2015年06月

このページの記事目次 ( ← 2015年06月 → )

total 6 pages  次のページ →  

なんとも不快な火災報知音

火災報知器には、音が大きいだけのタイプと不快音のタイプがある模様です。


勤め先の報知器


勤め先のオフィスでは、週に一度Fire Alarm(=火災報知器)のテストがあります。
毎回、びっくりしてしまいますが、とりあえず音が大きいだけでただのベル音です。


自宅の報知器


昨夜、午前2時、不快な音がけたたましく鳴り始め、超パニック!
うるさいだけでなく、とても不快な音なんです。

ぐっすり眠っていてもちゃんと起こされましたし、不快すぎて部屋にいられない程なので、警報機としては頼り甲斐のある音だという事は確認できました。

最初は、何が起こっているのか全く分からず、呆然としてしまいました。
※寝ぼけていたとも言います。


パジャマで隣人達と初顔合わせ


で、とりあえず家の中を見て回ったり、いろいろして、しようがないので、着替えて外に出ましたら、
全員パジャマでの初顔合わせでございました。

新築物件なので、みんな新入居者です。
誰も止め方がわからなくて、いろいろ電話してくれていました。

私が一番のらりくらりでてきたみたいです。
しかし出てこなかったツワモノもいたかもしれません。


「火事ではないよ」と言われて、部屋に戻ったのですが、1時間後、また鳴っていました。
おかげですっかり目が覚めてしまいました。
検知精度を上げてもらわないと唯の強力目覚ましです。
眠い〜〜〜

自己組み立ての恐怖: ソファーベッド

ようやくフラットに入居しました〜


脱、IKEAの展示場


嬉しい〜〜のも束の間、unfurnished (=家具なし)の我が家はセットアップに大忙しです。
どうせ最終IKEAの展示場かの如くなるのですが、今回は少し抵抗を試みています。
※本当は、自分の出張とデリバリーの日程調整がIKEAではうまくいかなくて、違うところにしただけです。


流石に床では眠れないけれど...


ベッドは慎重に選びたかったので、暫定的に来客用のソファーベッドを先に買いました。
World StoreのBedroomworldというサイトで翌日デリバリーを当てにして購入しました。

サイズ表記がなかったので、少々心配していたのですが、見事にちょっと短い感じです。
何やってんだか。
おバカさんっぷりだけ絶好調です。


恐怖のself-assembly (=自己組み立て)


イギリスの家具って、高いですよね。
フラットパックと呼ばれる自己組み立て式の商品ばかりを買っています。
中にはかなり難しいものや、本格的な道具を必要とする物もありますから、値段だけじゃなくて商品ページからダウンロード出来る組み立て設計書を眺めてからじゃないと怖くて買えません。

幸いにも今回は、ネジ8本だけだったので、なんとかなりました。
※ソファーは楽勝で、タンスが中級、ベッドの組み立てが一番しんどいとの噂です。


次のステップは、銀行口座開設


住所が定まった事でようやく銀行口座が開けます。
ポンド高での損を抑える為に、現地口座開設までの間、新規購入はストップして、しばらくの間なんちゃってミニマムライフ状態で生活する事になります。

ブログ村のバナーは、記事じゃなくて、テンプレートに貼る

これまでブログ村のバナーを記事に貼っていました。
毎日記事の最後にコピペしていました。

このやり方では、カテゴリーを変更すると過去記事に変更前のバナーが残ってしまいます。

果てには、ブログ村から退会した後に、ブログ村のバナーが残ったままになります。
ちゃんとしたブロガーさん達は、自ブログ内を回遊してもらう為に外向けのリンクは戦略的に貼っておられる模様です。退会した後のブログ村に向けてクリックを誘導するのは、愚の骨頂って感じでしょうか...

カテゴリー修正後、ブログ村退会後、バナーを記事ごとに削除しなくて済むように、テンプレートに埋め込むことをオススメ致します。


💎イギリス国会議事堂

夕方6時ごろのロンドンです。

ロンドン随一の観光名所、イギリス国会議事堂です。

チチテムズ

ケルン大聖堂を3日間眺め暮らしていたら、この黄色っぽい建物が妙に見たくなってしまい、帰りにロンドンに1泊しました。 相変わらず素敵です。

2012年出張時にはビッグべンが傾いて見えました。
今は、肉眼ではどの角度から見てもそんなに傾いて見えませんでした。
修理が終わったのか?私の感覚が鈍ったのか?

鳩嫌いで銅像は絶対作らないでほしいと言い残して亡くなったと言われるチャーチル像もちゃんと鳩避けが効いていてふんにまみれていませんでした。
路線バスを幾つか乗り継いで、バスの中からプチ観光しました。

今日家の鍵をもらえます。
ようやく4ヶ月に渡るホテルハシゴ生活から脱却です!

💎欧州の飛行機の液体持ち込み制限が厳しい

ケルン空港では、液体製品をジップロックが大きいということで、より小さな袋に詰め替えさせられました。

最大容器100mLに加えて、小さなジップロック1袋に入りきれないとアウトでした。
厳しい...

強制廃棄の憂き目に

小さいジップロックに入りきらなかったハンドクリームを捨てる羽目になりました。

オクスフォードに来て手や足の乾燥がひどいので、つい先週買ったばかりだったのでちょっぴり涙。

お徳用サイズを諦めて、100ml以下に抑えたものを買ったのにな〜

ヒースローから出国するのには問題がなかったのに、ドイツから戻る便には載せられないなんて、なかなか手厳しいですね。