2015年08月

このページの記事目次 ( ← 2015年08月 → )

total 7 pages  次のページ →  

今時のテレビにはAVソケットがない⁉︎

3月に中国の先輩が買ってきてくれたドクターXのseason 2と3 (DVD)を見ようと思って、中国リージョンのDVD再生機(=Xbox360)をテレビに繋ごうと思ったら、差込口が黄色1つと灰色1つでした。

???です。


ウチにあるXboxケーブル ↓
Xbox 360 Composite AV Cable


ウチのテレビ↓
Hitachi 42 Inch Full HD Freeview HD Smart TV


テレビの商品説明↓
Connectivity:
1 SCART socket, 2 USB ports and 2 HDMI sockets.
Smart TV.
PC input socket.
Composite socket.
Headphone socket.
AV socket.
Requires dongle to use Wi-Fi (sold separately).
Ethernet connection.
Open browser.
Suitable for wall mounting 200 x 200 bracket.

うーん。Composite AV Socket (Xbox)とAV Socket (TV)を同じものだと勘違いしたのがよくなかったのかな?っと思って、Siriにこの2つの違いを聞いてみましたが、要領を得ない回答。


仕方ない。こういう時は、マニュアルですよ。
という訳で発見しました↓
AV Socket


うぉ〜。
おもしろーい!

え?普通?
とりあえず、HDMIソケットが2つしかないので、温存できた事が嬉しいです。

スポンサーサイト

もう冬みたい。羽布団が欲しい。

寒いです。
オクスフォード。

ずっと使っていた、羽布団は、インドで捨ててきてしまいました。
2年間、使っていなかったので、中に虫とか沸いていたら怖いからです。

これは、かなり、後悔。
こんなに高かったっけ?です。


イギリス、羽布団サイトのレビューを読んでいると、安いのは匂いがひどいとか、中身が出てくるとか、いろいろ怖い事が書いてあるので、取り敢えず近所で、7-Togぐらいの洗濯可能な化学繊維デュべを買おうと思っています。

軽ければそのまま、冬用を買えばいいですし。
皆様も風邪など召さぬよう、お気をつけ下さいませ。

しきたりの多い家に入った新米嫁っ子にいたく共感-3

過去記事:
しきたりの多い家に入った新米嫁っ子にいたく共感-1
しきたりの多い家に入った新米嫁っ子にいたく共感-2


お義母様は、あれから接点がありません。母屋(欧州大陸側)を取り仕切っておられる「お義姉様」が旅行から帰って来られてから、何故か表に出てこられません。全く仕事に影響しないばかりか、障害物が取り除かれて、大分楽になりました。離れ住まい(イギリス)で救われています。


新米嫁っ子としては、可能な限り母屋との接触を避けています。
お義父様からは、母屋に顔をだして歩み寄りを見せなさいなどと言われる事がありますが、いじめが怖いと言って断っています。お義父様も認めるところがあるのか、他の人を寄越すから、離れでおもてなししなさい、と計らってくれています。


お義姉様は、厳しい人です。母屋を取り仕切るのが忙しいのか、自分の都合しか考えません。いつもconvenientかどうかで物事を判断します。

嫁っ子は、田舎育ち(新興国市場担当だった)なので、かなりおおらかで、ガサツです。口癖は「え?なんでダメなの?」です。
※咎められなかったメール、殆どないのです。進まなくて、まいっちゃって、本家に助けを求める事が多いので、それも嫌いの様です。母屋って言っても、分家のですから、嫁っ子より更におおらかな本家が相手じゃ、敵わないですからね。
※お義姉様は、お義母様よりもっと強烈。お義母様は、なんだかだでルールブックをくれましたが、お義姉様は「ない」と言い放ちます。え?口伝ですか?


お咎め表現集:
「あなたのやり方は自分勝手です。」「ルールを守りましょう。」「何かルール外の事をしたい時は、誰かに聞きましょう」「私たちには都合が悪いです」(←毎回→)「あなたが私の都合を優先すれば、協力します」



それで、思わず呟いてしまったのです。
I did not do this for the sake of myself.
(自分の為にやった訳じゃない)

↑に対し、凄く嬉しい合いの手が入りました。
The customer, first!
(顧客第一!)


ようやく夫、登場ですね!
そして、ようやく営業職でよかったと心から思うを回収できます。

「自分の為の行動ではない→顧客の意思決定を助ける為の行動」で、何故そうするかというと、「顧客第一→自分の都合を優先するだけのサプライアーなど機会すらもらえなくなる」っていう話だったりします。

まだよく知らない夫(チームメンバー)ではありますが、離れの人達は理解者の様です。
はるかにマシですよね。逆よりは。

月曜日休みでよかった!

営業職でよかったと心から思う

昨日は、ほとほと嫌気がさす事がありました。
思わず呟いてしまった、
I did not do this for the sake of myself.
(自分の為にやった訳じゃない)

↑に対し、凄く嬉しい合いの手が入りました。
The customer, first!
(顧客第一!)

一晩寝たら、嫌な部分は少しだけ薄れて、この合いの手だけで十分の筈だと自分を納得させようとしています。



営業職の前は、購買職でした。
顧客の意思決定に必要な要件を学べましたし、どんな場面にどういう事が必要になってくるか、様々なサンプルを経験できる業務でした。柔軟に必要最低ラインの要件を満たし、迅速に処理する事を求められました。

100点を目指さない派の私には、合っていたのかもしれません。



不思議なもので、立場が逆になって、売る側に立つと、仕事にやりがいを感じるようになりました。

顧客の発注は、多くの場合、一つの案件に対し一つしか存在しない事をよく知っています。これがもらえたら、製品•サービスの総合力に対する顧客からの最高級の承認です。

競合が4社いれば、受注確率20%と考えると、失注の確率の方が高いでしょ?You are the best!と言ってもらえた様なものです。褒められて伸びるタイプの人にはピッタリかもしれません。(あと細々と喜ぶ能力も必要かもしれません。)

でも振り返ってみると、発注側にいた時は、サプライアーに対してYou are the best!なんて思う事、なかったのです。それぞれの場面で最善と思われる選択肢を選んでいたに過ぎないんです。これはいい!なんて理想的で完璧な選択肢は殆どなかった。

購買側がやれやれと妥協している時に、営業側はのんきに喜んでいるのです。

因みに失注しても、そもそも負け試合だし、出来る事はやっているので、「競合すごいな〜。能力高いな〜。効率がいいんだろうな〜。」と思うぐらいで、あまり気にしていなかったりします。(←しようよ!)


もちろんタイプによると思います。私個人は、営業職の方が、嬉しいポイントが多くてよかったな〜と思っています。


いつものごとく、脱線だけで、長くなってしまいました。

毎日銀行のサポートセンターに電話する

日曜、クレジットカードがオンラインショッピングに使えなかった
月曜、電話サポートセンターのパスワードがロックされた
火曜、銀行へ出かけて、上2つのロックを解除
水曜、verified by VISAがロックされた
木曜、Direct Debitの設定がうまく行かない

そして、本日に至ります。
今日は何もないといいですけど...


何故、突然問題が増えたか?
主な理由は、今週ようやく買い物をはじめたためです。

The Doctor Whoを見るためにテレビを買いました。
(ペナルティー£1,000の)テレビライセンス代1年分£146を払いました。
航空券£1,000級を2本買いました。
その他6件の出張のホテル等を細々手配しました。

今月ゴロゴロしていた「つけ」で来月出張が多いです。
新生活設営の名目でゴロゴロしていたので、下旬になって活動を始めたものの、この状態。あ〜。


クレジットカードやデビットカードが止められたのは、1日に大量のトランスアクションがあったためっぽいです。何を買ったのか、不正使用が見受けられないか?確認されました。


独身者の悩み、平日配達受け取りができない...
どうしても同じ日に配達して欲しくて発注時期も重なっちゃうんですよね〜
ダイニングテーブルなどは、平日にしか配達してくれないですし。


あと、驚いたのは昨日の人はインド人訛りバリバリだった事。夕方5時以降だったからかな?
聞きなれているから全然困らないけど。


そういえば、近日中に銀行の登録郵便番号を変えないといけない気がします。
賃貸契約書の郵便番号とRoyal Mailから届いたお手紙上の郵便番号が違うんです。
いろいろ登録修正が面倒そうです。
トラブルまみれ?いえ、日本以外ではこんなものです。

いつになったら、国内旅行が開始できるのやら〜


銀行口座を開設7です。1-6... 機会があったら、という事にさせてください。
棚卸し後も細々ボツになる記事が増えているので、しばらくツイッターでもやってみようかと思っています。