💎イギリスの洗濯機の乾燥モード、1時間42分、長すぎる...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

💎イギリスの洗濯機の乾燥モード、1時間42分、長すぎる...

引っ越しして、自宅で洗濯物が洗えるようになりました。
ぼったくりなコインランドリーや手洗いから解放され、幸せいっぱい!

洗濯物干しがない…

我が家の洗濯物干しは、引っ越し荷物に入っています。

そんなものまで引っ越し荷物に入れたのか?っと思われそうですね。

国際引っ越し3回目。毎回買い直すのが面倒なんです…

掛けられるところが少ないので、毎日少しずつ洗っています。
家のいたるところに洗濯物がぶら下がっていて、インテリア的には最悪です。

洗濯乾燥機の乾燥モードを使ってみる

昨日は少しものぐさして、乾燥モードを使ってみました。
Gentle Dry (=優しく乾燥?)で、1時間40分。
え?長くない??
いろんなボタンを押してみるも短くなりませんでした。

30分ぐらいして、普通に干そうと思い直して、停止ボタンを押したら、一時停止はしたもののキャンセルはされません。
スイッチを切ってみたらキャンセルされたものの、取り出し口が開かないのです!!!
ぎゃ〜〜

取り出し口を開ける方法をいろいろ試してみるも、結局わかりませんでした。
開けるためにはもう一度洗うか?それとももう一度乾燥するか?

Intensive Dry (=集中乾燥?)なら短くなるのでは?なんて思って、試したのが次の間違いでした。
再度、1時間40分...
あぁ、洗濯物を干すだけでも一苦労な外国生活。
楽しいですよ…
とっても…

何をやっても楽しい、新婚カップルにおススメ。
号泣

Comment

コメントを投稿する
記事: 💎イギリスの洗濯機の乾燥モード、1時間42分、長すぎる...

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。