鼻持ちならない自信家と機会損失

鼻持ちならない自信家と機会損失

私は、基本的に自信家が大好きです。
あの人たちは強い!
理論武装が不要で、障壁が低い。


それでも、鼻持ちならない自信家は、存在します。
常に相手が間違えていると思っているタイプです。

双方ともに正解だけれども、現在のアセット、個人・チームの適性などを鑑みて最も効果が高いと思われる方法が、「現時点で」片方の意見に近いけれども、「将来的には」もう片方の意見が最適になる環境を目指したいようなことが多々あります。

また、「過去」には最適であっただろう方法が、「現在」は最適でなくなっているような事象も多々見られます。だからと言って、過去に意思決定を行った人が悪かったことにはならないのです。

自分が正解だと思うことと、相手が間違えていると思うことは、別のことなのです。

そして「相手が間違えている」という点を突き詰める必要はないと思っています。


赴任してからずっと、ある自信家に悩まされております。
「You misunderstood what I said」と書いていないメールはないと思います。

理解できないのは、常に私の方なのです。
私の意見は常に間違っている為、理解を改めるべきなのも、必ず私の方なのです。
どんな自信なんでしょうね?


先日、会議の後、議事録が回覧され、私の質問が正しく表現されていなかったので、修正をかけました。
そして私の質問に対する回答も、理解されうる最適な表現を持って修正されました。

それに対して、いつもの通り「You misunderstood what I said」と返ってきました。
続く内容も私の質問に対する回答ではなく、その方の発言復唱とその意図の補足です。
おかしいですよね?

会議の中で、質問の内容を正しく理解してもらうのに、15分ぐらいかかりました。
「XXの状況下、XXのような対処は物理的に可能か?」というYes/Noで回答できる単純な質問です。
議事録をみて、説明努力の後に、それでも正しく理解されていないことが判明し、がっかりしながら修正をかけました。
文書にすると少しわかりやすかったようで、反発が来ました。
「You misunderstood what I said」です。

その方がおっしゃったことが理解できなかったわけではありません。
私の質問とその回答とは無関係だったのです。

質問とは無関係な回答しか来ません。
なぜなんでしょうね?

こういうやり取りが1年ぐらい続いております。
問題の根源は、この方の盲目的な「自信」にあると想像しています。
自信の対象は「私が間違えている」という点です。
そして、「論破したい」と思っているのか、長文が返ってきます。


これがくると、上司に電話して、「自助的な解決の見込みはないが、あきらめるか?」とお伺いを立てます。

私の方ではあきらめ早く白旗あげてるだけなのですが、上司はどうしたことか、「私は論破したいと思えば徹底的に破壊することが可能だが、相手のメンツを重んじて身をひいている」と勘違いしてくれているので、上司の方でも相手のダメージを鑑みて、暗中に解決策・回答・決済をくれます。機会損失になるからです。機会は、商談、業務改善、プチイノベーションと様々ですが、疑問に思った当人の視点に共感することから始まります。その疑問に「機会」を見出し、規模とROIを評価するのが仕事です。「実行可能か?」は、「疑問」の次のステップです。これをうまくまわせておりません。「疑問」が間違えていると認定され、「回答」が得られないのです。

「長文を書いている時間(=ちいさい投資)」で解決する問題も多々あります。
現時点では需要が小さく「標準化せず、発生の都度対応」と決めるを事もあります。将来需要が増えれば、標準化や自動化をしていく必要がありますが、最初から標準化しなかったことについて責任を問う必要などどこにもありません。

誰かの「意地」の為に、「会議のための会議」「ご機嫌伺い」を行うことは、必要悪とは言えど、「悪癖」以外の何物でもなく、「組織成長の最大の阻害要素」であるという認識を上司と共有しているので、コントロール範囲内においては暗中に「直接解決」することが多く残念です。が、仕方がありませんね。

解決までのスピードとステップが短い柔軟な組織を理想としており、今の世の中に求められている正しいあり方だと思っている為、理想的なフローでなくとも、実質的な成功体験を積むことを優先しています。

但し、これも考え方が同じでない相手の方が間違えているのとは別の話なので、結局のところ、自分にできることを粛々と執行していく以外に方法はないのでした。

ぐちで申し訳ないです。共感してくれる人がいたらいいな~っと思い、書いてみました。
でもあれだな、こういう人にぶち当たる確率はかなり低く、「姿勢系」は被害は甚大なれど、範囲も度合いも評価不可能だし、ブラックスワンかもですね。


Comment


★小黒とらさん、コメントありがとうございます~!★


> こんにちは
> 「You misunderstood what I said」と書いてあっても、そのじつは「You and I have different opinions」だったりしますよね。(^^)
> misunderstandなら解消できますが、different opinionsなら違いを認め合って妥協するしかないですよね。
> んー、そういう話じゃないかもしれませんが・・・

まさにそういう話です!
different opinionsで違いを認め合って妥協するしかないのに、必ずmisunderstandと認知なさるところに、その方の揺らぎない自信を感じてしまうのです。最初は英語が苦手で違う表現を知らないのだろうと思っていたのですが、件数を重ねる毎にそうじゃないなと。

揺らぎない自信そのものは頼もしくてかっこいいんですけどね~。
あはは。

のろのろ |  No.250


★★


こんにちは
「You misunderstood what I said」と書いてあっても、そのじつは「You and I have different opinions」だったりしますよね。(^^)
misunderstandなら解消できますが、different opinionsなら違いを認め合って妥協するしかないですよね。
んー、そういう話じゃないかもしれませんが・・・

小黒とら |  [ 編集 ] No.249

コメントを投稿する
記事: 鼻持ちならない自信家と機会損失

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback