2016年01月

このページの記事目次 ( ← 2016年01月 → )

total 7 pages  次のページ →  

ダイエット: 1日の摂取カロリーを1,535〜1,842 kcalに!

前回、体重を1kg減らす時の運動量が、フルマラソン3回分に相当すると知って、食事制限もやっていっこうと考え直しました。

とは、いっても1日に摂取できるエネルギー量ってどのくらいでしょうか?

メディチェというサイトの「検診の計算一覧」から下記を参考にさせてもらいました。

1日の摂取カロリーを計算
摂取カロリー

標準体重に到達した頃に、腰痛で起き上がれなくなったのです。
おかしい...
筋肉なさすぎでしょうか?


それから、1,535〜1,842 kcalって、食べ物に換算するとどのくらいの量なのか、全く想像がつきません。そもそも料理が苦手で、どんな食材をどんな重量使うかなんて想像できません。この辺りを腹落ちさせるのは長期戦になりそうです。

※料理はそろそろ「できない」から「苦手」へ昇格しました。多分。

そして今週の結果発表です。
体重2015-1-31

お!また1kgぐらい落ちているのかな?嬉し〜い。
ダイエット界を研究中ですが、ダイエット開始直後はぐんぐん落ちて、そこからスランプに陥ったり、リバウンドしたりのドラマが始まるのです。じ〜ん!私も同じ軌跡を通れるかな〜

※体育会系ではないので、「苦しくったって〜♪?」みたいな経験、仕事以外にないのです。最近になって、しんどくてもブログを書き続けてみたり、家計簿つけたり、料理したり、歩いたり、奇跡が発現中です。うつの前触れとかじゃないといいのですけど。


歩数2015-1-31


相当量歩いた気がしていたのですが、まだ昨年6月に敵いません。7月は超えたかな?ぐらいです。運動量が落ちている意識はありませんでした。少しずつ変わっている生活習慣は気付きにくいものですね。アプリは正直です。

黒ちゃん頑張っちゃった: マイナス金利政策

※マイナス金利記念投稿なので、1月31日までの期間限定記事です。

黒ちゃん
黒ちゃん


黒ちゃんがとうとう「マイナス金利政策突入」です。

話題になっていたのは、「わかりにくい」らしいこと。欧州各所での類似の施策と比較しても奇異なレベルなのかな?

それから↓の記事の反対意見

量的・質的金融緩和の補完措置導入直後のマイナス金利の導入は資産買い入れの限界と誤解される恐れがある


http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1LK8H6JTSEC01.html


はい!はい!私も一瞬そう思った。だって昔マリオがQEに踏み切れなかったのは買えるものが少ないからだと思っていたからね。

その点、黒ちゃんは、悩みは(=選択肢も?)少ないのかな?まぁ、買うものがなくなったというより、QEが先に出来たので、買い入れに満腹感が出たタイミングで、余計な損失と障害を最小限にして、「マイナス金利」に入ることが出来てよかったのかもですね。

日銀、世界の流れしっかり見ながら必要な仕事している感じが出てます。出てます。

だいたい、頑張って買い入れしてBS大きくなっていっているのに、活用されなければ意味ないじゃん?黒ちゃんが期待される経済成長用の準備金は十分ですぜと判断して、経済成長の方に流れ易い仕掛けを取り入れてみたのは、「わかり易い」気がします。


※上記が前置きです。私の解釈だいぶん世間ずれしている、若しくは大いに間違えているのだと思います。これを踏まえて、下記本題です。



昨日は帰宅が心待ちで、上司が電話でも「金曜日はご機嫌だね〜〜。」と指摘できる程にニッコニコで、そさくさと帰宅しました。


私にとっての「マイナス金利政策」は、「お気に入りブログの発掘のまたとない機会!!!」なのです。私の生活を豊かにする為の非常に重要な局面です。待ってました〜〜!です。


日本でも割と騒ぎになっているようです。ブログ村の早期リタイア界、株日記カテ、米国株カテ、資産運用カテ、梯子に梯子を重ねて関連記事を読みまくりました。

何故なら...
最近、自分の理解と日本メディアになんとなしに隔たりを感じて、ちょっとしたアイデンティティクライシス(←何歳ですか?)でございました。隔たりは悪くはないんです。間違えているなら気づかせてもらえる記事を読みたいです。具体的にどごがずれているのか知りたいです。こういうのは、ブロガーさんたちがご自分の言葉で書かれているのを読むことで気づくことができたりするのですが、ブログ発掘は大変です。

今回の様な「おおごと」があると、皆さん記事をエントリーされますし、個々の考え方がいつもより明確に表現されますので、大チャ〜ンスなのです。バックグラウンドがないのでこういう機会に学習するしかありません。


逆に正誤に関係のないところでいえば、相場関係で「じーんと染み渡る感じ」のブロガーさん、何故か早期リタイア界に集中しています。相場系は私の生活の中心ではないのでゼロじゃないだけで十分だと思ってはいるのですが、この辺の合わせて発掘できたらな〜っと思っています。


というわけで、引き続きブログ発掘に勤しみます!
ウホっ。



追記:
もっと手っ取り早い方法があるかもです!
この記事を読んでくださった方で、オススメブログがおありでしたら、ご教示くださいませ〜〜!自薦他薦問いません〜

珍しく英語の勉強:ワイン語彙

前回プライベートで辞書を引いたのいつだろう…
通訳係の時でも平気で「その単語どういう意味?」って話者に聞いちゃう、ものぐさ者です。


ところで最近、味オンチってやっぱり嫌だな。と思って、ワインを飲むときに感想を書いたりしているのですが、味オンチだけにトンチンカン。

味オンチ


「甘っ!!」と思って「Sweet!」って書いてみたら、その下の人「甘すぎず、でも十分な甘味」(Not too sweet, but sweet enough)って書いているし😓
ダメだこりゃって感じです。

実はこのワインなんだかいろんな味がしたんです。だけど、それが何かは全くわからないんですよね。


というわけで、今年に入って飲んだ8本の白ワインの他の人の評価に書いてあった語彙を書き出してみました!!
※ぴんと来ていない部分は「?」だらけです。


Dry 辛い
Off-dry ほのかに甘い
Sweet 甘い
Sugary 砂糖の甘さ
Tart 酸っぱい
Crisp 爽やかな酸味?
Tangy 柑橘の酸味?
Sour 酢っぽい?
Full 味が深い?厚みがある?
Round まろやか?
Petillance 炭酸風?

Ripe 熟した
Green 若い?青い?
Fresh 新鮮?若い?
Zesty 酸味と果実のバランスが良くみずみずしい?

(香りが?)
Aroma 芳香、香り
Fruity 果物味
Flowery 花香
Floral 花香
Woody 木香
Citrus 柑橘
Elder-flower エルダーフラワー香?

(口当たりが?)
Silky すべすべした

(中身が?)
Orange オレンジ
Grapefruit グレープフルーツ
Lemon レモン
Lime ライム
Pineapple パイナップル
Kiwi キゥイ
Strawberry イチゴ
Apple りんご
Pear 梨
Apricot あんず
Peach 桃
Nectarine ネクタリン
Melon メロン
Papaya パパイア
Mango マンゴ
Passion Fruit パッションフルーツ
Quince マルメロ
Tropical Fruit 熱帯果樹
Vanilla バニラ
Honey はちみつ
Liquorice 甘草
Green tea 緑茶

(謎の表現)
Exotic ?? 外国風?
Elegant ???
Cheap 安っぽい?
Clean さっぱりした?
Flavourly 風味たっぷり? 味気たっぷり? Flavourful?

私が「甘っ!!」とか「辛っ!!」とかそんな事しか思いつかない時に他の人はこんなにいろいろ感じる事が出来るとは。衝撃です!!これらは全て同じものを飲んだ人の実際の感想ですからね。

新しいボトルを開けたら、上記から一番近いものを3つ選んでみて、他の人の感想と合致するか答え合わせをしてみるという方式にしてみようと思っています。


これらを全部認知できるようになると自信でそう↓
https://en.wikipedia.org/wiki/Wine_tasting_descriptors


治るかな?
味オンチ。


毎日体重を計るべし!

今日は久方ぶりの5分の日です。

ダイエット界のすごい方々のブログを読んで気づいたのですが、毎日体重を計る方が多い模様です。

私は、持っていなかったぐらいですから、ほぼ存在を忘れて過ごしています。
こういうところに意識の違いが現れるのかな〜。って感じです。

しばらく帰宅後に乗る動線を作る為に玄関に置いてみるかな?とメモメモ。です。


腰痛の方は、寒い日がより酷いみたいです。

帝国単位に苦戦する

ダイエットの時に気にする摂取カロリーと消費カロリー。
大英帝国では、ジュールを使っているみたいです。

普段は、帝国単位(Imperial System)を使っている英国人たちなのに、妙なところでSI系のjoule(=ジュール)を使うのね…

ジュール併記

体重の方は、ストーンとパウンドで、何キロなのかサッパリわからないのに…