道を間違えているかもと焦るとき

道を間違えているかもと焦るとき

Ghent

ウォータープルーフの必要性を感じたとき

ウォータープルーフコートにマジックテープが付いていたとき

電車のチケットを胸の中ポケットから出すとき

雨が落ちてきたら、傘をささずに迷わずフードを被るとき

風が吹いてきたら、無意識にフードの締まり具合を調整するとき

指がかじかむ中、写真を撮っているとき

手袋をはめ直した後、無意識に袖のマジックテープの幅を調整するとき

ウォータープルーフコートのジッパーに紐が付いているのをありがたく思ったとき

太陽の場所を確認するとき

朝満充電だった携帯が日中電池切れを起こすとき

3泊4日の持参品をバックパックに詰めるとき

靴の紐を解くとき

夜8時に寝落ちするとき

今週末は何処にも行かないと言ったら、同僚ががっかりしたとき

道そのものに間違いなどなく、自分にあっていない道を選択することが間違いだと気づいたとき

自分の旅に誘える人がいないと気づいたとき



解説
インドア派だったので、ウォータープルーフなど必要なく、ウォーキングを始めて最初に抵抗感を感じた言葉が「ウォータープルーフ」でした。

「ウォータープルーフ」の必要性から、アウトドアアレルギーを乗り越えて、専門店でそさくさと買ったジャケットの色々なところに「マジックテープ」がついていて、かなりびっくりしました。え?ボタンでもジッパーでもなく、マジックテープ??っとなりました。

バックパックを背負って出かける様になってから、都度下ろすのが面倒でパッと必要になるものをポケットに入れる様になりました。それまでポケットにものを入れるのが好きではなく、バッグに入れていました。

イギリス人は傘をささない人が多いのですが、現地化してきたという意味ではなく、傘が用をなさない程の風が吹いているところを歩いていることも多いから、フードが習慣になりました。

より風が強いときは、フードも取れてしまうのでフード横っちょの紐で調整するのですが、ほぼ無意識に締めたり緩めたりしています。

「写真」が1番意識が変わったと思います。最近興味深々です。10年で80枚しかなかったのに、今年だけで100枚以上あります。これはブログを始めて本当に良かった!

最初、ショックだったマジックテープですが、手袋をつけた状態で調整ができる素晴らしいツールでした。iPhoneで写真を撮るとき、どうしても手袋をつけたままでは作業できなくて、つけたり、外したりする毎に、コートの袖のマジックを調整するのですが、この作業もほぼ無意識になりました。


ジッパーに紐が付いているんですよ。紺のコートなのに、黄色い紐です。
これも手袋をつけたまま、開閉できるので凄く便利です。今まで紐が付いている服を持っていませんでした。

太陽の高さで、後何時間外に居られるか確認します。太陽の場所で方角を確認します。普通の人は「東西」を確認しているのかもしれませんが、私は「南北」の方がわかりやすいと思います。ちなみに太陽は、泥んこウォークのときよりも、シティーウォークの時により活躍します。

割と行き当たりばったりなので、携帯で調べながら動いたり、写真を撮ったりで、電力消費が激しいので帰宅まで持たせるのが大変です。移動中の電車やバス、レストラン、カフェなど、あらゆるところでチャージしています。インドア派は実際に切れるまで使ってもすぐ電源にさせばいいだけですが、外で電池切れを起こすと歩数を数えてくれなくなって超ショックです。フィットビット買って歩数を別のツールで管理して、カメラ買って電源消費を抑えて、みたいな発想をしている自分がなんかもうちょっとこわいです。


欧州道が悪い(石畳みなど)のでスーツケースゴロゴロし難いんですよね。出張+ウォーキングを組むにあたってラゲージ型からバックパック型に変えてみました。重かった...夏はいいかもしれませんが、冬は色々嵩張ってダメですね。ホテルはハシゴしない日程の組み方をしないと肩が潰れちゃうかと思いました。って、なんでそこまで攻めてんの?って感じです。

靴の紐を解かないと脱げない靴なんて、ウォーキングシューズが始めてです。
履くときに毎回締めることはありましたが脱ぐときはするっと脱げていました。後はジッパーとか?
靴を脱ぐのに紐を解く。新鮮です。

寝落ちが8時は流石に早いよね...「身体が疲れる」の威力、凄いです。

周りの人も少しずつ変わるというか、これが最も衝撃です。「週末何するの?」海外生活で避けられない会話です。つい数ヶ月前まで「いつも通り、リビングで昼寝」と答えても、「あぁ〜、いいねぇ〜。」と返してくれていた同僚が、「え?何処も行かないの?」とがっかりしていました。え?私そもそもコクーン派ですけど??

タイトルで旅先で道に迷った時の話を書いていると思っちゃった方、申し訳ないです。私がインドアから離れていっている事を「道に迷いつつある」と本人が感じているという事です。道が間違っているわけではなくて、通る方が自分に合わない道を選んでいる事が間違えているわけですよね。肝に銘を打ち付けているところです。

最後に、インドアの趣味って割と「誰かと一緒に」出来たりするというか、一緒にいるけど違う事をやっているも含めて人との交流が残るわけなんですけど、行き当たりばったりの旅って他の人が一緒だと気を使っちゃって無理だと思うんです。事前計画に賛同して集まるメンバーとは違うでしょうし。というわけで、なんだか一段と人と協調できない我儘人間度が増した気がして、人として危機感を持った方がいいかもと思ってしまったというわけです。あはは。


ここまで長々と読んでくださった方、もしいらしたら、感謝です。
これの再編集、分割作業は難しすぎて無理なので、このまま公開させてください。

Comment

コメントを投稿する
記事: 道を間違えているかもと焦るとき

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback