日付入りの手帳のいいところ

日付入りの手帳のいいところ

2008年~2014年までは、記録上、仕事しかしていないように見えます。


2008年海外赴任してから、ひどい上司にあたるまで


ひどい上司にあたったのは2014年4月です。7月には心の風邪気味でした。朝5時に暑くて目が覚めて、身支度を整えたにも関わらず、出社の時刻を過ぎてもソファーから動けない日がありました。

このころに、同僚兼親友のアドバイスに従い、「いいこと日記」を書き始めました。これが日記のスタート地点です。

その前までは、手帳は仕事のタスクリストでした。1日に数ページ使うこともあるので、2008年の途中から日付入りを使い続けることを断念しました。

CIAKノートブックシリーズ、スタンダード、M、方眼」をずっと使っています。使いやすくて大変おすすめですが、使わなくなって5年以上経過するとべたべたし、表面が剥げてきます。(ビーチフロントで潮風にあてたのがよくないのかもしれません。)


この期間の手帳4冊は、仕事の事しか書いていません。苦労したな~~っと、ほろ苦く、甘酸っぱく、懐かしい思い出です。プライベートでも旅行へ行ったり、飲み会があったり、いろいろあったはずですが、書いていません。先の予定を記す手帳ではなく、忘れてはいけない宿題を書き込む手帳でした。

予定はOutlookに書き込んでいました。

この機会に廃棄しました。


日付入りの日記のいいところ



日付入りの日記は、「食事会」「お出かけ」「歓迎会」「送迎会」「お祝い」「法事」「休暇」などもスケジュール管理の一環として記述していますから、会社のOutlookには書かないような極個人的なイベントまで記載されているので、振り返るとはまって出てこれなくなります。(ダメじゃん)

それも、捨てちゃいましたけど。
覚えていたら、来年初にまた日付入りの手帳に切り替えてもいいかもしれません。


涙ぐましい「いいこと日記」も捨てようかな…


鬼畜上司のおかげで目が覚めて、早期リタイアを目指すようになったともいえるのですが、ブログを始める前の9冊の「いいこと日記」は、いいことしか書いていないのに、やっぱり涙ぐましいです。

この鬼畜上司に苦しんでいたのは私だけではなく、同僚も同じでした。二人で目先を変える方法を研究していました。一人だったら辞めていたでしょうね。そちらの方が良かったかもしれませんけれど、乗り越えてしまいました。というか、時間がたって風化してきました。

苦々しい気持ちがもっと薄れてきたら、そのころ取り組んでいたストレス霧散法についても書いてみたいなと思っています。「いいこと日記」は、友達の案で、「不幸をしんみり味わう1時間も、今日はこれが面白かったなと振り返る1時間も同じ1時間、どうせなら1日1時間だけでも楽しく過ごそう!」と、書いているのにつられて書くことにしました。


ネットで見つけてきたストレス霧散法を2人で試してみては、あまりのバカっぽさ、バカバカしさに爆笑していましたっけ。でも笑うことができるのが重要だということをその時に学びました。

これ、書いたっけ?
書いてボツにしたんだっけ?
今回は、勢いで公開します。


日記にタイトルをつけるのは大変


いいこと日記にタイトルをつけて、ブログに移植しようかと考えています。
紙よりも涙ぐましさが減るかもしれません。

タイトルをつける練習になるかもしれません。
タイトルだけで、内容が思い出せるような、そんなタイトル付けを目指しています。

で、タイトルリストだけで満足したりしてね。
私にありがち、です。

Comment

コメントを投稿する
記事: 日付入りの手帳のいいところ

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback