテンを植えます。大量の苦瓜を毎日食べているみたいですが、健康によさそうです。お茶も作ってみたらいいのに…
というか、私も作ってみたい。
そのうち、退職後やりたい100のことに入れておこうっと。


ゴーヤ茶(苦瓜茶)、水色、茶湯


苦瓜茶、水色
水色は薄いです。風味は苦瓜、そのまんま、といった感じですが、苦さはありません。面白いです。

上海ではローカルスタッフが美容とダイエットの為に飲んでいました。私もたまにもらって飲んでいました。味的には、胃に良さそうな感じですが、美容とは…


ゴーヤ茶(苦瓜茶)、抽出後、葉底


苦瓜茶、抽出後
そのまんまですね。笑。
写真を撮った後かじってみたのですが、お茶同様、苦瓜の風味はたっぷりですが、苦くないです。
おいしいわけじゃないのですが、癖のある味が面白くて、気付いたら全部食べちゃっていました。
なんか止まらなくなる感じです。
笑。

中国茶、大紅袍

前回の「小青柑」で大失敗して、普通のお茶が飲みたかったのろのろです。普通のお茶ってなんだ?って感じですが、私にとってほっとするのは、青茶、烏龍系です。


武夷山の岩味


大紅袍、袋
お茶屋さんのおばちゃんは、福建省の出身で、彼女の好物がこの大紅袍です。大小さまざま、大紅袍の専用袋を準備しています。福建省の武夷山のお茶は、岩盤に張り付いて生えているらしく、そのお茶も岩味がします。

私は最初は好きじゃなかったのですが、買いに行くたびにおばちゃんが飲ませてくれるのと、お土産に小包装を10袋ぐらいくれていたので、飲みなれて大好きになりました。
※今回は大紅袍を購入したので、お土産は「野生紅茶」でした。野生って…

武夷山のお茶は、今回の大紅袍のような半発酵の青茶の他、全発酵の紅茶もあります。紅茶の中で一番高額だとされる「金駿眉」、「銀駿眉」や、かつては竜眼でいぶしていたといわれる「正山小種」(ラプサンスーチョン)などです。どれも独特の岩味がします。私は岩味はさほど好きではないので、「坦洋工夫」のファンです。どれもおいしいですけれどね。


大紅袍、抽出前、干茶


大紅袍、抽出前
なんだか黒いです。折角だから、他の青茶と比べてみました。

青茶干茶比較
左が「人参烏龍」で人参をまぶしているので本来の葉の色は見えません。真ん中が今回の「大紅袍」です。そして右側が「鉄観音」。同じ青茶でもこんなに違うんですね。見た目と味は関係ないですけれど、勝手な想像では、黒い方が発酵度が高そうです。


大紅袍、水色、茶湯


大紅袍、水色
ん。んまい。
水色はほんのり橙色がさしています。鉄観音はもっと黄色い感じです。
半発酵の青茶といっても、清香系の鉄観音と、岩茶では味が全然違います。同じチャノキのはずなのに、面白いです。それから、鉄観音は「蓋碗」で飲みますが、大紅袍は「紫砂壷」を育てている人がいますね。

私は何でも↓(再掲)ですが…
手抜きな茶道

兎も角も、サントリーの烏龍茶は、どちらかと言えばこちらに近いと思いますが、近いだけで違う味です。ラベルに福建省って書いていますよね。福建のお茶はいろいろ飲んでいますが、同じものがまだ見つかっていません。というか、サントリーの烏龍茶の味を忘れつつあるので、次回帰国時、温めて飲んでみます。


大紅袍、抽出後、葉底


大紅袍、葉底
これ、よれよれで、開くのが大変でした。
葉の長さは5cmです。初めて気づいたのですが、右側の葉っぱの様に先っぽをちぎって、葉の中に穴をあけているものの方が多かったです。完全な葉っぱを探すのが大変でした。

次回は、久しぶりに蓋碗で飲んでみますかね。