不動産仲介業社のCRMが羨ましい設計だった

不動産仲介業社のCRMが羨ましい設計だった

流石は先進国イギリス!先進国
不動産仲介業者のCRM(=顧客関係管理システム)が、かなり賢そうでした。

どこに行っても、名前は?電話番号は?メールアドレスは?予算は?ってな感じでセールスの人が口頭でヒアリングしているうちに顧客情報登録終了。

検索ボタンポチッとすると希望にあった物件リストがサクッと出てくるので、担当の人が手摘みでティック、ティック、送信〜。ってな感じでその場ですぐ物件紹介メールが送られてきます。そこまでは5分もかからない感じです。

そして週1ぐらい条件を記憶した更新情報がメールでマニュアルで書きましたみたいなメッセージとともに送付されます。おそらく自動でしょう。
このレベルはIT大国インディアでも見た事ない!


便利そうだな〜。
顧客データの登録が、シームレスにサービスに繋がっているなんて素晴らしいな〜。
うちの会社のCRMもこんな風にならないかなぁ〜などと、
つい仕事に関連付けてしまいます。


いけませんねぇ〜〜
切り替え、切り替え。

Comment

コメントを投稿する
記事: 不動産仲介業社のCRMが羨ましい設計だった

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback