白茶

このページの記事目次 (カテゴリー: 白茶

中国茶、小青柑

前回の黒クコ茶に引き続き、今回も初挑戦モノ!「小青柑」です。開けてみたら陳皮プーアルに似ている感じでした。でも、飲んでみたらかなり違います…



「小青柑」と「陳皮プーアル」の違い


私のイマイチな中国語読解力で理解を試みた範囲では、二つの違いは下記のようなもの


「小青柑」の外側の蜜柑は熟れる前の青いもので、「陳皮プーアル」の外側の蜜柑は熟れたものを干して時間が経ったもの。
陳皮と小青柑の皮
↑左が陳皮で、右が小青柑の皮です。


中のお茶は、「小青柑」も「陳皮プーアル」も、経過年数2-3年のプーアル熟茶。


「小青柑」の抽出は1回まで、「陳皮プーアル」は何度も抽出できる。


「小青柑」は若い蜜柑の爽やかな苦みとプーアル熟茶の醇厚さが相まって、とてもさわやか。「陈皮プーアル」は熟れた蜜柑の甘みで芳醇。「陈皮プーアル」の方がプーアル熟茶の味わいがわかりやすい。


「小青柑」は、まるっとそのまま盖碗(湯呑み型の急須)、もしくは紫砂壷にていれる。「陳皮プーアル」は、丸ごと使う際は、大きめのティーポット(ガラス製とか)でいれる。※どちらも少しずつ崩して飲んでもよい。


へぇ~。
陳皮プーアルは、得意じゃないので、プーアル(熟茶)と陳皮を別々に買って、サブの味を自分で調整する派です。個人的には、菊と合わせて飲むことが多いです。薔薇や檸檬でもいけます。



小青柑、抽出前、干茶


小青柑、抽出前

袋を開いてびっくり。そうだよね。名前から想像できてしかるべき形状のお茶でした。
Googleしてみると、盖碗でいれていたので、私はこんな感じにアレンジ↓

急須にて


あぁ、この色、絶対に「熟茶」じゃないな…
あ、よく見ると、老白茶って書いているね。汗。
(3年以上経過した白茶は「老」がつきます)


んぎゃ~、苦い!
色が薄くても、しっかり苦みが出ていました。
一人であたふたしました。


未開封の塊の重さを量ったら、21Gありましたので、次回はあらかじめ崩して、3分の1ずつ飲み進めることにします。大失敗。



小青柑、水色、茶湯


小青柑、水色

ま、今回分量が大失敗なので、あれですが、この色でも味は強いです。てか、色を出すとめちゃ渋いです。
蜜柑というより、ゆずみたいな苦みがあり、後味が尾を引きます。
激甘プリンを買いに行きました。


それから、カフェインが強いのか、目がさえて眠れなくなりました。
朝5時ぐらいになって、ようやく眠れました。
おそろしい~。


ここまできてから、日本語の記事をウェブ検索してみたのですが、とあるお洒落女子のレポートでは、丸ごと盖碗でいれたものが「爽やかでおいしい」とのことです。
(まじっすか…)



小青柑、抽出後、葉底


小青柑、抽出後

爆笑!
お茶の葉、ほとんど出てきていなくて、「渋い蜜柑の皮茶」の様なものを飲んでいたのか?
って感じです。


それから、飲み切れないで放置していたら、水色が緑~黒緑色に変わっていきました。中国茶にはよくあるパターンです。



とりあえず、好奇心から、剥いてみました。
小青柑、葉底

↑は、元の量の半分弱です。(器が小さくて盛れなかった)



ありゃ~、お湯が浸透していなかった模様です。
茶葉を少々とって、ちぎって小さくした皮を添えて、再度抽出してみましたところ、大分マシになりましたが、やっぱり後味強め。
1回3分の1どころか、6分の1でも私には強いかも?


小青柑、葉底2

くしゃくしゃで折れるし、浮くので、ピスタチオで抑えていますが、両方とも葉の大きさは7cmです。


う~。
将来的にはまた再挑戦してみようと思いますが、しばらくの間は、岩茶とか、鉄観音とか、紅茶とか、ふつーのお茶を飲むことにします。


中国茶、普洱芽苞

中国茶に出会って、最も驚いたのは、お茶の葉って、毛がもしゃもしゃ生えているという事です!このお茶が私が知る限り最も毛深いお茶です。


プーアル用? 中国の茶筒


プーアル用?茶筒
中国の茶筒にも日本風の細長いモノや、イギリス風の四角の缶などいろいろあります。このぽっちゃりしたものは、息をするといわれるプーアル用のものだと理解しています。

私は餅をほじほじしたものではなく、芽苞保管に使っています。


普洱芽苞、抽出前、干茶


プーアル芽苞、年の違い
抽出前の普洱芽苞ですが、平べったい器(=湯呑み)に入っているのが今年(2016年)のものですが、茶筒に入っているものや餅型のものより小っちゃいですよね。正直もう少し大きいものの方がおいしいかも。

別の年のものは、できた年にはお湯を注いだだけでとてもさわやかな何とも言えないフルーティーな香りが立ち上がりましたが、今年のは嗅がないとダメでした。味はちゃんとつきましたけれど、ちょっとがっかり。年をとるとおいしくなるタイプかもしれません。

茶筒に入っているものと、餅型は既に数年経過していますから、参加して葉の表が黒くなったものがちらちら見えますよね。買ったばっかりの時は真っ白だったんです。おもしろい。


普洱芽苞、水色、茶湯


プーアル芽苞、水色
水色はごく薄い黄色です。2~3杯目はもっと濃くなりますが、左程強い色にはなりません。4杯ぐらいは飲めるそうですが、残念ながら一人でそんなにがぶがぶは飲めません。

ついでに、いつものピスタチオで葉っぱの大きさ確認です。右のペアが2011年、真ん中が2016年、左は2016年の白牡丹(別の白茶)です。どれも同じチャノキのはずなのですが、プーアルは野生の古木だからか、完全に「芽」だからか、白牡丹のティッピーとは見た目が全然違いますよね。リタイアしたら庭にチャノキを植えて成長を観察してみたいものです。


普洱芽苞、抽出後、葉底


プーアル芽苞、葉底
上記と同じ順で、抽出後の葉っぱです。
サイドの2種は開いていますが、今年の普洱芽苞は全然開いている感じがしませんね。香りもこの辺りの違いが反映しているのでしょうか?

今回、違いを引き立たせる為に並べてみた白牡丹(左)は、針状の葉っぱが開いて、再度乾燥したら産毛が復活していました。抽出前の袋は開封した瞬間、ぐり茶みたいな不思議な香りがしました。このお茶も面白そうです。