早期リタイア4: 人生の決定的瞬間

早期リタイア4: 人生の決定的瞬間

なんと!第一と第二の決定的瞬間と、2つもあります。(ズル?)


貴方の人生の決定的瞬間を教えてください


元上司の方が、新しい管理職研修の話をされていて、「自分の人生の決定的瞬間など」を端的まとめて話すプログラムについて共有してくれました。

決定的瞬間自体はトピック例の1つでしかなかったのですが、とても引っかかりました。

試しにその方の決定的瞬間について聞いてみたら、凄く感動的な話を聞かせてくれました。


人生の決定的瞬間がなかった!!


「貴方の人生の決定的瞬間は?」と、聞き返されたのですが、私は何も思いつけませんでした。

その日の日記(手帳の方)には、「私には人生の決定的瞬間がないぞ。はて?」と書いていました。
のんきなものですが、ないと気づいたその瞬間が、私の第一の決定的瞬間になりました。

「決定的瞬間とは」とGoogleしてみたら、「重要な事柄がおこる、その瞬間」と返ってきました。「決定的瞬間」をGoogleすると、実際にその様な使われ方をしている様です。

そして、その様な出来事が、思いつかなかったのです。うーむ。

仕方なしにイベント自体に衝撃がなくても影響が大きい、Defining Moment: an event which typifies or determines all subsequent related occurrences. (その後に起こる全ての関連事象の典型となる、又は決定づける出来事)も探してみましたが、うまく見つかりません。

「仕事が見つからなかった→海外逃避した」などのネガティブなものは、沢山ありましたけれどね。


ない袖は、振れない


ちょっと違うかな?
ないものはないんですから、どうしようもありません。でも興味が湧きました。
その後、聞きやすい人には、聞いてみるようにしました。恥ずかしがって言わない人もいましたが、みんな何らかの決定的瞬間をそれとして記憶しているようでした。

そういう訳で、私の日記には、他人の人生の決定的瞬間が詰まっています。やれやれ...

のんきが取り柄というか、決定的瞬間が見つからない自分の人生を悲観するタイプじゃなくてよかったと思います。でもこの日から、決定的瞬間センサーがオンになった感じです。

と言っても、ある事がきっかけで起きた次の事柄の元ネタを覚えておく様な力が働くだけです。


第2の決定的瞬間らしきもの


SOUTAi40のKotaroさんの記事、早期退職して後悔した、たったひとつのことを読んだ時です。

早期リタイアブログには、良記事が満載で、とても刺激になりますし、勉強になります。
本を買うのを辞めても全く困らないほど、読み応えがあり、話題もつきません。


でもこの記事はなんというか、極プライベートな意味で別格なのです。
反面、どなたにでも当てはまる普遍性を持っていると思います。
是非読んでもらいたいので、詳しくは書かないようにします。

早期リタイア関係ではありませんが、「心の何処かで信じていること」が私にもありました。
そして「本当の答え」は、記事の中に示しているところにありました。
私の場合、10年我慢して、そのうち7年迷っていました。

この記事のお陰で、決断をし、行動を起こせました。
そして今は、似たような後悔をしています。


Kotaroさんの記事はストレートに訴えてくるもの、シニカルでニヤリとさせられるもの、いろいろですが、個人的には書評が大好きで、老子とか鴨長明とか古典をこういう風に卸せる人って凄いな〜と憧れます。

Comment

コメントを投稿する
記事: 早期リタイア4: 人生の決定的瞬間

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback