EU Referendum: UKがLeaveと決めたら、当社は撤退しますか?

EU Referendum: UKがLeaveと決めたら、当社は撤退しますか?

​面白い質問です。何を思ってそんな事を聞いているのか興味があります。(聞きませんけれど)


ジョブセキュリティー関係の質問は、安易に答えられない


当社のUK進出目的は理解されていると思っていたので、「んなわけないじゃん?」っと回答したいところですが、これがインドだと、後から面倒な事になるので、回答を避けるのが無難です。

本社に確認してほしいか?(=貴方にとって非常に重要な案件ですか?の意味)と聞いてみたら、「いや、いい。」と言われたので、事なきを得ました。


それでも、なんとなく、答えを準備してみる


当社のUK拠点設立目的は、UK国内顧客へのよりスムーズなサービスの提供にあります。UKがEUから出ても、出なくても、設立目的は変更される事はないと考えます。

但し、UKが、EUから出た場合、規制や制度が、見直し、改正される事と予測されます。どの様な改正が執行されるかわからない中で、現在それらがaffordableかどうかを判断する事は、困難です。

いずれにしても当社が長く存続できるかどうは、UK顧客から受け入れられご愛顧いただけるかどうかに掛かっていますから、私達にできる事を共に頑張りましょう。


我ながら胡散臭いな~~


インド赴任の後遺症?


インドに行ってから、何か言っているようで何も言っていない中身のない社交辞令を並べる技術を身につけなければならなくなった(自由に意見を述べるのが怖くなった)のですが、それがなかなか元に戻りません。


例えば今回、インド人だったら、後で全く別の理由で閉鎖などが決まった時に「閉鎖しないと言ったじゃないか!一生分の給与を保障しろ!!」とか言ってきそうだな〜っと、身が引き締まりました。これってトラウマ的なものかもしれませぬ。

解雇される時は、「とりあえず約束が違うと責めて、一生分の給料の保障を要求してみる。」と言うのがインド流らしいです。日本以外の外資系の人から聞いた話です。日系はリセッションでも人員整理しないからいいよね〜っとボヤいていました。

普段の様子を見ていて、「あぁ〜あるかもね〜。」っと思えちゃうところが、凄いですよね。インド人。


そのうち、変なトラウマから解放されて、自由闊達にのびのび話ができるようになるといいなぁ~と思わせられたイベントでした。
もしくは、誰とも利害関係(特に対立)がない立場(早期リタイア者とか?)になりたいな~。

Comment

コメントを投稿する
記事: EU Referendum: UKがLeaveと決めたら、当社は撤退しますか?

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback