(愚痴) そんな茶番みたいな組織編成にするなら下ろしてください。

(愚痴) そんな茶番みたいな組織編成にするなら下ろしてください。

と、「上司の上司」に言っちゃった。という...
ふふふ。


一応、上司にも報告。
気苦労ばかりかけてごめんよ。上司。
(多分、他人事扱い)


縦のライン以外のワーキンググループやプロジェクトグループが、幾つかあって、この「上司の上司」は、とあるプロジェクトグループのリーダーさんです。


このプロジェクトグループは、上司の目に届かないので、ほとんど評価にはねません。報酬なんて全く変わりません。通常の仕事も減りません。このためメンバーになってしまったら、「心意気」で仕事をしている状態です。

同グループには、リーダー(=上司の上司)、サブリーダー(=私も含めた5名)とメンバー(20名ほど)と事務局2名がいて、業務負担量が大きく異なります。

1番頭にきているのが、何やら偉そうにしているご意見番、ケチをつけるのだけは一流のメンバー層です。自分らは何もやらないで、サブリーダー達が頑張って出した成果を上から目線で評価し批判したりします。はっきり不愉快です。


まぁ、これは、使い方の問題で、メンバーの人力を活かせないでいるグループ運営者側(リーダー達)が悪いのです。それでサブリーダー達がメンバーを数人ずつもらって「才能達」を活用する組織編成を提案しました。


そうしたら、1番批判がましい数人をサブリーダーに昇格させるという提案が...
テーマがあって任せてみようという感じでもなく、他のサブリーダーの批判を大々的に行える立場にして、やっぱり仕事はなしってことです。

もしくは他のサブリーダー達が、プロジェクト慣れしていない彼らが「苦しゅうない」程度に咀嚼した一部分を献上した上で、成果も準備してあげないといけないでしょう...


「上司の上司」は、凄い努力家で思いやりのある素晴らしい方で、インド時代の最低上司の代わりにご多忙な中、拠点を率いてくれた救世主でもあります。この為、私の「心意気」レベルも高かったのですが、「誰かのお気に入り」の神輿担ぎなんて、流石にバカバカしくてやっていられません。

それで、掲題、「そんな茶番みたいな組織編成にするなら下ろしてください。」に繋がったわけですね。小島(UK)で茶でも啜って眺めてますよ。

ふんっ



余談:
うーん。どうも勢いのある文章にならないな〜
説明しすぎなのかな?

Comment

コメントを投稿する
記事: (愚痴) そんな茶番みたいな組織編成にするなら下ろしてください。

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback