「のろのろ」の由来

「のろのろ」の由来

私のブロガー名「のろのろ」の由来を今更ながら書いてみます。


mushoku2006さんへ人生初コメント


早期リタイアブロガーのmushoku2006さんは凄い方です。

ブログはこちら↓
年間生活費100万円!36歳からのドケチリタイア日記


※勝手に引用してごめんなさい。恐れ多くてご挨拶に伺えません。

この方、私にとっては、株ブロガーさんだった(過去形)のですね。
今は投信カテにいらっしゃるみたいです。投資対象は変遷しながらも、早期リタイアカテは一貫していらっしゃいます。
ブログ村の2013~2014年ぐらいのの株ブロガーさん達が早期リタイア村にも属していらしたからリタイアブログを読むようになって、志望するに至ったのですが、もともと私は「株ブログ」の読者だったのです。


mushoku2006さんのMUFG時代は凄かった!


MUFG時代といってもお勤めだったわけではなく、1億円超の資産の殆どそこに一点投資していらした時期の事です。私の中でこれまでの投資系最大「まじっすか!」で、今後もこのお方を越えられる人が現れるかは謎です。

その前からこういうスタイルでいらして、MUFGの前の銘柄では株主リストに乗っちゃいそうな勢い(目指していた?)で、流動性の低さが難しそうでしたけれど、MUFGは驚きでした!!おもしろかったな~。損を出していても、デイトレとかでどんどん差分を埋めてっちゃうんですよ。精神的な強さがすごいな~~。毎日目が離せない感じでした!

ところが2014年の後半(だったと思います)、MUFGはパッとおやめになられて、インデックスのアクティブ運用(?)にシフトされていたので、MUFGの余韻が残るうちにぜひ(すごく勉強になった)お礼コメントをしようと思い立ったはいいけれど…


ネットに書き込むなんて発想がなかった私


当時、ネットに何かを書き込んだことがなかったんですね。コメントすらも…
そもそも何かを書き込みたいと思ったことがなかったので、いざ思い立っても、行動に移せなくて。
とても勇気がいりました。

それで、とりあえずお茶を飲みに行って、お茶を飲んでいる間中、コメントを考えて、ようやくコメントを書きおわったら今度は、「名前」がいると…

慣れない作業に疲れ果て、自分の筆の遅さにうんざりして、なんでこんなにのろのろしているんだ…
あ、も、これでいいや。と、書き込んだ名前が「のろのろ」でした。

それでも、お礼コメントはしたかったんですね。
本当に凄い方です。mushoku2006さん。


「契機」発見!


振り返ってみると、この日は「契機」ってことでいいんじゃないかな?
人生の決定的瞬間ってやつに育つかもしれません。

コメント一つを書き込むのに、半日うだうだしちゃった自分に心底驚いたという。
そして、伝えたいことを伝わると思われる言葉・文に換えることのむずかしさに圧倒されたんですね。
久方ぶりの強敵、越えられない壁、圧倒的無力感!(←大げさ)


この後、感動をもらってお礼を言いたい人にはコメントをするよう心に決めて、それがいい訓練になって、半年後にはブログを始めちゃって、今のところ現実的なライフスタイルは変えられていないけれども、中味はそれなりに変わった気がします。

普段から自分の言葉をたくさん書くことで、伝えたいことがある時に、伝えたい人に、しっかり伝わる言葉を持ちたいものです。


はずかし~


なんで、恥ずかしいのかよくわかりませんが、こういう「心の中」のを書くのって、恥ずかしいものですね。
これまた恥ずかしい「ブログを書くきっかけブログ」については、まだまだしばらく封印ですね。
ひぃ~~。

Comment

コメントを投稿する
記事: 「のろのろ」の由来

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback