「何故か完成しない記事」の傾向と対策

「何故か完成しない記事」の傾向と対策

まず傾向は、「結論が出ていないもの」、「お金の話」、「心の声」のようです。
「私、今悩んでいるんです」みたいな記事が書けないということですね。


次に対策として、それぞれの記事にタイトルと3行アウトラインをつけてみました。


「内国給与と外国給与の配分変更をご希望の場合は、2週間以内にご連絡ください。」
現在の外国給与ポンド、次の任地と噂されるアメリカのドル、本国引き上げ先の日本円の長期見通しを検証。人生最大の逆風か。配分を変えてポンド受け取りを少なくしておくべきかも。


下落局面でも粛々と積み立て、って私だ。
駐在員の外国給与は、外貨の積み立てに似ている。今の状態は高値圏でインして下落相場にて粛々と積み立てているようなもの。今年の内国給与と外国給与の配分を変えないで、外国給与の引き上げで損を出さない方法はないかな。


(スピンオフ)5年間目減りし続けるのに耐えた中国赴任
2008年から2012年、人民元は目減りし続けた。2008年に受け取った給与は2012末迄に25パーセントも減価した。辛かったな。


(スピンオフ)赴任初期に急落を経験したインド赴任
何度か触れたバーナンキショック。急激なルピー下落中に、なす術なくインドルピーを受け取り続けたっけ。海外赴任って、修行だ。


(スピンオフ)イギリスでも絶賛目減り中な、私の外国給与
2015年の給与為替は1ポンド183円、今現在は155円。なぜ毎回こうなのか。ポンド資産の守り方を考える。


(スピンオフ)新興国とインフレと購買力平価と為替
割安だと言われても、新興国のインフレ率は高く、毎年積み上げていて、しかも10年くらい長く続いているから減価に要注意。ディフェンス用にポンドで買える割安新興国通貨、債権どれか。クロスレートにOECDのPPPに乖離率に金利に信用度ねぇ、探すのも英語読むのが面倒くさいな。

非居住者はマイナンバーがもらえない


日本に本帰国して、住民票を入れた時点で発番される様です。

☆関連記事☆外国人ライフのウラとボツ、「非居住者へのマイナンバー発番



マイナンバー。日本においてきた外貨口座への影響
マイナンバーとやらの影響で、口座解約やら非居住者口座への変更やら、柔軟性が乏しくなったっぽい。入出金にもいろいろな制約が入っているらしい。なんだか内国給与を増やすのも悩ましい。


(スピンオフ)マイナンバーの影響、日本にある銀行口座以外のアセット
定期預金証書(口座なし)とか、個人向け国債とか、証券口座とか、調べておかないと。金地金とか買わなくてよかったな。これ以上の面倒はごめんだ。



外国給与の引き上げに困ったら、HSBC Expat
Jersey islandとHongkongにしか支店がないけれど、ほぼなんでも電話とネットで解決できる。マイナンバーの導入で、内国外貨口座が使いづらくなり、これからのトレンドで、GBPUSDでの損を避けるにはいいかもしれない。しかし6万ポンドのデポジットって厳しいな。


イギリスでの貯金目標は、6万ポンド
無理だな。日本の口座を非居住者口座へ変更するとして、HSBC expatの最低デポジット6万ポンドを調達する方法を検証した。この為に給与配分を変えるのは本末転倒(皮算用済)だから、毎月の予算、変更か。


(スピンオフ)ジャージー島とマン島
ジャージー島の預金保護法について、ごにょごにょ調べた。ついでにタックスヘイブンを町おこし側の観点から調べる。香港の場合と比較。


(スピンオフ)ペイスリップと納税証明書は捨ててはならない。
日本へ住民票が入っていないと本人口座同士であっても日本側で外国からの送金の受け取りができなくなるという記事を読んだ。出国時に口座閉じられなくなるじゃない。そうじゃなくても黒いお金ではないことを証明できるのはこれだけなのにどこへいったっけ。


「ごめんなさい」が言えない
さっさと謝ったらよく眠れる。違うかな。悪いと思っているのに謝っていない状態は、含み損より耐え難い。


「ごめんなさい」を言わない
謝る事が失うより耐え難いのですか。失った後、残る物はなんですか。それが欲しかったものですか。


「ごめんなさい」を許せない
なんでも損得で測るのは微妙かな。でもいつまでも許してくれない人をいつまでも好きでいられるほどの根性ない。あなたの事が嫌いになったから、許してくれなくていいよ。


最近いろいろ、どうでもいい
「ごめんなさい」シリーズは、過去の回想。考えが変わった点、変わらなかった点、年取って変えられなくなってきた点。


言葉の端や行間ににじみ出る何か
「空気を読む」っていうけど、読む事が出来たとして、それを書く(言葉にして説明する)ことが出来るかというと、別問題。空気を書いてみる。9トピック。


いじめと先輩
「先輩って怖い」という事を、社会人になるまで知らなかった。社歴が自分より短い人は、劣っているはずだという自信はどこから来るのか。


支配欲の不思議
言葉が「支配欲」でいいのか知らないけれど、他人が自分の思い通りに動かないと気に入らない人って、とても怖い。株と一緒で予想通りに動かないから面白いのに。「制御」するのと「想定」するの時点で、踏み込み方が大分違うし、面白がって眺めているだけだから結婚できないのかな。


表彰状と辞令は手渡しすべし
最初の中国赴任の辞令が、机の上にペロッと置いてあって、猛烈に怒った時の事の回想。ばかにしているよね。それ以来、どの上司もちゃんと手渡ししてくれます。


現在の2時間を使って、20年後1時間短く働くこと
超大作執筆中


以上、半年ぐらい溜め込んだ文章にできなくて心折れそうな記事の3行紹介文でした。

Comment

コメントを投稿する
記事: 「何故か完成しない記事」の傾向と対策

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback