うり坊っぽい子鹿に遭遇

うり坊っぽい子鹿に遭遇

ツノが生えかけの、まるまると肥った「うり坊」遭遇しました。
しかも2匹。
しかも会社の敷地内で。
私も相手も、それはもうびっくりして、一目散に逃げ出しました。
2匹目は、最初の子が逃げ出したのにびっくりして、逃げ出したみたいな感じでした。野生の感って、思ったより鈍いのかもしれません?


えーと。
イノシシって、ツノとか生えるんだっけ?
と、Googleするも、ツノの生えたイノシシ見つからず...

同僚などに聞き取りを行い、あれらは子鹿だったのだろうという結論に至りました。まぁ、鹿と言われれば、そうなのかもって感じです。
しかし、「バンビ」のイメージと違いすぎて、ちょっとショックかも。


そういえば、前回の帰省時、何やらぷりぷりした動物が、のそのそとお隣さんに入って行ったのを見て、「お隣さんは何を飼い始めたのか?」両親に聞いてみたら、「おそらく飼っているわけではない狸だ。ここ数年、出没するようになった。歓迎されてはいない。」との事。これまた「ぽんぽこ」と全然違うし...

実家現役の頃には、見た事がない未知の動物で、何なのか分からなかったというね。赤っ恥。野生の動物は意外と近くに存在し、そしてイメージと異なる姿をしている模様です。

Comment

コメントを投稿する
記事: うり坊っぽい子鹿に遭遇

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback