💎イギリスの恐るべき芝花粉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

💎イギリスの恐るべき芝花粉

イギリスでは、花粉症の事を"Hay fever"と呼びます。

「花粉アレルギー」を直訳して"Pollen Allergy"と言っても通じるのですが、イギリス人の口から出てくるのは"Hay fever"という呼び方です。

イギリスにいる日本人の方々が"芝花粉"と言っているので、まぁそうなんだろうと思いますが、NHSのウェブサイトには、grass – in the UK, about 9 out of 10 (90%) of people with hay fever are allergic to Timothy and Rye grass pollenと書いています。

(翻訳)
草 - イギリスでは花粉症の人の90%がオオアワガエリとドクムギ属にアレルギー反応を示します。

で、取り敢えず、「オオアワガエリ」と「ドクムギ属」って何?っとなったので、Wikipediaへリンクを貼りました。

ま、ざっくりイネ科と理解しました。

6月1日に赴任して、一週間もたたないうちに、涙しながら働いています。

大体5月末から7月ぐらいまで続くらしいです。

かなり強烈なアレルギー反応を示しており、つらいです。

イギリスはどこへ行っても芝生で青々としていますから、美しいのですが、飽くまで室内から眺める景色になりそうです。

Comment

コメントを投稿する
記事: 💎イギリスの恐るべき芝花粉

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。