「知っている」と「会得している」の大きな差

「知っている」と「会得している」の大きな差

インド時代の話です。
ベジタリアンやベーガンが多い国です。
カーストで上の方だったバラモンさん達は、私の知る範囲ではベーガンが多いです。取引先との会食時は、相手の方がベーガンかもしれないので、念のため生臭は頂きません。お酒も飲みません。


極力、相手国の方に合わせた食文化に心を砕きます。
(言い訳はこれで十分かな?)



そんなある日のふとした会話:

相手:のろのろさんは、草食系ですか?
私: え?(その言い方だと)普通に雑食です。
相手: え?
私: え?(...... はっ!)


「草食系男子」や「肉食系女子」などの言葉はもちろん知識としては存じていますよ!ネット大好きだし。でも、それらの日常生活で一度も使用したことがないので、実際に使われても、すぐに反応できなかったんですね。


うわぁ〜。今思い出しても恥ずかしい!
恥ずかしくてお会いしたくない人って、いませんか?
長い人生、ひとりやふたり、いても仕方ないですよね。

うんうん。
どんまい。私。

Comment

コメントを投稿する
記事: 「知っている」と「会得している」の大きな差

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback