イギリスといえば、羊と虹

イギリスといえば、羊と虹

羊と虹への熱い思いを書いてみました。

イギリスといえば、羊


イギリスはなんといっても羊。人より羊の方が多いですよね。この国。
ウェールズなんて特にそう。

イギリスにいて、羊を見たことがない人は、おそらくロンドンから出たことがないだけです。

ぼけーっとしているのに、何気に怖い顔しています。
恐がりなので、こちらの挙動を窺って、じーっと見つめられます。
そして夜は目が光って更に怖いです。

もこもこしている時期は、かわいいようで、相当臭いです。
絶対触りたくありません。
グルミットのぬいぐるみが一番です。


イギリスと言えば、虹


イギリスはよく雨が降ります。
ゲリラ豪雨みたいな激しい雨はあまりありませんが、しとしと降ったり止んだりを繰り返しています。
傘を持っていくのが面倒になり、よく雨に打たれます。

虹は、雨上がりの喜びとリンクしています。
「きれーい」とかじゃなくて、「ようやく雨が上がってくれたか…」的な好転のシンボルです。
寒い冬が去って、ようやく春が来た!に近しい感覚です。


新テンプレートは羊か虹でしょ!



羊か虹がテーマのテンプレートを探したのですが、羊の方はうまく見つかりませんでした。
ようやく見つかった虹のテンプレート、とても気に入っているのですが、今のところIEでしかちゃんと機能しません。(特に上部のメニューバー)。

幸いにも作成者の方が同じテンプレートでブログを書いておられるので、ソースデータを見比べて、ごにょごにょ格闘していますが、どうしようもなかったらあきらめようかな。


この虹、何気にすごいんですよ。



虹って、太陽光がスプリットしてできているはずなので、短波長側から、紫→藍→青→緑→黄色→オレンジ→赤みたいな順番のはずなんですね。

だけどこの虹、謎の配列ですよね~。
こういうの好きだな~。

それからスマホと今回のテンプレートに共通している、雲から出ている虹ですね。

雨上がりに残った空気中の水分を反射しているのですから、雲が残っているとしても虹は雲の下に出るのではないかと…
ま、雲も数階層ありますからね。そういうこともあるのかもしれません。



こういうのに気付いちゃうからこそ、現実と違った方がロマンがあって好きです。

虹を連想させてくれれば、それだけで嬉しいものだったりします。

Comment

コメントを投稿する
記事: イギリスといえば、羊と虹

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback