2015年06月

このページの記事目次 ( ← 2015年06月 → )

total 6 pages  次のページ →  

なんとも不快な火災報知音

火災報知器には、音が大きいだけのタイプと不快音のタイプがある模様です。


勤め先の報知器


勤め先のオフィスでは、週に一度Fire Alarm(=火災報知器)のテストがあります。
毎回、びっくりしてしまいますが、とりあえず音が大きいだけでただのベル音です。


自宅の報知器


昨夜、午前2時、不快な音がけたたましく鳴り始め、超パニック!
うるさいだけでなく、とても不快な音なんです。

ぐっすり眠っていてもちゃんと起こされましたし、不快すぎて部屋にいられない程なので、警報機としては頼り甲斐のある音だという事は確認できました。

最初は、何が起こっているのか全く分からず、呆然としてしまいました。
※寝ぼけていたとも言います。


パジャマで隣人達と初顔合わせ


で、とりあえず家の中を見て回ったり、いろいろして、しようがないので、着替えて外に出ましたら、
全員パジャマでの初顔合わせでございました。

新築物件なので、みんな新入居者です。
誰も止め方がわからなくて、いろいろ電話してくれていました。

私が一番のらりくらりでてきたみたいです。
しかし出てこなかったツワモノもいたかもしれません。


「火事ではないよ」と言われて、部屋に戻ったのですが、1時間後、また鳴っていました。
おかげですっかり目が覚めてしまいました。
検知精度を上げてもらわないと唯の強力目覚ましです。
眠い〜〜〜
スポンサーサイト

自己組み立ての恐怖: ソファーベッド

ようやくフラットに入居しました〜


脱、IKEAの展示場


嬉しい〜〜のも束の間、unfurnished (=家具なし)の我が家はセットアップに大忙しです。
どうせ最終IKEAの展示場かの如くなるのですが、今回は少し抵抗を試みています。
※本当は、自分の出張とデリバリーの日程調整がIKEAではうまくいかなくて、違うところにしただけです。


流石に床では眠れないけれど...


ベッドは慎重に選びたかったので、暫定的に来客用のソファーベッドを先に買いました。
World StoreのBedroomworldというサイトで翌日デリバリーを当てにして購入しました。

サイズ表記がなかったので、少々心配していたのですが、見事にちょっと短い感じです。
何やってんだか。
おバカさんっぷりだけ絶好調です。


恐怖のself-assembly (=自己組み立て)


イギリスの家具って、高いですよね。
フラットパックと呼ばれる自己組み立て式の商品ばかりを買っています。
中にはかなり難しいものや、本格的な道具を必要とする物もありますから、値段だけじゃなくて商品ページからダウンロード出来る組み立て設計書を眺めてからじゃないと怖くて買えません。

幸いにも今回は、ネジ8本だけだったので、なんとかなりました。
※ソファーは楽勝で、タンスが中級、ベッドの組み立てが一番しんどいとの噂です。


次のステップは、銀行口座開設


住所が定まった事でようやく銀行口座が開けます。
ポンド高での損を抑える為に、現地口座開設までの間、新規購入はストップして、しばらくの間なんちゃってミニマムライフ状態で生活する事になります。

早期リタイア3: 節約か?家計管理か?ミニマムライフか?

昨年までの私は、自覚のない浪費家でした。

節約意識の芽生え


幸いだったのは「節約嫌い」だったわけではなく、「関心がない」だけだった事です。

転機の様なものが訪れたのは、いつも極楽生活を謳歌しておられるきむきむさんの「節約が楽しいのは、リタイアするまで」という記事を読んだ時でした。

記事引用:
楽しいことをするのが好きだ。

リタイアするまでは、節約が楽しかった。

働いているときは収入があるので、

節約した分だけお金が貯まっていく。

節約した成果が、目に見える形で残るのだ。

これは、やる気がおきる。

節約するのは全く苦にならなかった。

通帳を確認するごとに、お金が増えていくのは、

すごく楽しいことだった。



私の猿真似欲がむくむくと湧いてきて、「節約って楽しいのか〜。やってみよう〜。」となったのです。

何事にも旬というものがあって、節約は働いている間が旬だというのも、新しい概念でしたから、試行錯誤する事が楽しかったとも言えます。
※昨年は辛くて、気晴らし、目先が変わる事は何でも歓迎ムードでした。


最初の壁


すぐに直面した問題は、私はどうやら「プライベートでは、数字を追う気にならない」事です。銀行の残高が増えてもピンときませんでした。

家計簿つけ始めても、費目がどこどこ増えていって、わけわからなくなりました。
※ひと月もしないうちに締め日を待たずにやめてしまいました。

自炊…
インドの猛暑の下、シーリングファンだけのキッチンで、汗だくになりながら慣れない作業に苦戦した挙句、安全な食材にこだわって、逆に高くつきました。
※これはすぐさまやめました。
※レストランで何がどう処理されたかわからないものを食べてる方が気が楽です。


生き残った節約術


試行錯誤した中で唯一今でも続いているのが、「無駄発見ゲーム」です。

「ありとあらゆるレジの前で、カゴの中を覗き、なくても死なない物が入っていると苦笑いしながら棚に戻しに行く。」というもの。

私は自覚のない浪費家でしたから、カゴの中に「なくても死なない物」が無意識に入れられているのを発見する度に、おぉ〜。っと喜ぶ変な一人遊びです。


節約効果は年間227万円!


しかし、「無駄発見ゲーム」の威力は絶大だった様です。数字を追っていなかったので、効果も先週の記事の為に調べて自分でもびっくり!

社畜脱出ゲームのO.Aさんの節約カテゴリとほぼ同じ考え方だと思います。当方と違い、まとめ方が上手でらっしゃいますのでオススメです。
※個人的には、料理ネタのファンです。一手間の威力、凄いです。


貯金スピードの更なる加速は可能か?


上記の通り、私の場合、節約適性が低く、生き残った節約術が1つしかありません。
節約の先輩方に学ぶしかなさそうです。
さて、どのカテゴリーが良いでしょうか?

成功した唯一の節約術を省みるに、ミニマムライフとかシンプルライフとかの方が親和性が高いのではないかともうっすら思うのです。

しかし、ここは敢えて、家計管理カテで家計簿修行させてもらうのもいいかな?
なんて、再来週からのブログ村での身の置き場について、ゆらゆら揺れております。

イギリス国会議事堂

チチテムズ

相変わらずヒドイ写真技術です。
申し訳なくて肩身が狭いので、写真も小さめです。
夕方6時ごろです。
写真にこだわりのある方は、朝方行くといいかもしれませんね。


ケルン大聖堂を3日間眺め暮らしていたら、この黄色っぽい建物が妙に見たくなってしまい、帰りにロンドンに1泊しました。
相変わらず素敵です。


2012年出張時には結構傾いて見えたビッグべンは、肉眼ではどの角度から見てもそんなに傾いて見えませんでした。
修理が終わったのか?私の感覚が鈍ったのか?


鳩嫌いで銅像は絶対作らないでほしいと言い残して亡くなったと言われるチャーチル像もちゃんと鳩避けが効いていてふんにまみれていませんでした。
相変わらず人が多かったので、路線バスを幾つか乗り継いで、バスの中からプチ観光しました。

今日家の鍵をもらえます。
ようやく4ヶ月に渡るホテルハシゴ生活から脱却です!

飛行機の液体持ち込み制限

飛行機での移動は電車での移動に比べていろいろ不便ですよね。

飛行機の方が不便な点


  • まず市街地から離れている事が多く移動が面倒
  • チェックインなど待ち時間が多い
  • 荷物の量や内容物に制限がある
  • 荷物に鍵が掛けられない事がある
  • 放射線被爆



液体の持ち込み制限は特に頭が痛い


特に液体の持ち込み制限対策に、小さいジップロックを全てのバックに入れています。
コンタクトレンズの洗浄液なども嵩張るので、ワンデーの使い捨てに変えて久しくなります。

欧州は、液体持ち込みの制限が他より厳しい感触です。
ヒースローでは、液体物は引っかかったら係員が空港で準備している袋に詰めてくれていました。

ケルン空港では、入れていたジップロックがどうも大きいということで、より小さな袋に詰め替えさせられました。
個体の最大容器だけではなく、そのプチジップロック1袋に入りきれないとアウトでした。
厳しい...


強制廃棄の憂き目に


ケルン空港では、強制的にダウンサイズさせられたジップロックに入りきらなかったハンドクリームを捨てる羽目になりました。
オクスフォードに来て手や足の乾燥がひどいので、つい先週買ったばかりだったのでちょっぴり涙。
お徳用サイズを諦めて、100ml以下に抑えたものを買ったのにな〜


さらなる対策


ジップロックもいくつかのサイズを準備した方が良さそうですね。
内容物も更にコンパクトにするとして、既に妙に小ぶりの容器が多い我が家の日用品を更に小ぶり化させるか、無印良品とかの詰め替え容器デビューか、悩ましいところです。