イギリスの好きなとこ1: After you

イギリスの好きなとこ1: After you

日本にもありそうな「お先にどうぞ」精神の強化版とでも言っていいのかな?
私の最近の日本の印象は、知り合い同士では「お先にどうぞ」だけれど、知らない人だとその限りではない感じです。

オクスフォードは、小さい街だからかもしれないですが、「お先にどうぞ」に満ちていますし、知らない人がかなり親切です。

電車の機内販売でコーヒー買うにも、店員と顧客、顧客同士で冗談言い合って盛り上がっていたり、なんか心の余裕が違う感じ?

中国•インドは、競争社会だからか、「我こそ先に」精神がスタンダード。7年間の「我こそ先に」修行を経て、イギリスの譲り合いの精神に触れると、人間ってこんなにいいものなんだな〜ってしみじみイギリスに移してもらえてよかったと感じます。

同じ英語圏でも「譲り合い」か「我こそ先に」かは、言葉遣いに顕著に現れます。インド人は、自分たちを英語ネィティブだと思っているみたいですが、余程教育レベルの高い人でない限り、言葉遣いが無礼極まりないのです。取引先の担当がその上司のメールを転送してきて「Read below mail, and do the needful.」なんて、たった1行書いてあっても、驚かなくなります。相手を気遣うという発想があるとは思えない表現が多用されます。


イギリスで暮らしてWould you? Could you?をはじめとする「相手」ベースの優しい表現が日常的に一般の人の間で飛び交っているのに慣れてくると、なんだか離れがたくなりそうです。

友人には「でた!おのぼりさん発言!普通の事をやたらとありがたがってる。」なんて冷やかされますが、しようがありません。
※この場合のおのぼりさんは、新興国→先進国です。

Comment


★小黒とらさん、コメントありがとうございます〜★


> 英国人に、Would you?なんて言われると、丁寧だなーと思いますね。
→「英国紳士•淑女」ブランドが効いているのかもしれませんが、本当に丁寧な感じです。


> でも、相手が「Would you mind if I〜」と聞いてきたら、
> No、Yesを間違えて答える自信があります。(笑)
→おぉ!まさに!私にとっても間違いポイントだったんですよ〜。そういう表現こそ積極的に練習しなさいって指導されて、素直に頑張っていたんですよね〜。Couldn't care lessなど、練習している間に口癖になっちゃって困っているものもありますから、最近はポジティブな言葉だけ練習するようにしています。

のろのろ |  No.101


★★


こんにちは
英国人に、Would you?なんて言われると、丁寧だなーと思いますね。

でも、相手が「Would you mind if I〜」と聞いてきたら、
No、Yesを間違えて答える自信があります。(笑)

小黒とら |  [ 編集 ] No.100


★MMさん、コメントありがとうございます〜★


> Would you? Could you?が有り難いというのは気づきませんでした。。
→私も最初気づかなくて「Would you mind if I〜」みたいな表現をよく使っていたのですが、新入社員面接で候補者から「あなたの英語は訛りが強いし、表現が間違っています。」とか言われてプリプリ怒った事があって、それ以降、観察していたのです。Youベースがより丁寧なのかはわかりませんが、命令形で降りてくるより疑問形の方がはるかに優しく感じます。下手すると、「I want sty」から、相手の意図を汲み取って行動する事を求められますから、ある意味凄くレベル高いのかもしれませんが...


> ~ you?の表現を聞く事があるのですが、当たり前と思わず有り難いと思うようにします!
→いぇいぇ。おのぼりさんデビューしなくてもいいと思いますよ。爆笑。


> ちょっと話が逸れるかもしれませんが、僕はアメリカ人のトイレでの手洗いの時間に先進国らしさを感じます笑
> 日本人もしっかり洗う方かと思いますが、アメリカ人はどんな人もその3~5倍位洗っています。
→あぁ!確かにそうかもです!!
→アメリカのサービスオフィスやレンタルミーティングルームだと、お手洗いにコームとかマウスウォッシュとかいろいろ備えてあったりしますよね!ホテルのスパかとびっくりしました。

のろのろ |  No.99


★★


のろのろさん

Would you? Could you?が有り難いというのは気づきませんでした。。
~ you?の表現を聞く事があるのですが、当たり前と思わず有り難いと思うようにします!


譲り合いができるというのは、もしかしたらイギリスが先進国であるが故の余裕があるのかな、と思いました。

国が発展すると、人々に余裕が出てくるのかな~と。

ちょっと話が逸れるかもしれませんが、僕はアメリカ人のトイレでの手洗いの時間に先進国らしさを感じます笑

日本人もしっかり洗う方かと思いますが、アメリカ人はどんな人もその3~5倍位洗っています。

しっかり教育が行き届いているな~と感心してしまいます。

MM |  No.98

コメントを投稿する
記事: イギリスの好きなとこ1: After you

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback