2017年04月09日

このページの記事目次 ( ← 2017年04月 → )

心を使うより、頭を使う

ただ、平和な日常だけ書いておけばよいモノを、4月は「お仕事ネタ!」なんてテーマを決めたら、書きたくなくなって、ブログをお休みしておりました。自滅。

普段の生活の半分を占めている仕事ネタですから、書けそうなことは、沢山あるのですが、仕上げるのに「心」が消費されて疲れるので、ボツネタにして、平和な日常に戻ることにしました。

お仕事系、ボツネタ

士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし
「男子三日会わざれば刮目して見よ」も同じ意味?、うちの先輩方は、相変わらず私はダメで我が儘な人間だと思っているみたいだけれど、右も左もわからない新入社員の頃の印象をいつ忘れてくれるのだろう??っというグチ。ちなみに、遠距離恋愛も同じ概念から、成立しがたく、継続している人を尊敬いたし申し上げる。
承認欲求に消耗させられる
リタイア界でもたまに話題に昇る承認欲求。私にもないとは言わないけれど、私の感覚では、なんでも「ドラマ」仕立てにして大騒ぎする仕事のできない人達が欲しがっているものだ。私のチームビルディングの隠し味的なものは、わざわざ細かく「作業」を褒めなくても良いように、「自己実現の欲求 (self actualization)」ができている事を褒める様にしている。自己満足ができるようになれば、私としては非常に楽になるのでありがたい。ある意味マズローの理論はありがたく使わせてもらっているし、経験的に的を得ていると思う。
私の力が及ばない別のチームの「褒められたがり」に振り回されすぎて、げんなりしている。文書を2枚、コピーするのに、何度も催促させて、だいぶん待たせた挙句、違うものを送り付けてきたから、日本本社に連絡して手配して貰ったら、ギャーギャー言っている。全く生産的でなく、余計に疲れる。これだけ面倒をかけて置いて、「送ったのにお礼もない!」とのこと。欧州本社では「Thank you」は、お礼ではないらしい。文句言う前に英語を勉強してほしい。(お礼の度合いが足りないという意味だったことは理解しているが、欧州本社がUKにおいておくべきファイルがなかったから、電子媒体で取り寄せただけで、落ち度はもともと相手方にある。)
縄張りという小さいモノ
縄張り意識がある人は、閉塞感を感じないのだろうか??、その枠の中でしか安住できないというのは気の毒な話だ。
チームワークの威力
新しいブログを立ち上げて、カスタマイズ記事を書いているけれど、毎日せいぜい2記事が限界。やりたいことは沢山あるのに、とてももどかしい。会社だと人数は少ないけれど、チームで仕事をするので、それぞれのアウトプットを合わせるとたった1週間でも結構いろいろなことができるので、チームの会議は「週次」です。
インプットとアウトプットのバランス
仕事だとアウトプットが7割ぐらいはありそう。インプットに時間をかけることを許されていないというか、そんな感じです。だから、インプットの方は間に合わない場合は家で調べものをする感じになります。プライベートでは、インプットが9割。だらだら調べものをして、知見だけ深めて、最後にちょろっとカスタマイズをして(アウトプット1)、備忘録を書く(アウトプット2)感じ。それでも、このバランスを崩すと「楽しみ」が減って嫌だと思うってことは、私はインプット型で、そもそも仕事には向いていないのかも。
ワークライフバランス
イギリスでは、週末に何をするか?、昨晩何をしたか?、などなどよく話題に上るので、「ライフが充実しているべき!」という固定概念が結構しみてくるときがある。最近では、周りのイギリス人たちの間で、私の趣味がブログであることが定着して、いろいろネタを考えてくれたりする。イースターについては書くか?、バニーはあーだ。エッグはこーだ。てな具合。引きこもりでOKになったのは非常に助かる。実際は、カスタマイズしかしていなかったとしても…
treat yourself (自分へのご褒美)
おそらく私の生活は、イギリス人たちの目を通すと非常に質素で、楽しみの少ない寂しいもの。友達に囲まれるでも、彼氏といちゃいちゃするでも、家族と出かけるでもなく、家にこもっている人って感じ?この為、ウォーキングに行くとか、ストレス買い(apple watch、マクロレンズ、レンタルサーバーあど)をするか悩んでいるとDo it! Just do it!! Treat yourself!!!っとめちゃめちゃ背中を押される。いわゆる自分へのご褒美だ。ん?、優柔不断すぎるだけかも。ま、そういう個体が一匹いても、困らない程度の人口がいると思う。
体力、知力、心力
心技体のバランスなんてよく言われるけれど、体力、知力は兎も角、心の消耗が激しいこの頃。家に帰ったら、心を使うことを一切したくないという気持ちが、ブログカスタマイズに現実逃避させる原因じゃないかと思う。こういう時はムリをしないで、楽しいと思えることに集中するのがよさそうだと思っている。仕事を辞めたら、回復するのだろうか?、リタイア後にリタイアしてよかった~っとはっきり書く人はいるが、実際には世の中のあれやこれにケチをつけて、楽しそうに見えない人も多い。私の知る範囲、本当に好きなことを楽しんでいるように見えるのはたった4人。残りは、「楽しいと言っているだけ」に見える人の方が多い。心の安寧を求めて、仕事を辞めるのも考え物だ。

以上、8日分のネタ、ボツ箱へ…

仕事の事は、やはりbloggerのボツネタブログにしたためるのがよさそうです。