ビーチフロント東向きの部屋で南インドと、終日霧が晴れない南イングランド

ビーチフロント東向きの部屋で南インドと、終日霧が晴れない南イングランド

昨日は、終日霧がかかって暗い1日でした。今頃南インドは生暖かい冬を迎えている事でしょう。

インドの2年間、ビーチフロントに住んでいました。

インドの形はシンプルで分かりやすいかと思いますが、東側のコーストは南東を向いています。我が家のフロントコーストは、真東に近かった感じです。一年を通してずっと海から朝日が昇るのを眺めている事ができます。夏⇄冬で日の出の方角が北⇄南へ移動していく様子も身近に観察でき、海の近くに住んだ事がない私にとっては貴重な体験でした。


※トイレの普及率が50%以下で、携帯電話より少ないインドでは、ビーチと線路は、壮大なる公共トイレなので、決してビーチへは行きませんし、ビーチフロントに住む際は、住宅街を厳選する必要があります。津波もありえますから、ある程度覚悟が必要です。


ビーチが広いので、水辺は遠いのですが、普段はほとんど意識していないものの、波の音が止みません。(まぁ、当然ですが)

意外と波の音というのはひっきりなしに聞こえていてもストレスが溜まらないものですね。イギリスに来てから耳鳴りがひどいのは、静かすぎて何も聞こえないからかもしれません。

寒くて、暗くて、静かすぎるイギリス。それでも秋の美しさ深まるにつれ、来れて良かったとしみじみ感じます。


余談:
海に夕陽が沈むのを観るのが好きで、休暇で出かける際は、必ず西側のコーストを選びます。しかし、住むなら断然東側のコーストがいいと思いました。日本でいうと沖縄、宮崎、大分、鹿児島辺りが暖かそうでいいのかも。

祖母が亡くなった時、フライトがなくて、羽田で降りて、鹿児島から上海に戻った事があります。その時鹿児島の空の素晴らしさに惚れ惚れしたので、鹿児島に1票かな?あと、パイナップルボンタンアメ、また食べたいです。

Comment

コメントを投稿する
記事: ビーチフロント東向きの部屋で南インドと、終日霧が晴れない南イングランド

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback