のろのろとランチ2/5: ブルガリア人とイギリス人

のろのろとランチ2/5: ブルガリア人とイギリス人

関連記事:
のろのろとランチ1/5: ポーランド人とイギリス人

※勤め先の近くにはランチをとるところが1箇所しかなく、周辺の会社員が集結し、相席になります。


とある火曜日のブルガリア人(以下、ブ)とイギリス人(以下、イ)と私。

このイギリス人は、常に不機嫌な為、みんなから恐れられています。昨年末65歳で定年退職を迎えたのですが、たまに遊びに来ています。


イ: 定年退職って、いいわよ〜♪ストレスないし、時間に追われないし、嫌な奴には合わなくていいし、とにかく自由なの!めちゃめちゃオススメよ!早くリタイアした方がいいわよ〜♪

私: いや、オススメされても、選択肢ないし。

ブ: イギリスである程度貯金して国に帰れば、物価も違うし、少しは早く辞められるかもしれないけど、それでも後20年は働かなきゃ!

イ: そう、大変ね〜♪じゃ、私、これからピラティスなの。またね〜。


イギリス人、帰る


私: 彼女のあんなに幸せそうな顔、初めて見た!凄いね、リタイア。

ブ: イギリスには働かなくていいのに趣味で働いている人が多いのかな?「Highly recommended❤️」って、謎だよね。ってか、先の長い我々(共に30代)には、辛い仕打ちだね。

私: うん、私は望んで働いているわけじゃないからね〜。

ブ: うん、同じく。

(しんみり)


当人が幸せか不幸かに関わらず、他人を憂鬱にさせる人って、存在するのでありました。
※国籍は全く関係ないけれど、名前考えるのが面倒でして...
スポンサーサイト

Comment

コメントを投稿する
記事: のろのろとランチ2/5: ブルガリア人とイギリス人

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback