左手で書く字が、右手で書く字に似てきた不思議

左手で書く字が、右手で書く字に似てきた不思議

最近は、字を書く機会自体なくなってきましたが、数年来放置し続けた、右手の手首のガングリオンを取ってから、右手が弱くなってしまって、左手で字を書くようになりました。

左利きで、もともと矯正して右手で字を書くようになったとはいえ、最初はミミズの張ったような字でした。慣れてきたら不思議と右手で書く字に似てきました。


何故不思議か?というと、右手で書く字が美しくないからです。
なんでこれをコピーするのか?
見本が違うでしょ?
これを美しいと思っているから無意識に真似しているのか?
いろいろ謎です。脳の作用。

習字でもして、脳に染み付いた型を修正しないと美文字は難しいということでしょうか?

Comment

コメントを投稿する
記事: 左手で書く字が、右手で書く字に似てきた不思議

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback