ポジションをとる

このページの記事目次 (カテゴリー: ポジションをとる

英語スキルか?、料理スキルか?

今は株式投資をしていないので、ノーポジです。いまだにちょっと寂しいです。

ポジションをとるのは投資だけではなく、持ち家派vs賃貸派みたいな万年ホットトピックにおいて、自分の立場をはっきりさせるのも、ポジションをとっていることになります。

いろんなことが、「どっちでもいいや」な私は、読んでいて楽しいながらも、自分には意見がないことが多いです。というわけで、後者の意味でのポジション(自分の立ち位置)を明確にするコーナーを設けてみました。

英語スキルか?、料理スキルか?

ポジションを取るきっかけになったのは、「英語スキルか?、料理スキルか?」という最近受けた質問でした。これは簡単です。既に英語スキルのポジションを取っていますから。

料理初心者で帰宅してから料理するのは気が重いという話をしたら、もし、英語スキルと料理スキルを交換できるとしたら、どうするか?っと聞かれました。

料理は今までできなくても生きてこられたけれど、英語スキルがないと今の仕事はないから、交換できないよ。っと答えたらびっくりしていました。それまで英語は大事!っといろいろな場面で聞いたけれど、最も説得力があったそうです。でも、これ、褒められた気がしないのは、何故だろう…。ま、いいけど。

食べられないレベルの料理を作るのは、逆に難しい?

話は変わりますが、私が料理を始めたことが実家で話題になっているようです。久方ぶりに連絡を取った弟から、最近、料理しているんだって?っと聞かれてしまいました。「ドジっ子料理大失敗!みたいな出来事って意外にないもんだね。食べられないようなものはできないから、ブログネタにもならないよ。」っと返したら、笑っていました。

シンプルな家庭料理なら、食べられないレベルの料理を作るのは、逆に難しいそうです。お客さんを招いたりするからと、手の込んだ料理を作ろうとしたときなどに、とんでもなく明後日の方向に進んだ料理が誕生することもあるらしいです。

上級レベルにならないと、失敗もしないというのは、面白いものですね。料理って。