来年は、「銘柄研究」が楽しくなる年

来年は、「銘柄研究」が楽しくなる年

実際の取引をしない(できない)為か、4年ぐらいのサイクルで投資関係の気になるテーマが循環しています。
※同じところをぐるぐるしている感じになってきました。


オリンピックイヤーはマクロ経済が気になる年


どうしてかはっきりしませんが、オリンピックイヤーは、マクロ経済系の記事を読むことが多い気がします。

株の個別銘柄研究が楽しい時期、
投資手法・理論が楽しい時期、
株から離れて他のアセットクラスや金融商品について調べるのが楽しい時期、
マクロ経済を考えるのが楽しい時期、
くっきり分かれているわけではないですが、自分の中で特掲テーマが循環していることに気づきました。

2016年は、日本のマイナス金利導入、ブレグジットに、アメリカ大統領選にと、印象に残るイベントが多く、それぞれとマクロ経済の関係性についてごにょごにょ考えることが多い年でした。
2012年は居住地中国で国家主席が変わったり、悲壮感漂う日本と過熱気味の中国の差が顕著でそれぞれ印象的でした。
2008年は大きなショックがありましたね。

他の年に何もないわけではないですから、やはりマイブーム的なものでしょうか?


来年は株の個別銘柄研究が楽しい時期?


個別銘柄研究といっても、業種毎に財務諸表を見比べるのが好きなだけです。
この株は値上がりする!とか、そういう感じでもないのですが…

株を買っていたころは「東証の33業種で、1業種最大2銘柄まで」というマイルールがあって、業種を巡回していたんですね~。
「経済ニュースと言えば、自動車だよね。とりあえずここから一つ選ぼう。」とか、そんな感じです。

「サービス」からの2銘柄選定と「空運」からのそれとでは全然違いますよね。失笑。
個人的には「化学」の2銘柄縛りがつらい。
33業種を一巡したら、もっと買いたいと思っていたんですけど、お金がなくて全然増えないっていうのが現実でした。


高くつく勉強代みたいなマイルールですけれど、凍結塩漬けが長くなってくると、動きがバラバラで、見た目に楽しいこのメンバーでよかったなと思えます。

特に2013年の立ち上がりは、反応が早い子と遅い子、すぐにスタミナ切れで失速した子や、突然上がった子(優待開始)、眺めていて楽しかったんですよね~。

あと、財務が堅実な子は、危機だろうが、バブルだろうが、どんな時期にも常に堅実です。おもしろい…


このサイクルでいうと、来年は個別銘柄研究が楽しい年の順番っぽいのですが、買えないと面白くないから、違うテーマがないかな~。っとごにょごにょ考えています。

Comment

コメントを投稿する
記事: 来年は、「銘柄研究」が楽しくなる年

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback