イギリスの好きなとこ3: 公園で昼寝

イギリスの好きなとこ3: 公園で昼寝

この記事を仕上げている12月6日現在は昼の時間が短いです。つい先週、英国人の同僚が、「Good eveningは、何時からなんだろう?」なんてつぶやいていたのですが、「3時じゃない?」と返しておきました。暗いです。現在のイギリス。


公園でお昼寝できる安全さ!


兎も角も、私がイギリスに再上陸した6月は真逆で日照時間がとても長く、涼しく、屋外で昼寝するのに最高の季節でした。(安全だと思っているのは私だけかもしれませんが…)


公園へ行って、木蔭を探して、バックパックを枕に横になる。
風が強い日は、窓を全開にした部屋でブランケットにくるまって、ごろごろしていると本当に安らきました。

子供の頃、祖母の家に遊びに行くと昼寝をさせられていたのですが、それは決して私たちの為ではなく、祖母のお気に入りの日課だったのだろうと思われます。血は争えません。


6月から8月までは、観光に行ってあくせく動き回るなんて勿体無いと思ってしまう程の公園日和が続きます。
芝生の上は、見た目ほどふかふかではありませんが、イギリスの公園は他の欧州の公園より安全なので、ぐっすり寝ちゃっても大丈夫っぽいです。

夏がとても待ち遠しいです。

Comment

コメントを投稿する
記事: イギリスの好きなとこ3: 公園で昼寝

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback