駐在員と社用車

駐在員と社用車

欧州では、駐在員とその家族に社用車を支給するところが多いのではないでしょうか?
車を買ってもらえて、保険もかけてもらえて、私用・社用に関わらずガソリン台ももらえて、維持費も出してもらえる。
そんな感じでしょうか?


欧州の地方都市では社用車を使った方が楽ちん


通勤や近場の出張が楽になるので、上司から社用車の使用を勧められます。現在UKには社用車が存在しないので、恐らく新車を買ってもらえます。

それでも私は車を手配してもらっていません。勤め先の欧州駐在員で社用車を使用していないのは、私だけです。公共の交通機関で十分だと主張し続けています。


私は免許を取ってからかれこれ20年弱(もうそんなに?)運転した事がありません。今更こわくて運転できません。イギリスは日本と同じサイド、って、そういう問題ではありません。幸いなことに中国、インドでは駐在員は運転禁止でした。

それに今となっては移動時間は、大変貴重な「ブログを書く」時間です。


公共の交通機関は時間のロスが多い


しかし最近になって、心が揺れるようになりました。通勤バスの待ち時間が寒いし、暗いです。乗り換えがあるので、風雨に晒されること30分、なんて事もあります。お腹壊しちゃいます。電車の時間に縛られない事で、出張が日帰りにできるものが増えるんですよね。


日本帰国時、自動車教習所のペーパードライバーコース(?)に申し込んでみるか、念のためUKで教習所に通い直すか、などとぶつぶつ考え始めたのでした。

Comment

コメントを投稿する
記事: 駐在員と社用車

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback