黒ちゃん頑張っちゃった: マイナス金利政策

黒ちゃん頑張っちゃった: マイナス金利政策

※マイナス金利記念投稿なので、1月31日までの期間限定記事です。

黒ちゃん
黒ちゃん


黒ちゃんがとうとう「マイナス金利政策突入」です。

話題になっていたのは、「わかりにくい」らしいこと。欧州各所での類似の施策と比較しても奇異なレベルなのかな?

それから↓の記事の反対意見

量的・質的金融緩和の補完措置導入直後のマイナス金利の導入は資産買い入れの限界と誤解される恐れがある


http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1LK8H6JTSEC01.html


はい!はい!私も一瞬そう思った。だって昔マリオがQEに踏み切れなかったのは買えるものが少ないからだと思っていたからね。

その点、黒ちゃんは、悩みは(=選択肢も?)少ないのかな?まぁ、買うものがなくなったというより、QEが先に出来たので、買い入れに満腹感が出たタイミングで、余計な損失と障害を最小限にして、「マイナス金利」に入ることが出来てよかったのかもですね。

日銀、世界の流れしっかり見ながら必要な仕事している感じが出てます。出てます。

だいたい、頑張って買い入れしてBS大きくなっていっているのに、活用されなければ意味ないじゃん?黒ちゃんが期待される経済成長用の準備金は十分ですぜと判断して、経済成長の方に流れ易い仕掛けを取り入れてみたのは、「わかり易い」気がします。


※上記が前置きです。私の解釈だいぶん世間ずれしている、若しくは大いに間違えているのだと思います。これを踏まえて、下記本題です。



昨日は帰宅が心待ちで、上司が電話でも「金曜日はご機嫌だね〜〜。」と指摘できる程にニッコニコで、そさくさと帰宅しました。


私にとっての「マイナス金利政策」は、「お気に入りブログの発掘のまたとない機会!!!」なのです。私の生活を豊かにする為の非常に重要な局面です。待ってました〜〜!です。


日本でも割と騒ぎになっているようです。ブログ村の早期リタイア界、株日記カテ、米国株カテ、資産運用カテ、梯子に梯子を重ねて関連記事を読みまくりました。

何故なら...
最近、自分の理解と日本メディアになんとなしに隔たりを感じて、ちょっとしたアイデンティティクライシス(←何歳ですか?)でございました。隔たりは悪くはないんです。間違えているなら気づかせてもらえる記事を読みたいです。具体的にどごがずれているのか知りたいです。こういうのは、ブロガーさんたちがご自分の言葉で書かれているのを読むことで気づくことができたりするのですが、ブログ発掘は大変です。

今回の様な「おおごと」があると、皆さん記事をエントリーされますし、個々の考え方がいつもより明確に表現されますので、大チャ〜ンスなのです。バックグラウンドがないのでこういう機会に学習するしかありません。


逆に正誤に関係のないところでいえば、相場関係で「じーんと染み渡る感じ」のブロガーさん、何故か早期リタイア界に集中しています。相場系は私の生活の中心ではないのでゼロじゃないだけで十分だと思ってはいるのですが、この辺の合わせて発掘できたらな〜っと思っています。


というわけで、引き続きブログ発掘に勤しみます!
ウホっ。



追記:
もっと手っ取り早い方法があるかもです!
この記事を読んでくださった方で、オススメブログがおありでしたら、ご教示くださいませ〜〜!自薦他薦問いません〜

Comment

コメントを投稿する
記事: 黒ちゃん頑張っちゃった: マイナス金利政策

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback