貯金とダイエットとストックとフロー

貯金とダイエットとストックとフロー

はい。ごめんなさい。
早期リタイア界の皆さんがたまにやっている4単語並びのタイトルをつけてみたかっただけです。

兎も角も、「ストックを増やすための貯金」と「ストックを減らすためのダイエット」は、フローの制御の方向が逆なだけで、結局イン、アウトの双方をコントロールしないとダメだという点では同じなのかもしれません。

※早期リタイア界には投資をしたり、アフィリエイトをしたりして、インフロー(収入)を増やすというか、分散させるというか、止めない仕組み作りをされている方が多いみたいです。この為、ストック(貯金)はあまりいらないとされる雰囲気もありますが、私は身の程を知っていますので、アウトフロー(支出)を絞る訓練とストック(貯金)を増やす方向で努力しています。



ダイエットにおいても、歩く(アウトフロー)じゃダメで、食事制限(インフロー)からも目を反らせないんでしょうね、です。今回は、諦めが早かったよ私。ムチ(腰痛)がかなり効いていますね。


ところで...
ストックとみなされるものの単位は、熱量でいいのかな?

(イン) 1日の摂取カロリーとかって言うもんね?

(アウト) 重さ(kg)を減らしたいんだけれど、重さを持っているものは脂肪で、これを減らすには燃やす(使う)しかないんだよね?「脂肪を燃焼させる」って言うもんね?

燃やす効率を上げるために、基礎代謝をあげたり、有酸素にこだわったり、するのだよね?


レベル低すぎかもしれないけど、わからないものは仕方ない。取り敢えずGoogle。
考え方が似ている記事発見して、ちょっと安心しました↓
http://matome.naver.jp/m/odai/2137722959588677701


それにしても。インフロー(食べる)のコントロールの方が、圧倒的に負荷が低そうですね〜。
なるほどね〜。だからダイエット界の皆さんは、運動ネタより、食事ネタが多い感じなのね〜。ふむふむ、です。
※1kg減らすのに、フルマラソン3回って、ムリ!

カロリーを計算しながら食べるって、なんとなく閉塞感があって嫌だな〜。とか、いちいちカロリーを調べるの面倒だな〜。なんて、甘っちょろい事を考えておりましたが、フルマラソン3回よりは、マシです!

知識は大事ですね。



余談:
重さの単位はstoneやpoundなどのわかりにくいImperial systemの方が目立っていましたが、熱量の単位はSI系のjoule(=ジュール)を先に書いていますね。ダイエット界の皆さんは専らカロリーと表現されていますが、日本でもジュール併記なのかな?

ジュール併記

Comment

コメントを投稿する
記事: 貯金とダイエットとストックとフロー

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback