海外ドラマをおススメする

このページの記事目次 (カテゴリー: 海外ドラマをおススメする

海外ドラマ、Hustle(華麗なるペテン師たち)

イギリス発の海外ドラマで、徒党を組んだネズミ小僧次郎吉的な、勧悪懲悪な詐欺ストーリーです。シリーズは8まで続く人気シリーズ?でもおかしくないのに、日本では知っている人が少ないみたいです。

基本情報(シリーズ1-8)

原題
Hustle
邦題
華麗なるペテン師たち
タイプ
クライムコメディー
公開年
2004年2月24日~
原作
トニー・ジョーダン
監督
ハワード・バーチ、トニー・ジョーダン、サイモン・クロウフォード・コリンズ
出演者
エイドリアン・レスター、ロバート・グレニスター、 ロバート・ヴォーン
公式サイトURL
http://www.bbc.co.uk/programmes/b007gf9k
おススメ度
5 (1~5点)

ストーリー

詐欺師グループのクライムコメディーです。詐欺の対象は、悪者(守銭奴・ギャング・ブラック企業経営者など)に限られており、たまに被害者から依頼を受けて、リベンジしたりします。日本人受けしそうなのにな~。

毎回きっちりスカッとさせてくれる構成で、お気に入りです。

日本語のウィキペディアページを発見しました→華麗なるペテン師たち

私のお気に入りキャラは、一味行きつけのバーのオーナー、エディー。ミッドランド訛りで話し方がかわいいのです。人柄もよくて、ムードメーカー?

戦略を立てる頭脳明晰なリーダーのミッキー、経験豊富でターゲットを探してくるアルバート、小道具や場所の確保などさばけるフィクサーのアッシュの3人はシリーズ通して安定のパフォーマンス。私は初期のステイシー(釣り係の美女)&ダニー(若い見習いポジション)が好きでした。後半のエマとショーン姉弟の方が見た目は美しくおしゃれかもしれませんが…

上海時代に通っていたDVD店の店主と趣味が合うので、新作が出たら必ず私の分を確保し取りおいてくれていました。イギリスでは、ちょっと前までNetflixで鑑賞できたのに、見られなくなってしまいがっかりです。日本で見る方法は不明です…(おススメには不向き?)

海外ドラマ、Sherlock(シャーロック)

イギリス発の海外ドラマの鉄板は、Sherlockではないかと思っています。本当は他のドラマを紹介したかったのですが、これを外しているとおススメの信用が下がるかな…っというぐらいの鉄板っぷりです。

基本情報(シリーズ1-4)

原題
Sharlock
邦題
シャーロック
タイプ
推理・サスペンス
公開年
2010年7月25日~
原作
アーサー・コナン・ドイル
脚本
マーク・ゲイティス, スティーヴン・モファット, スティーヴ・トンプソン
出演者
ベネディクト・カンバーバッチ, マーティン・フリーマン, マーク・ゲイティス
公式サイトURL
http://www.bbc.co.uk/programmes/b018ttws
おススメ度
5 (1~5点)

ストーリー

原作というか、ストーリーのベースは、かの有名なシャーロックホームズの冒険であるようです。ただし、舞台はロンドン(住まいは、ベーカーストリート)ですが、現代に仕立て直されています。脚本家が凄すぎて元の話がさっぱり浮かんでこない感じです。シャーロックとワトソン博士が出てくる全く別の推理小説だと思ってよろしいかと…

サイコパス気味のシャーロックと、サイコパスがうまい具合に隠されたワトソン博士が、サイコパスな事件を解決していきます。少々反則気味ながらも推理要素の完成度が高く、世界的に評価が高い感じです。上海のDVD屋さんのイチオシでした。

私のお気に入りは、シャーロックの兄、マイクロフト。脚本家でもあるマーク・ゲイティス氏が演じているためか、出現頻度が高いです。

第4シリーズを見逃して、Netflixに入ってくるのを心待ちにしております。