前の拠点でお世話になった上司の夢に私が出現した!

前の拠点でお世話になった上司の夢に私が出現した!

半年ぶりぐらいに以前お世話になった上司に連絡してみたところ、今朝の夢に私が出てきたとのことで、お互いにびっくりです!


セカンドオピニオン求む!


プロジェクトに関するセカンドオピニオンを頂きたくて、久方ぶりに連絡してみましたところ、今朝の夢に私が出てきたらしいです。凄いですよね!

プロジェクトによっては、全く別の部署で業務に関する印象があまりない人の新鮮な視点というか客観的な意見が欲しくなることがあります。(煮詰まっている時は特に)こういうところからブレークスルーにつながったりします。

昨日、ふと、この方の意見を聞いてみたいな~っと思い立って、朝っぱらから電話してみましたところ、私からの連絡をある意味で予見されていたとも言えるのかも。念ってかなり遠くまで飛ばせるものなんですね~~。(←絶対違う)

単に、私のプロジェクトが座礁しかけていると何処かで又聞きして、電話がきてもおかしくない時期なんだけど、来ないな~。なんて、考えていたら夢に出てきた、っというのが現実的な線でしょうか?
私の行動って読みやすいみたいですな。


夢では結婚報告だったらしいが…


終始仕事上の近況報告と、プロジェクトの話題で一貫していたのですが、夢では結婚報告で、今アメリカにいるその上の上司と共に紹介されたらしく、いつその話が出てくるのかドキドキしていたらしいです。ウケる。

え?
ごめん、ない袖は振れないよ。
現在のプライベートでの最大の関心事は「自動車教習所に通うべきか?」だったりします。

前の上司が潜在意識下で(?)プライベートの心配までしてくれているとは、なんだかちょっと感動です。
じーん。

折角だから夢で紹介されたという相手の方のプロファイルに近い人でも探してみるかな。


ミラクルなんてない


ちょっと前に、思い出ボックスを掘り出して、インド時代の事を回顧していたら、懐かしくなって同僚に電話してみた時も同僚の中でミラクルが起こっていました。

前回は、数か月前で、同僚側からの相談だったのですが、翌日担当役員から電話があって、1年くすぶっていた問題がさくっと解決したそうです。私が根回しをしたのかと思ったらしいですが、私は何もしていないと言ったら、「ミラクルだ!」と感動していました。

これも、ミラクルでもなんでもなくて、ちょうど関係者の間でそろそろ解決策を…との機運が高まっていたタイミングで相談をもらったに過ぎないと思われます。しかし、そういうタイミングで連絡いただけるというのは、私が元上司に相談するのと同じ心理だと思うと嬉しくもあります。

一緒に困難を乗り越えた人に話してみれば、今直面している困難の打開策も出てくる気がする…みたいなね。


同じ釜の飯を食う


拠点を転々としているので、各所で苦楽を共にした同僚たちとは離れ離れになってしまいます。離れ離れになっていることで絆的なものがよく見えるようになった感じもします。

今、直面している問題やつらさも、将来的にはこんな風に懐かしく振り返れるようになるし、暖かい「つながり」だけが残るだろうと信じて、ゴチゴチと障害物にぶつかって、ところどころ青あざを作りながら前に進むしかないのかな~~。

なんて、励まされた気がしなくもない朝でした。
記念投稿まで。

Comment

コメントを投稿する
記事: 前の拠点でお世話になった上司の夢に私が出現した!

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback