イギリス家探しにあたってのメモ

イギリス家探しにあたってのメモ

私は横滑り駐在員で、イギリス赴任は3ヶ国めなのですが、家探しがスムーズにいかなかったことで、銀行口座が開けなくて困ったので、次の任地に行く前の確認事項もかねて、備忘録を残すことにしました。


Permanent Address(居住住所)じゃないと銀行口座が開けない


前の任地では会社の住所でも銀行口座が開けたのですが、イギリスは居住住所でなくてはなりませんでした。1~2か月のショートレットでもOKの様でしたが、ホテルはだめでした。

次回というものがあるならば、ショートレットで2ヶ月契約した状態で入国し、さっさと銀行口座を開いて当面の生活費を着任手当で賄いながら、のんびり家探しします。(←次回はなしで、早期リタイアしたい…)


オクスフォードにはImmediate (即入居可能物件)はあまりない


オクスフォードは空室になる2-3ヶ月前から広告が出ます。
Immediate(=即入居可能)は数が少なく、いい物件は広告が出てすぐにLet Agreed(=契約進行中)になってしまいます。

特に大学の卒業シーズンは、皆が狙っている時期ですから、広告の回転がとても速い印象を受けました。

家なき子状態で入国すると、「きったない家」か「割高な家」しか残っていません。良さげな家が空くのは2-3ヶ月後です。私は割高な新築物件が大幅値下げした瞬間に、なんとか稟議をねじ込んで入れましたが、新築だけにunfurnishedで家具家電は自分で手配しなければなりませんでした。


追い出されないように気を付ける!


契約期間は1年の事が多いようです。8か月目になると、リース継続確認メールが送られてきます。私の場合、欧州本土にしかない総務がメールを無視していて、大家さんの直筆サイン入りの「Notice to Quit(契約解消状)」が送られてきてぎょっとしました…
※7月上旬からの契約なのに、契約解消上の日付は4月中旬でした。早い…


また家なき子に戻るところでした。本当に焦ります。

でも、このようにして、早いうちから確実に広告を出すシステムが成り立っているんだなと納得できました。


オクスフォード、ケンブリッジは家賃が高い


最後に、オクスフォード、ケンブリッジは、小都市の割に家賃が高いのでビックリしないでくださいね。ここはロンドンか?っとぶつぶつ言いながら探しました。あはは。

Comment

コメントを投稿する
記事: イギリス家探しにあたってのメモ

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback