多読の良いところ、悪いところ4

多読の良いところ、悪いところ4

1では目で追う事への慣れ、2では心構え、3では才能と努力について書きました。今回は感受性についてです。


多読の良い点4


いろいろな出典からのいいとこどりができます。しかも情報の吸収機構が確立されていますから、覚えようと努力する必要はなく、ほぼ無意識に吸収されていきます。ただ読むだけで、個々の情報間の関係性、時制、フローが自動的に頭の中で3次元マップ化されます。

これは、読み慣れない人が、資料ごとにメモを書き出し、その後でメモごとの関係を整理しようとして逆にごちゃごちゃとなっていく様子を見て気の毒になる事があります。


多読の悪い点4


一冊の本に影響されて、それだけを頼りに衝動的な行動を起こした経験が思い当りません。聞かれたらお勧めしたい良書や映画はもちろんありますけれども、それがきっかけで行動を起こされるとぎょっとしてしまいます。私には一冊の本を基に大きな決断なんて、多分できません。

一冊の本や映画に勢いづけられて、人生の進路を変えたりする人が眩しく思えます。


(私の場合)正味の新発想を思いつくことはないでしょう。ただし、情報の吸収機構が自動化されすぎた結果、出典や引用箇所がわからなくなってしまうことがかなり多いです。読んでいる間に気になった個所に付箋やマーカーを引くようにしても、途中でわずらわしくなって最後まで続きません。

単発の仕事でこんな感じですから、私の人生観は何でできているのか全く分かりません。わかっているのは、「稲森和夫に影響を受けました!」とか「孫正義に憧れています!」とかはっきり言える人がとてもうらやましいということです。

投資でも「ウォーレン・バフェット」とか「チャールズ・エリス」とか「ピーター・リンチ」とか、いつの日か有名どころのファンになりたいです。それぞれ読んでみたものの、自分が何派かわからないです。でも派閥に入った方が楽しそう。みたいな。
※投資に関しては凍結解除されたら自分の方向性も見やすいのかな?と思っています。

マーケティングだったら「フィリップ・コトラー」、マネジメントだったら「ピーター・ドラッカー」、成功哲学だったら「トニー・ロビンス」などがパッと出てくるものの、部下が反応しやすいっていうだけで、自分が好きってわけでもないしな~。

1週間かけて、私が最も影響を受けた本を考えてみたのですが、コレ!というものがありません。最も印象に残っているのは、「経営の未来」byゲイリー・ハメルかな?

「マネージメントをイノベーションせよ!」っていうわけがわからないサブタイトル(キャッチコピー)に腹を立てているところあたり、気に入っているに違いないし、かなり影響を受けているはずなのですが、その本ですら、人に差し上げちゃって、手元にないですからね~。

正直どのくらい影響を受けているのかよくわかりません。こういう出典に対する敬意の低さが生じちゃうのも悪いところだと思います。

紙の日記や非公開のBloggerには、その日に思ったことと、きっかけとなった出典を書くようにしています。出典の数を数えると、誰の影響を最も受けているかわかりそうですね。調べてみようかな。

Comment


★小黒とらさん、コメントありがとうございます~!★


> こんにちは
> 私も、私の人生観は何でできているのか全く分かりません(>_<)
> 本から影響を受けているのもあるでしょうし、
> 身近な人から影響を受けているのもあるでしょうし
> 自分で深く考えて人生観を作ってる部分もあるかもしれません。
>
> たくさん読んで、たくさん経験して、たくさん話しをすると
> 適当にいい感じに人生観が熟成するのかなと思ってます。
>
> 多読の悪い点は、一冊の本や特定の人物に影響され過ぎない、
> という点で利点に転じることもできる内容ですね。


確かに!影響される過ぎるのも危なっかしいですね。
とらさんいつも別の見方を提案されてらっしゃいますものね~~。

> 適当にいい感じに人生観が熟成するのかなと思ってます。
おぉ~。熟成して原型が残っていないと考えるの、いただき!です。
正体不明だけれども良い塩梅のごった煮も悪くないですね~。

のろのろ |  No.320


★★


こんにちは
私も、私の人生観は何でできているのか全く分かりません(>_<)
本から影響を受けているのもあるでしょうし、
身近な人から影響を受けているのもあるでしょうし
自分で深く考えて人生観を作ってる部分もあるかもしれません。

たくさん読んで、たくさん経験して、たくさん話しをすると
適当にいい感じに人生観が熟成するのかなと思ってます。

多読の悪い点は、一冊の本や特定の人物に影響され過ぎない、
という点で利点に転じることもできる内容ですね。

小黒とら |  [ 編集 ] No.318

コメントを投稿する
記事: 多読の良いところ、悪いところ4

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback