船頭多くして、船山に登る。

船頭多くして、船山に登る。

本日は、「記事を5分で仕上げる日」です。

掲題、頭の痛い状況をコミカルに表現しており、とても好きな言葉です。
いろんな山に同時多発的に登山中なのですが、この迷走感を滑稽に感じさせてくれます。笑いがあると救われるってこういう事でしょうか?


なんというかね、自分が船頭だと思って、なんか背負っちゃっている人、結構多いんですよね〜。私もですが。

「三人寄れば文殊の知恵」なんて面白くもなんともないですが、この2つのことわざの違いは、目的を違えている人が混ざってしまっているかどうか?だと思っています。

皆さん会社の為と言いながら「権威の為」「メンツの為」「自意識過剰の自己防衛」「引けない性格」「完璧主義」「自分の都合」「人より少なく仕事したい」「狭い視野」「理解力不足」など、いろいろなタイプの船頭がいます。


恐ろしく進まない会議では、人間観察より他にやる事がありません。一歩引いて意見を上記タイプごとにカテゴライズし、裏議事録をメモしてみたりします。隣席の人のメモを覗き見ると、ぎょっとする発見があるかもしれません。

Comment


★ヤジロベーさん、コメントありがとうございます〜★


「(居酒屋シリーズの)オヤジとヤジロベーさん」や「株の先生とヤジロベーさん」の会話みたいな絵が浮かびました〜。
なんだか、微笑ましいです。

そういえば、先日、無性にロマネコンティー(梅酒)が飲みたくなって、買っちゃいました。
いいですよね〜。ヤジロベーさんトコのオヤジ!

のろのろ |  No.80


★小黒とらさん、コメントありがとうございます〜★


あります、あります!漕ぎ手より、船頭の方が多いこと!!
漕ぎ手が中腹まで頑張ったところで、「間違った!あっちの山だった。」って、もう疲れちゃって、「また山かよ!」ってツッコミも入らないという...
但し、そうやっているうちに、船の方が改造されてスペースシップになったりする事もありますから世の中不思議です。

のろのろ |  No.79


★★


こんばんは
自分の場合は脳内に船頭が多くて(笑)
いつもあらぬ行動をします。
自分を保つこと自体難易度が高いです。

yazirobe777 |  No.78


★★


こんばんは
下手すると漕ぎ手よりも船頭さんの方が
数が多かったりしますよね。
山を登るまで頑張る漕ぎ手は大変です。(^^;

小黒とら |  [ 編集 ] No.77

コメントを投稿する
記事: 船頭多くして、船山に登る。

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback