機嫌が悪い友人に出くわし、営業職人フラグ刺さる

機嫌が悪い友人に出くわし、営業職人フラグ刺さる

お正月帰国記2です。

運転ができないので、実家にいる間、車で出かける際は家まで迎えに来てもらえます。乗車時点でそうとう機嫌が悪い友人がいました。あちゃ〜って感じだったけど、そんな人初めてでした!

きら〜ん。と、
営業職人フラグが刺さってしまいました。

正月早々、難関でした。この人は3歳の甥っ子より大変でした。


「相手の機嫌は敢えて踏みつけて、こちらはとことん楽しそうに話す」戦術にしました。帰国してからテレビでみたお笑い芸人や時事ネタ、いろいろ振ってみて、最も反応が悪かったのが、釣りバカのメンバーチェンジで、ブレークスルーは、紅白でした。

私はもはや新しい歌手とか全然わからないから、サブちゃんいなかったね〜とかそんな事しか言えないのですが、それが良かったみたいです。口が滑らかになりいろいろ教えてくれました。
※はまちゃんがスーさんに変わっていたのは、非居住者的には大事件だったんだけどな〜。

目的地到着までには、機嫌が直って、和気藹々と過ごせたのですが、あとで運転してくれた友人からこっそりと「いつもあんな感じだから、そんなに甘やかさなくていいよ。今回も誘うか迷ったんだけどね〜」と耳打ちされました。うぉ。この人、いい人だな〜と思いつつも、



(営業職人的には)攻略できた達成感などを感じていたし、あやすと機嫌が良くなる人ってかわいいと思っているし、こちらも気を使わないという選択肢があるタイプなので、付き合いやすい方じゃないかと思うのですが、傍目には違うようです。

耳打ちしてくれた友人はいい人なので、この人には嫌われたくないな〜と思うと、方法は接触回数をミニマイズするぐらいしか浮かびません。

私と関係ないところで既に機嫌が悪かった人は、怒らせてしまった感がないので、後に私由来で機嫌が悪くなる事があったとしても割と平気でいられそうです。「お腹すいたの?なんか食べようか?」なんて言葉に誤魔化されてくれるかもしれません。


打算的というか、腹黒いね。私。
苦笑。



Comment

コメントを投稿する
記事: 機嫌が悪い友人に出くわし、営業職人フラグ刺さる

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback