出かける

このページの記事目次 (カテゴリー: 出かける

total 16 pages  次のページ →  

スカイツリーとスペーシア(多分)

1月のある日の隅田川

気づいたら前回の一時帰国から、もう大分時間が経ってしまっています。あはは。

隅田川に、高架(高速道路)に、電車(多分スペーシア)に、スカイツリーという、東京っぽい構図で、なかなか気に入っているので、今更ですが記事にしてみました。

隅田川の花火大会に行ったら、東武伊勢崎線の普通電車に乗って、浅草と次の駅の間を往復すると涼しくていいですよ。花火が始まってしまえばガラガラにでしたし、往復した後、京成線に乗り換えて帰宅していました。駅の名前が違うのですが、歩くと近かったんですよね。スカイツリーができちゃって、ちょっと変わったかもしれません。

まぁ、全部余さず見たいタイプとか、人混み好き、写真を撮りたい人は別ですが、ちょっと見て、サクッと帰る人にはおススメです。

でも、これはキセルに当たるのかな??正しいお金の払い方が分からないです。

sky-tree-isesaki-line sky-tree-isesaki-line

サムネイルをキレイにすることは断念

左側がサムネイルで、右側がiPhone6の元写真です。

いろいろ工夫してみましたが、サムネイルをきれいに表示する方法は見つからず、今後は原本の大きさを調整することにしました。

ついでになんだか使い勝手がいまいちなアルバムは廃止して、クリックするとおっきくなります方式にしました。

早くお家に帰りたい in ウィーン

ウィーンはとても素敵な街ですが、お家に帰りたくて仕方がありません。

ウィーン

コーヒーが、苦いのです。アメリカーノと言っても、ダブルエスプレッソが出てきます。

ホームシックにかかったら、ホームではほとんど行かないスタバ!

ウィーンでは、スタバ探しにより一層力が入ります。

珍しく砂糖とミルクをたっぷり入れたコーヒーを飲みながら、ホイップクリームが乗っているウィンナーコーヒーの存在意義が少しわかった気がしたのでした。

大雪って、え?おそるべし、ウィーン

大雪

4月なのに大雪です。

ホテルの人が、「4月の天気は何をしたいかわからない」というドイツ語のことわざがあると言っていました。
明日、同僚に会ったらちゃんと教えてもらおうと思いますが、取り敢えず、何か着るものを買いに行くことにしました。
寒い

日本は清潔な国。新宿駅でゴミ箱を見つけられなかった件

公共の場のいたるところにゴミ箱が配置されている国イギリスから、日本へ一時帰国すると、ゴミ箱が探せなくて困ります。



日本が清潔であるにはゴミ箱は不要


日本にいると気づきにくいことってありますよね。
日本って、他の清潔な国よりも公共の場のゴミ箱が少ないんです。日本でゴミ箱が充実しているのは、空港や駅だとの印象があったのですが、最近ではそうでもないみたいです。


新宿駅に至っては、あるけどあるけどゴミ箱が見つからない…そんな状況でした。
あれだけの人数が毎日使用している駅でゴミ箱が見つからないというのは衝撃でした。
しかもゴミは落ちていません。


よく思い出してみると、日本に住んでいるときはゴミを鞄やポケットに入れて持ち帰る癖があった気がします。今は相当な僻地でない限り、ワンブロック歩かないうちにゴミ箱が見つかりますから、手に握っていることが多いように思います。



外国はゴミ箱が多い


海外は街中のゴミ箱が充実しています。
公園、道、いたるところにゴミ箱があります。
公共の場所のゴミ箱の数や回収頻度に関しては、先進国も新興国も同程度の印象です。


新興国では、ゴミ拾いの人が街をうろうろしていますから、清潔を保てています。ゴミ箱に捨てない人が存在しているのが、日本との違いでしょうか?


新興国と言っても、インドでは殆ど外を歩かなかったのでよくわかりません。



誰が教育しているのか?


ゴミはゴミ箱へ!


特に難しいことではないのですが、昔の日本はもっとゴミが落ちていた気がします。
最近の日本はゴミが落ちていません。日本の清潔度はどんどん進化しているように思います。


こういうのって、家庭で教育しているのでしょうか?
それとも学校で教育しているのでしょうか?


モンスターペアレントとか、給食費問題とか、モラル云々の話を見かけることがありますが、ゴミに関してはどんな家庭でもしっかり教育をされているのでしょうか?


いずれにしても凄いな~。


欧州出張、女性陣の不満はシャンプー

出張者ですから、ホテルのシャンプーの事なのですが、ホテルのシャンプーって日本だったら素晴らしいかっていうと、そうでもないと思いますけれどね。「旅慣れ」の問題だと…


最大の不満は、シャンプー兼ボディーソープに寄せられる


ドイツ出張でバスルームに、シャンプー兼ボディーソープが逆さになって固定されているタイプのホテルにあたっちゃった女性が、「ガシガシになってまとまらなくてこまるわ~~。」と嘆いておりました。確かにドイツはこのタイプ多いかも?偶然??


私は、必ず使い捨てのトリートメントを持参します。むしろ忘れてしまったら自分の責任と思えるぐらい、ホテルのヘアケア製品には期待を寄せていません。欧州が特にひどいという訳ではないと思いますが、「欧州=なんでも素敵」と思われている方は、お運びの際はご留意くださいませ。


ボディーソープで洗髪できるか?


「リンスinシャンプーならまだしも、ボディーソープじゃ洗えないよね~~」って、うーん、全然平気。すすぐときに既にバリバリ感というかガシガシ感があって、違和感はあるけれど、トリートメントでカバーするから大丈夫。とは、言い出しにくく、「大変だったね~」と返事を回避してみました。

罪悪感がある事をブログに書きたくなるのは、何なんでしょう。
ブログは懺悔の場所じゃないですよね。あはは。


シャンプー買い忘れ2日目


何故こんな話になったかというと、シャンプー買い忘れて、困っているんです。
シャワールームのシャンプーが切れて、バスルームのシャンプーを代用していたのも切れて、ゼロシャンプー状態なのに、いつも買い忘れちゃうんですよね~。

しかたがない、ボディーソープで洗うか。

以前は買い忘れ予防にストックを持つ生活をしていたのですが、イギリスに来てからトイレットペーパー以外のストックは持たないことにしています。

そういえば…
固形石鹸で洗髪すると頭皮のクレンジングに良いとかで、洗髪専用の石鹸を買いはじめ、市販のものもいろいろ試した結果、「Dove」が一番だという結論になったブロガーさんをふと思い出しました。

この機会に試してみようかな。