家計予算の内訳を決める

家計予算の内訳を決める

超適当に決めた家計予算の12万円/月なのですが、7月は予算内に収まったようです。なんとかなりそうなので、7月の結果を踏まえて予算の内訳を決めておきます。

関連記事: 月次予算を決める
関連記事: あぁ〜家計簿。おぉ〜家計簿。うぅ〜家計簿。7月次


家計予算の内訳


結論から書くと、下記の通りに設定いたしました。

月次予算


予算設定の流れ


予算設定は、下記の流れで行いました。

  1. 月次予算構成(区分と費目)

  2. 予算1: 流動費(食費、日用品費、被服費)

  3. 予算2: 流動費(交通費、趣味・娯楽、交際費、その他)

  4. 予算3: 固定費

  5. (余談)家計管理と私は疎遠だった

  6. 駐在員の給与:制度①人事部長がブラック

  7. 駐在員の給与:制度②人事じゃない部署が作成したInterim期間

  8. 駐在員の給与:制度③新しい人事部長はヒーロー?



注記


国内の転勤でも会社によって制度が異なりますよね。海外駐在員は、これに加えて租税条約や社会保障協定を踏まえた給与パッケージや福利厚生が、勤め先から指定されますから、国家間のアレンジメンとや会社の制度によってバラバラで、他の人の参考になるかわかりません。私自身、7年間で同じ会社の制度が2度も変わりました。本当に人事側での自由度の高い区分の社員なのかもしれません。

タグ付けをするにあたって、「海外駐在員の」を冠することにしたのですが、これは日本国内にお住いの方々が混乱なさらないようにするためであって、海外駐在員の典型的な家計管理ではありませんので、あらかじめご了承くださいませ。

Comment

コメントを投稿する
記事: 家計予算の内訳を決める

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback