Aviosって何?

Aviosって何?

関連記事「イギリスのクレジットカード、British Airways American Expressを作ってみた」にて、Aviosポイントを貯めてPragueにでも行こうかという魂胆を書きました。


ところで、Aviosポイントとは


イギリスには、NecterポイントとかTescoポイントとかAviosポイントとかよく見かけるポイントシステムがあるのですが、Aviosは旅行系に強みのあるポイントシステムである模様です。

Aviosのホームページ

Aviosを貯める
Aviosを使う
Aviosを買う



さっと見た感じでは、貯める方法はいろいろあれど、使い勝手は旅行系に限定されるようです。貯めたポイントがArgosなどで値引きに使えれば悩まずサクッと申し込んだのですが、今のところそんな風にはなっていないようです。

「Aviosを買う」に至っては非常にトリッキーですね。£31で1,000Avios (=3.1pence/avios)から£1,613で100,000Avios (=1.6pence/avios)まで、たくさん買えば割引率が上がるAviosですが、お得とは言い難いかもです。3.1p以上の価値の商品と交換できる状況はそんなに多くなさそうです。知恵が必要ですね。

(ここまではAvios本体サイトからの情報ですが、ここからはBritish Airwaysでの情報です。)


使い方が悩ましいAviosポイント


ポイントが貯まると航空券と交換できるといっても、旅費だけがただになるので、税金類は別に支払わないといけないんですね。
航空券と税金

例えば、上記のような航空券を特典航空券でポイント交換した場合、9,000Aviosを払って無料にできるのは£33なのではないかと…

それならば、特典航空券じゃなくて4,500Aviosで£30ディスカウントと交換したほうがいいじゃない?みたいな変なバランスになりそうですよね。

私はクラスアップも安い航空券からあげていくと結構なAviosポイントが必要になりそうですし…うーむ。

まだポイントが貯まっているわけではないので、実際に使うときにまたレポートするつもりです。
先に出口戦略を考えてはみるものの、7割がたOKなら、とりあえず飛び込んじゃうタイプです。
そもそも何も貯めていないよりはマシなんじゃないか?


とりあえずAviosポイントを貯めてみよう


Avios – our Club currency


とりあえず↑に沿ってみますと…
  1. British Airwaysのフライトに乗る
    これは難しくないと思います。早く予約すればBAが最安のことが多いですから

  2. AVISでレンタカー
    これはないな。運転できないし

  3. Tescoでショッピング
    £2,500のお買いものでもらえる£2.5のTescoクラブカードバウチャーが600Aviosになるんですって。うーん。逆がいいな~。フライト(=仕事)飛んだら、Tescoでアイスが買えるVoucherになる方がうれしいです。

  4. Gate365でお買いもの
    http://www.shopping.ba.com/
    ANAのカードも同じですけれど、必要に迫られた買い物の際に、マイルが貯まるかどうか調べるのって忘れちゃうものですよね。

  5. クレジットカードを使う
    £1のお買い物が1Aviosらしいです。Tescoよりいいですね。

  6. BAのホリデーと提携ホテルで出かける。
    これは思ったより高くないです。出張を組む際にはOpodoやBooking.comで探すのですが、空港とホテルの都市名が同じだったら左程違いはありませんから無理なく買えるかもしれませんね。



なんだかだで20,000Avios以上貯めるつもりはなかったりする


出張が増えてきたら、ラウンジ利用(水を飲むのにうろうろドラッグストアを探さなくて済む)とか、荷物が早く出てくるとか、そういうことが結構効いてくるので実際のところ目指しているのはポイントではなくフライアーステータスのランクアップだったりします。

この為JALのマイレージが20,000マイルに達したところで、ちょっと視点を切り替えてみたかったのです。マイレージはそのものが財テクなんでしょうけれど、JALじゃ欧州においてフライアーとしての待遇が上がらないので、身体はきついままですからね。

BAのサービスを研究する第一歩として、カードを作るのは悪くないかな~なんて。


次は、接戦の末に申請しないことにしたTesco Clubcard Credit Cardについても書いてみました。

Comment

コメントを投稿する
記事: Aviosって何?

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback