2016年08月

このページの記事目次 ( ← 2016年08月 → )

total 11 pages  次のページ →  

シンガポールでジカウィルス感染者

最近、ベルギー周りがまた物騒みたいですね。テロかどうかにかかわらず、世界的に治安が悪化している感じがします。

Attack on Brussels criminology institute 'probably arson'




私はどちらかというとウィルス関係の方が怖いんです。インドに住んでいたからでしょうか?

シンガポールのジカ熱感染、56人に 周辺国でも国内感染



感染者が56人…
蚊って恐ろしいですよね。


外務省海外安全ホームページ
シンガポールにおけるジカウイルス感染症の発生(妊娠中又は妊娠予定の方は可能な限り渡航をお控えください。)(その2)


💎カツカツでサバイバルを楽しむ知人

元駐在員のある知人は、「貯金好き」とはちょっと違いますが、不運を幸運に転じた(?)マンション大家です。

家賃を払うのがもったいないと、かなり早い時期に中古マンションを購入たものの、入社5年目に駐在員デビューした時点ではローンがたっぷり残っていてブルーだったようです。がっかりしたものの、仕方なしに賃貸に回して、家賃収入と国内給与を全力で返済に回し、任期5年の帰任前には1軒目のローンを完済していました。

この方、どうせ日本で暮らしていないし、日本円を持っていてもしょうがないからと、円預金がほぼゼロになるようにローンを組みなおしたそうです。ローンってそんなに簡単に組み直せたりするものなんだね~っとか、ローンって35年ぐらいかかるものだと思っていたけれど、5年で返すことも可能なんだね~っと、妙なところに関心です。

ボーナスなんて年によって結構ちがうので、ハラハラドキドキですよね。なぜそんなにエッジを攻めたがるのかよくわかりませんが、「全力」感が好きみたいです。ウチの冷蔵庫がほぼカラなのに通じるような、通じないような…

ここからは又聞きですが、日本に帰ってから、2軒目の中古マンションを買って、なのに5年実家に住んで、2軒分の賃貸収入と給与収入を全力投入して、またローンを完済したとか…

んで、また海外赴任が決まって、流石に3軒目はいろいろ面倒で買わないけれど、2軒のマンションは貸し続けることにしたから、任期が3年以上だと、1軒目の家は家賃収入だけで買えたことになり売値分がまるまるプラスになるらしいです。はい。どういう事なのか全くよくわかりませんが、そういうことらしいです。ポイントは、資産がお金を生む環境が早く整った(=最初の赴任時)ことだそうですので、適当に複利みたいなものだと理解しています。あと、不動産は税金関係が重いという印象ですが、好きでやっている人は運用がうまいのかもしれません。

この人は、不動産に全力投入して、自らはカツカツ暮らしとローン返済のプロセスを楽しんでいたという部分です。RPGで2周目あたりにタイムトライアルやる感覚でしょうか?

イギリス人の尊い教え;家具はセールで買うべし!

40年近く生きているのに、私はあまりものを知らない模様です。特に買い物系の知識は痛いかも。高いと思ったら「買わない!」を発動するので、ちっとも買い物力は上がらず、まだTV cabinet(テレビ台)を買っていないです。でもテレビの床置きってなんかちょっとストレスだよね~。なんて思いつつ1年ぐらい経ちますので、一念発起、テレビ台を探しています。

散歩道5

家具はセールで買うべし!


イギリス人が口を揃えて教えてくれます。「家具」と「衣類」は半額になるから、セール以外では買ってはいけないそうです。お世話になっているスーパー「Aldi」の近くに「Oak Furnitureland」という家具屋さんがあって、そこの値段を時折調べていますが、セールでも高い…というのが率直な感想です。

Oak FuniturelandのTV Cabinet



我が家のテレビは、横幅が97cmあるので、台の横幅が120cmぐらいのものを探しています。
セールで£300ぐらいですね。

庶民の味方「Argos」だと、£20ぐらいからありますから、安いの買えばいいじゃん?と思わなくもありません。ついでに「Oak Furnitureland」の隣にあります。ネットで注文して、受け取りに行くのには、スーパーの近くだと便利です。

Argos TV Stands




駐在員の仮住まいと安物調度品


昨年末「横滑り駐在員の苦悩3: 安物調度品との付き合い」でも書いたのですが、最安クラスの調度品との付き合いが長いです。

インドって何気に趣味がいいので、最安クラスでも好みに合うものの選択が可能だったのですが、イギリスは家具が高くて、安く揃えるのが大変でした。勤め先のルールでは、テレビは買ってもらえますが、テレビ台は自腹です。変な話、高いものを選択する余地が残されているとも言います。

イギリスの任期が何年かまだわかりません。仮に3年の場合、残り1年半の為に£300を払うか悩ましいところです。捨てるのも大変だし。でも、もう平置き辞めたい。

💎「2017貯金レベルチェック」スタメン落ち

ウラとボツに「2017貯金レベルチェック」を更新しました。

この記事の仕立て直しです。

残念ながら他の内容に入れ替わってしまい、リストから外れてしまったお題は、下記のとおりです。

経費精算がマメ
会社員じゃない人には当てはまらないですよね。
節約の労を惜しまない
当たり前すぎて書きにくかったためです。
節約生活って、自炊を皮切りになんでも自分でできることをすると、時間がいくらあっても足りません。
ちょっと前に古くなったタオルを使って「雑巾」を手縫いしてみたんですけれど、たった2枚作るのに半日かかりました。映画見ながらチクチクしたからいいのですけれどね。
家計管理カテには、生活の工夫(DIY)が趣味な人がチラホラいて、読んでいる範囲では楽しそうなのですが、私は気乗りがしないというか、なんというか。やってみたら面白いのかもしれません…
「非労働」、「非生活」の時間がある程度確保されていないと息苦しいタイプで、節約には向いていないですけど、これが「贅沢」なんでしょうね~。
靴がピカピカ
これは貯金上手というより、その人が置かれているソーシャルクラスや役職によって、ピカピカにしないといけない場合もあるので、「モノを大事にする」に差し替えました。
靴にまでいきわたる気配り、ケアと心の余裕ってことなんですけど、これはそれらで「お金が貯まる」のではなく、単に「お金持ち」なだけかもしれませんし。
仕事の為に自分で磨いている人と、お金持ちで磨いてくれる人がいるとか、何足も持っていて痛みにくい人では、分けた方がいいし。これは貯めようとしている過渡期の人ではなくて、既に持っている人の話に聞こえます。そういう意味では、「週に一度包丁を研いでいる」とかの方が過渡期の人の心の余裕とか細かい気配りにはしっくりくるなと…
収入を増やそうと考えない
「複数の収入チャネルを持つ」に差し替えました。
無駄遣いをしない
これも当たり前すぎて、「自分へのご褒美」と統合しました。
食事を大事にする
健康管理と統合しました。
虫歯がない
これも健康管理と統合しました。

そういえば、最初に「貯金ができる人」の50の特徴を洗い出した際に、意外だったのは、テクニック的なモノから入って、目標設定からスタートしている記事が思ったほど多くなかったことです。貯金が趣味な人たちが書いているのかな?と邪推しています。

どうでもいいことを考えて止まない休憩所

挫折って、若いうちに経験しないと、年をとってからでは乗り越えられないって言われたりしますよね。乗り越えるっていう表現は果敢に挑戦して、困難に打ち勝てる系の挫折の事でしょうか?私にとって「挫折」は、「乗り越える」じゃなくて、「喉元過ぎる」感じです。


時が癒す


時間が経てば、痛みが風化する。これを当てにしてふて寝することが多いです。夢に出てきてしまうほど嫌なことは流石に根本的な解決策を考えるのですが、基本的には寝て忘れる主義です。

散歩道3

オクスフォードには、無数の小川が流れているのですが、近所の小川は流れていないんじゃないか?と思っちゃうほど水流が緩やかです。ちゃんと流れているんですけれどね。

多くの人たちが惜しんで止まない「時間」も容赦なく流れているんだから、こんな風にぼけーっと川を眺めたり、ふて寝したりするのに時間を使うのはもったいないと思わなくもありません。

時間で傷がいえるなら安いものだと考えるべきか、時間が勿体ないからさっさと立ち直ろうと考えるべきか?

なんて、とりとめのない事ばかりが浮かんできます。水流の速い川を見ていたら気忙しくてこうはいかないだろうと思えます。こちらの気分もまったりとなる、ゆったりとした小川で、オクスフォードのお気に入りのひとつです。


鴨長明と李白


リタイア界でたまに出てくる「方丈記」、小屋暮らしとか、就活失敗とか、共感ポイントが多いのは納得です。

んで、鴨長明と同じ様に川を眺めながら、「李白ってすごいよね。同じ川でも眺めるんじゃなくて、うきうき川下り♪(早発白帝城)とかしてたっけ。私も小川を眺めながらぼやいているんじゃなくて、ダックツアー感想文でも書こう!」っと思ったことをやはりぼやくのでした。

※ロンドンのダックツアー、ダックツアー中のダックツアーで一番おもしろいので、おススメです。

本日は、徹頭徹尾、とりとめなく。