2017年06月

このページの記事目次 ( ← 2017年06月 → )

total 2 pages  次のページ →  

「駐在員になりたい」よりも「駐在妻になりたい」の方が多い件

難易度は、飽くまで主観

当ブログでかねがね疑問に思っていることは、「駐在員 なりたい」よりも「駐在 妻 なりたい」の方が検索が多いことです。

難易度が全然違うよね…

駐在員については、自分でなる方がシンプルで、将来的に駐在員になる男性を探し当てる伯楽になり、なおかつその男性に好かれ、結婚にこぎつける方が、よっぽど難しい気がします。

仮に、駐妻になれたとして、インドとかでも行くのかな?、なんて、いろいろ想像を掻き立てる検索ワードなんですよね~。

どちらが多いか…

「駐在員になりたい」については、知っていることを書いたことがありますが、「駐在妻になりたい」に関しては、完全なる無知で、お役に立てそうにありません。が、しかし、こちらの方がわずかに多い印象です。

試しに、ゲストモードで2つとも検索してみたのですが、私の記事は、「駐在員 なりたい」(ヒット、130,000件)は1ページ目に、「駐在 妻 なりたい」(ヒット、243,000 件)は4ページ目に出てきました。ヒット件数、妻の方が多いんですよ!そしてランクが低くてもアクセスは妻の方が多いんですよ。

一時帰国中、ブログのことは伏せた状態で、検索ヒット件数について友達に話してみたら、のろのろにわかるわけがないって、言われちゃいました。え??、なんで???

世の中的には、早期リタイアしたいじゃなくて、専業主婦になりたいの方が断然多いとおもうわよ。とのこと。

あ~。なんか、前にも誰かとこんなやり取りがあったような気がします。

難易度と確率

専業主婦になるのも、駐在妻と同じで満たさなければならない条件が複数かつ運まかせで、難易度は高いと思うんですよね。狙ってなれるものではないし、逆に仕事をしたい女性もいるわけで…。確率は50%で、数打てば当たるかもしれないけど、数とか打たないでしょ、こういうことは。

リタイアは、ボチボチやっていれば、いつかは到達できる(早期じゃないかもしれないけど)。世の中的に生涯リタイアしない人の方が少ないよね?、統計的には90%が65歳まで生き延びるらしいし…

そんなことをブツブツ言っていたら、そういう問題じゃないらしく、あきれてものが言えない的反応でした。

私としても、この二つが選択肢として並び得るという根本の部分が謎だったので、それ以上話をすることは止めておきました。何故か、なにやら、亀裂が入ったかもしれないことをうっすら感じて、悲しくなりました。何故不興を買ったのか?、ゆっくり考えれば、わかるのかしら。号泣。

やはり、「駐在 妻 なりたい」の方が普通なのかしら??

世間知らずが許される年齢はとうに過ぎており、なんだか口を開くのが怖くなってまいりました。

映画、「美女と野獣」感想+ネタバレ追記

基本情報

邦題
美女と野獣
原題
Beauty and the Beast
タイプ
ディズニー
公開年
2017年3月17日
監督
ビル・コンドン
脚本
スティーヴン・チョボスキー
原作者
ガブリエル=スザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ
出演者
エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス
公式サイトURL
http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html
おすすめ度
4 (1~5点)

ん。そつがなさすぎる…、ということで、4点かな。

予告編

↑、イギリスからは動作確認ができませんが、日本の人たちは見られるかな??

ストーリー

傲慢だったため、魔女に呪いをかけられて、野獣の姿に変えられ、皆から存在を忘れされれてしまった王子は、バラの花びらが落ちてしまう前に、愛し愛されることを学ばなければ、永遠に野獣の姿のままになってしまうが、なすすべなく暮らしている。

読書家で知性溢れているため村人から変わり者扱いされる村娘のベルは、イケメンで女性陣に人気のガストンを袖にする。ある時、魔獣に変えられた王子の城に捕らえられた父親の身代わりにその城で暮らし始める。

時計やポットに変えられた王子の召使いたちは、このベルこそが呪いを解く女性ではないかと期待を寄せるが…

感想

鉄板ディズニーストーリーです。
「美女と野獣」は、私が初めて友達と見に行った映画で、思い入れがあります。あれからもう、うん十年たっているのね~っと感慨深いものがあります。

実写版は、配役が素晴らしくて、本当に非の打ちどころがありません!
主役のエマ・ワトソンが、ベルにハマるだろうということは、想像に難くないので、無難すぎて逆に見に行く気にならなかったりしましたが…
私は映画の観すぎなのか、イアン・マッケラン、ユアン・マクレガー、エマ・トンプソンを声だけで認知でき、脇役にしびれました。

私はガストン役のルーク・エバンスが好きなので、ひどい言い方でガストンを拒否るベルってひどい…だけどエマ・ワトソン(ハーマイオニー)も大好き、っとストーリーとは別のところで複雑な心境です。

というわけで、ルーク・エバンスが、ガストンっぷりを好演しているのが一つの見ものです。そして、ガストンのコバンザメ、ル・フウ役のジョシュ・ギャッドも、いい味出していてはまり役です。

ネタバレするようなストーリーじゃないので、短く、一言。

王子、人間に戻る前の野獣の姿の方が愛嬌があってよかったような気がする。

絶賛、休みボケ&時差ボケ

ちゃんと仕事はしています

1週間ほど前に帰英したのですが、なんだか休みボケでブログを更新しておりませんでした。

今回なぜか、仕事に戻るのに精一杯で、残業を全くしなくても、帰宅するとヘトヘトです。
久しぶりに職場に戻ると、難しいものにタックルする元気が湧いていて、いつもより後回しにする仕事が少ないからかしら??、なんて思えてきます。

休みボケで、何やらタガが外れて、いつもより仕事濃度が上がっている感じ??

久しぶりのメインブログはちょっと緊張

ボツネタの仕上げはボチボチ進めているのですが、久しぶりにメインブログに記事を書くと、少々緊張します。

※ボツブログで、このブログのことをメインブログと呼んでいます。(笑)

ボツネタブログでは、現在、いろいろやらかしていて、お引越し中です。
簡単に言うと、イ〇ド人が開発したプラグインをインストールしたら、プログラムがおかしくなって、それをアンインストールしても、影響が残ってしまっています。

メタデータのおかしな設定がどうしても取れないので、グーグル先生からペナルティーとか受けそうです。完全初期化を回避すべくいろいろ試していますが、どうもダメそう。。

んが~。ショック。

といいつつ、そういうトラブルも、楽しんでいるんですけれどね。

帰英して、ブログを書く、それが日常

母国の実家が特別イベントで、外国の自宅が日常。
読書が特別イベントで、ブログ記事を書くことが日常。

実家に帰って、久方ぶりに読書に興じました。最近本を読んでいなかったので、なんだか新鮮でした。

自宅に戻ってきて、しばらくぼーっとして、ブログ記事を書き始めると、なんだかいつもの生活が戻ってきた手応えを感じます。

とても不思議な感覚です。

The Lazy Song - Bruno Mars

憂鬱なドライブライフ対策にいくらかでも気分をupする方法を考えてみました。ここはベタにカーステレオがよろしいのではないかと…

気分が暗くても聴ける明るい曲

正直最近音楽を聴くこと自体が少なくなってきました。元気満点ドピーカンっという歌詞でもなく、だけど明るい気分でドライブが楽しくなる音楽を考えてみました。

最初に浮かんだ曲は、Bruno MarsのThe Lazy Songです。

今日は何もする気が起きないよ~。終日ベッドでゴロゴロするんだ。電話にも出る気がしないから、発信音の後にメッセージを残してね。今日はぜぇったい何もしないから。ま~ったく、な~んにも♪って感じ?

しかし、この曲、こんなPVだったのか…

いいよね~。Bruno Mars。この方、おしゃれなのか、ダサいのか、今風なのか、古風なのか?、なんとも判別しがたい懐かしいような新しいようなそんな曲が多いけど、どれもキャッチーで耳に残る感じです。

私がライブで見た最後(最新?)のアーティストなので、大好きなのは間違いないです。

ドライブ曲は1アーティスト1曲までと決めたのですが、↓も面白いです。

めちゃめちゃ億万長者になりたいよ~そりゃもう、めちゃめちゃ。それで、なんでも買っちゃうの。んで、フォーブスの表紙で、オプラ(ウィンフリー)と女王の隣でニッコリしちゃうの。でしょうか?、これはあんまり共感できないけど、この歌詞でこの曲調なの??っていうところがツボ。

素でいい曲がたくさんあるのに、最悪なピックアップかも??

お口直し?は、↓でお願いします。ほほほ。

予約投稿切れで、6月中旬までお休みです~。

雑記に徹して1か月

雑記に徹する

なぜか「今月のテーマ」を持ちたがるワタクシ。この1か月ほどは、「雑記に徹する」をテーマとして、カテゴリーの親子解消とテーマの分散に取り組んできました。

深い意味はありません。

記事は大体1か月分ほどの予約投稿を準備しており、毎日公開された後、スレッドテーマを通して他のブロガーさんの記事を発掘に出かけるのが毎日の楽しみです。

thread-theme-external-link

できるだけ幅広くスレッドテーマを使っていく様にしておりますが、初めて使ったスレッドテーマのFC2ページにアクセスしたら、自分の記事だけしかなくてがっかりすることもしばしば。苦笑。

雑記ブログの楽しみ方

そんな中でも、いくつか成功例があります!

オモシロブログ発見!

一番笑撃(←失礼?)だったのは、テーマ「紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー」に記事を上げておられる「エロゲーマーの紅茶日記」の「けy」さんです。ブログ紹介文にブログタイトルはアレでも中身は健全とあるのですが、クリックすることをためらいました…

でも、この方、ダージリンを「キャッスルトン農園」、「マーガレットホープ農園」とか、農園ベースで飲み分けておられて、記事タイトルがかなりガチなんですよ。ブレンド名じゃない、産地別で、ダージリン、アッサム、スリランカ(セイロン各種)などを飲み分ける人はいても、ダージリンの中で農園を飲み分ける人は、リアルの世界でお会いしたことがありませんから、絶対ガチです!!

私はダージリンといっても、スパイシーなものからフルーティーなものまでかなり味がばらついていることを体感的に知っていて、有名農園の名前は知っていても、実際に意識的に飲み分けてみたことはありません。感想がものすごく気になるじゃないですか?それで、どうしても読んでみたくなったのです。

中身は100%健全で、超お茶マニアです。即刻フィードリーダーにRSS登録いたしました。

次は何を飲まれるのか、とても更新が楽しみです。

オモシロ訪問者発見!

どのスレッドテーマからいらっしゃったのかがわかりやすい方と、全く想像できない方がいらっしゃるのですが、訪問者リストを見るのがとても楽しみになりました。

思わずクリックしてしまったのは、「いつも空腹」の脂身さんのブログです。このブログタイトル素晴らしいです!

テーマに合わせたTシャツをかわいいデザインしていらっしゃいます。あぁ、アートな才能羨ましい。添えている文章も楽しくてツボです。(不思議体験なときもあり)

ひょんな場所で知ってるブロガーさん発見!

既に普段から読ませてもらっているブロガーさんたちが、スレッドテーマを使用しているかどうか、あまり注目していませんでした。使用していても、同じスレッドテーマを選ぶことは想定していませんから、ひょんなところでお見掛けするとなんだかうれしくなります。

記事を書く(アウトプット)のは相変わらず四苦八苦ですが、ブログライフ楽しいです。