定時ダッシュもまた、「セミ」リタイアみたいなもの!?

定時ダッシュもまた、「セミ」リタイアみたいなもの!?

早期リタイア界でもたまに見かける「定時ダッシュ」ネタ。
「定時ダッシュ」にかける熱い想いとこだわりの戦術が微笑ましいです。


定時ダッシュで毎日5時間の自由時間


今週末のきむきむさんの記事、仕事をしている時も、ほとんどリタイア生活だったでは、「定時ダッシュ」したからこそ得られる楽しい時間の使い方を示してくれて新鮮です。

記事引用;
海外ドラマを2本(90分)見てから、7時に晩飯。

1時間ゲームをしてから風呂に入り、

9時から2時間半ほど読書して寝る。

平日の夜に5時間、たっぷり遊べる。

ほとんど現在のリタイア生活と同じだ。

見たいだけのDVDを見て、

読みたいだけの本を読み、

やりたいだけゲームをしていた。

時間はいっぱいあった。

リタイアしてるのも同然だった。

早く帰るだけで、それが可能だ。



なるほど5時間も自由時間を確保できれば、勤め人でもきむきむさん言うところの「時間持ち」さんになれます。
余裕のある生活が楽しめます。


私は最大3時間ぐらいです


実は私も平日の時間繰りは、工夫しています。
同じ会社でも勤務国によって定時も通勤時間も違うのですが、何としても20時迄には家事も終わらせ自由になれるようにバタバタやってます。そこから私の「のろのろ」ライフが始まります。

最近は23時にはうとうとしてますから、遊び時間は3時間くらいでしょうか?

この20時の締めに間に合わせる為には、外食も厭いません。
(ちょっと違う?)
外食は時短に即効性があります。洗い物もゴミもでないですし。
(だから節約できないんだ...)

出張は体力的にはしんどいですが、時間的には有利な部分が多いです。
幸いな事に顧客は、午前の遅い時間か、午後の早い時間を指定してくる事が多いので、ホテルに戻る移動中に報告書とフォローアップタスクを登録し、メールチェックすれば、後は自由です。


明日は、20時から23時の自由時間を何に使っているかについて書きたいと思います。

Comment

コメントを投稿する
記事: 定時ダッシュもまた、「セミ」リタイアみたいなもの!?

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback