♣早期リタイア2: 当面目指すべきは、早期リタイアではない。

♣早期リタイア2: 当面目指すべきは、早期リタイアではない。

要は、先に普段の消費行動を見直さないと、辞められるほど貯まらないという記事なんですが…


私、ケチなの


2014年夏頃から、二言目には「私はケチなの」と言っては、母に爆笑されております。
早期リタイアしたいと思い始めた頃です。

何故爆笑なのかと言うと、帰国する度に妙な物にはまって帰ってくるが「ケチ」は、晴天の霹靂だったそうです。
最近は、小慣れたもので「うんうん。頑張れ、自己洗脳。」と返ってきます。

まぁ、それ程に、節約の発想がないタイプです。


従来の私の考え方


・ 楽しく稼いで、気持ちよく使おう!
・ 貯金は、年末の銀行口座残高が昨年より一円でも増えていればOK!
・ いつ死ぬかわからないのにお金貯めてばかりで、人生楽しみ忘れると後悔しそうじゃない?


それでも一応300万円という貯金目標はありました


自分の葬式代と身の回り品処分代です。
そしてこれを貯めるのに5年かかりました。


いやぁ〜、「後悔」の定義が「蓄えてこなかった」に変わる日が来るなんて、想像出来てませんでした〜
同期や友人から生活の知恵を教えてもらっても「守るべきものがあるって、違うね〜」と目をパチパチさせていただけでした。


では、早期リタイアには、いくら必要なのか?


リタイア界の大命題ですね〜。
私の場合、現時点で精査しても意味がないので、ざくっといきます。


前回日本に住んでいた時の年間支出の平均額435万円*1) X 今年から平均寿命までの年数*2) = 今の価値で2億円ぐらい*3)
どっしゃ〜

*1) 就職前、出国前のそれぞれの口座残高と、当該期間の銀行口座の入金履歴、当該就労年数から算出。
*2) これ、とりあえず平均寿命にしたのですが、私と同じ歳でも、男性か女性かで、7年分、3千万円以上違ってくるんですね。
*3) インフレ予測できないので、濁してみました。居住国変えたくなる気持ちわかってきました。



2億円って、いくら?


2億円、ですよね😅
あまりに大きくて、思わず、ね。

いやぁ〜。無理無理ですね〜
これね、まず年間435万円は、使い過ぎなのでしょうね〜〜
気持ちよく使っていた事は確かですが、贅沢していたというつもりはないんですよね〜
何にこんなに使っていたのか思い出せません。汗。


典型的な浪費家タイプ


「贅沢していたつもりはない。」って、典型的ですね〜
「勿体無くて使えない。」が、正しいケチ、との印象です。

リタイア界を1年間見学して、不要な出費はすべて贅沢という考え方にも慣れはじめました。
2013年380万円だった年間支出は、2014年には153万円にまで下がりました。
一応学習成果はあがっているように見受けられます。


目下の目標


という訳で、私の目下の課題は、「支出を抑える事を喜びとする事が出来るか?」に尽きると考えております。

良記事満載のひとり配当金生活を書かれているさいもんさんがおっしゃるところの生活者の路線を目指すのです。
※記事原題: 早期リタイアと預貯金額の関係,2015-6-20


以前、同じさいもんさんのブログに「達人級の優れた生活者」という表現があって、「早期リタイア」と同列に素敵な響きだと思って気に入っています。書かれたご本人も、誉められた方も、忘れちゃっている感じがしなくもないですが。


次回は、節約について書いてみたいです。
※今日も、頑張った〜〜

Comment


★Re: タイトルなし★


O.Aさん、コメントありがとうございます!
コメント欄でお見かけする方と記事でお見かけする方が繋がって、おぉ〜っと感動しました!
そもそも余計な物がありすぎたのでそれを有効活用する事と、なくても生きていける物を買わなかっただけだったのですよね〜。
私も昨日銀行口座履歴を調べてみてびっくりしました。家計簿系は苦手なんです。あはは。

のろのろ |  No.6


★★


初めまして。
たった一年で支出を200万円以上引き締めたのはすごいの一言・・・
次回記事、楽しみにしております^^

O.A |  No.5

コメントを投稿する
記事: ♣早期リタイア2: 当面目指すべきは、早期リタイアではない。

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback