悲劇のヒロイン病

悲劇のヒロイン病

不幸な人はどんな環境でも不幸なんだろうと、溜息がでちゃうことがあります。大切な友人の一人が「悲劇のヒロイン病」を患って、長くなります。

昔はこうではなかった…


本人は、昔は幸せだったと思っているようです。私は、彼女が幸せだった時をよく知りません。出会ったころから常に「嫌いな人」や「不満なこと」に頭と心を持って行かれていました。

職を変わるたびに、「人名」と「内容」が少々変わるだけで、幸せ度は変わっていません。幸せそうにしていると誰かがその幸せを潰しにやってくるとでも思い込んでいる感じです。

だから、一緒にいる間の半分ぐらいは冗談ばっかり言ってとても楽しいのですが、残りの半分を不幸ネタで埋めないと不安なのかな?と勝手に想像して愚痴に付き合っています。


家に帰ると涙が止まらない


とてもつらい状況を表現した模様です。職場ではずっと耐え忍んでいたつらさが、家で爆発して歯止めが効かないそうです。私は泣くとかじゃなくて、出社の時間になってもソファーから動けないタイプでした。完全に切り離して穏やかにしたつもりでも、そこには戻りたくないんでしょうね。兎も角も、こういう時、あえて明るく励ますか、しんみりまったり同調するか、非常に悩みます。


「ん? 私は、家に帰らなくても、涙は止まらないよ。汗と同じで勝手に出るモノじゃないの?」

っと答えて唖然とされました。人前で泣くと天地がひっくり返ると思っているようです。でも、コントロールできるものでもないし…っと、空気読まないバージョンです。ニュートラルに視点の切り替えを試みます。とまらないのは事実だし。


「どうせならできるだけ嬉しい涙を流せるようにしたいよね。」

何の慰めにもならないことは分かっていて、しかも何を言っても結果は同じだと分かっていて、言っています。どういう状況で嬉し泣きをすると思うかなど、聞いてみます。明るく励ますバージョンです。


「いっそのこと、我慢しないで泣いちゃえば、相手も悲しいことが理解できるんじゃない??」

今の時代、パワハラ、モラハラが問題視されておりますから、周囲の人に何が起こっているかわかる状況で、とうとう泣かせたとなると相手も立場が悪くなるという打算的な提案です。負けたようでくやしいらしいです。うーん。それでいじめにくくなると思うけど…根本的な解決を求めていなんでしょうね。しんみり同調バージョンのつもりです。


「これ、いじめです!って定義しちゃえば終わりだよ」

これは、まだ言ったことがありません。私が自分で実験中だからです。上司にちょいちょい伝えている事です。本当に「いじめ」だと思っているので、嘘はありません。本人にそれとなく伝えてもらってから、顧客に影響が出るような妨害はなくなりました。でも、親切にしてくれるようになるわけではないので、確執の氷解を望んでいる状況では、使えない手です。ある意味私は金輪際、その方々と仲よくしなくてもいいという覚悟があって初めてできることです。皆なから好かれるなんて土台無理だ、っと考えているタイプだからできることですね。


「私、今、あなたに笑ってほしくて努力しています!」

実は、一番効果的だったのは、これです。
ストレートに、「泣かないで!あなたが悲しいと、私も悲しい。」って伝える事でした。だいぶん恥ずかしいですけどね。
ぎゃ~~。


幸せはその人の感じ方次第


私も先輩方に悪口を言われて大分うんざりしていますし、家に持ち帰ってしまうこともありますが、「切り替える」努力はしています。切り替えれば直ぐに嬉しい気持ちになるというわけではありませんけれどね。

インド時代、私と同じくらい落ち込んでいる同僚と「感謝探しゲーム」をしていました。「いいこと日記」を勧めてくれた同僚です。矢継ぎ早に5個の「感謝項目」を探すという変なゲームで、「4色ペン、便利でありがとう」「コピー用紙、白紙でありがとう」「窓、外を見せてくれてありがとう」「スコール、涼しくなりましたありがとう」「鍵、留守宅を守ってくれてありがとう」…

えぇ、もう、痛すぎます。
でも、これ、大の大人が二人して大真面目にやると、5個目に至るまでにそのバカっぽさに笑いが止まらなくなりますから、ぜひ誰か探して付き合ってもらってください。

なんというか、切り替えたもの勝ちなんだな~っと思いました。

でも、私が興味のないことをスルーしちゃうのと同じで、聞く耳がない時には何を言っても同じなんですよね~。
どうにかならないかな~~。

Comment


★ケフコタカハシさん、コメントありがとうございます〜!★


> こんにちは。
> お悩み相談されて困っているというお悩みですね。
> 私の見たところでは、そのヒロイン病の人は淋しいんだと思います。
> 一人になると涙が止まらない→誰かが側にいれば涙は出ない→誰かに側にいて欲しい
> こういう図式のように思えるのですが。
>
> それと女性が悩み相談をする時って、解決策を求めている訳ではないもんなんですよ。
> こういう場合に一番簡単な解決策は、一緒に泣いてあげることです。
> 泣ける映画を一緒に見て、思いきり涙を流させてあげてはいかがでしょうか?


いろいろ試してみているんですが、なかなかうまくいきません。
> 一人になると涙が止まらない→誰かが側にいれば涙は出ない→誰かに側にいて欲しい
なるほど!そういうことなのかもです。
迂闊にもそういう風に考えたことがありませんでした。迂闊です😨

ふむふむ、うまくいかないわけだ...
泣ける映画、次回是非試してみます!
アドバイス感謝です〜!

のろのろ |  No.326


★大丈夫ですか〜?★


こんにちは。
お悩み相談されて困っているというお悩みですね。
私の見たところでは、そのヒロイン病の人は淋しいんだと思います。
一人になると涙が止まらない→誰かが側にいれば涙は出ない→誰かに側にいて欲しい
こういう図式のように思えるのですが。

それと女性が悩み相談をする時って、解決策を求めている訳ではないもんなんですよ。
こういう場合に一番簡単な解決策は、一緒に泣いてあげることです。
泣ける映画を一緒に見て、思いきり涙を流させてあげてはいかがでしょうか?

ケフコタカハシ |  [ 編集 ] No.325

コメントを投稿する
記事: 悲劇のヒロイン病

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback