幸福の王子病

幸福の王子病

昨日の不幸のヒロインと共通の友人です。両極端なんですこの二人…


そんな悪い人じゃないよ~


この王子、いつもこう言うんです。

私が思うに、自分の事を悪い人だとか、底意地が悪いとか、はっきり認知している人の方が少ないと思うんです。多くの人が自分は悪くないと思いながら他人を傷つけている様に見えます。自己正当化の為せる業なので、あらがいようもない事であるだけに、できるだけ相手の立場に立てるように「努力」をするわけです。(個人的な考えですけれど)

ところが、この王子にかかると世の中に悪人がゼロになります。自分が利用されることまでが正当化される勢いです。

駄目だよ~~。そこは戦ってほしいよ~。
どんどん扱いがひどくなっているじゃない??


いや、困難から学べることって多いんだよ


この王子は、傷つかないところがとても素晴らしく、本人が傷ついていないのに、私の解釈を伝えることで、気付かなくていいことに気付いちゃうのも酷い話なので、ぐっとガマン。です。

でも、どう考えても、都合のいいように利用されているように聞こえるよ!
互いになすすべのない天災のような困難と違って、人為的にもたらされた苦難は、相手の匙加減でどれだけでも楽になるんじゃないの??

そんな傲慢で自己中な人を喜ばせる為に、苦労を買って出ないでよ…
と、何故か心を痛める外野陣です。
でも、言えない…


イタリア人作戦しかない!


※これは私のイタリア人に対する偏見ですから、気分を害したら申し訳ないです。

私の見立てでは、イタリア人は、とても家族を大事にします。家族を大事にする為なら、割となんでもできちゃいます。少々自己中に傾いても、本人は「ごく自然であたりまえ」だと思っている感じです。

彼に必要なのは、「あたりまえのごとく」優先すべき家族の様に思えます。「妻が待っているので、帰ります。だから申し訳ないけれどこの仕事は自分でやってください。じゃ。お疲れ様です。」なんてサラリと言えちゃう、そういう感じにしてくれる嫁がいてくれると非常にありがたいです。彼は、素で行くしかなさそうですし。(全くもって余計なお世話)


余談


んで、かねがね思っている事…
なぜ「悲劇のヒロイン」と「幸福の王子」は、恋に落ちないのか??
二人の会話を眺めるに、王子のお人好しは、ヒロインの被害妄想(←ごめん)を軽減することに大きく貢献しそうだし、ヒロインの悲観的視点は、王子を外敵から守ることに大きく貢献しそうです。

そして、既に互いに対する思いやり十分な二人なら、幸せで穏やかに暮らしていけるんじゃないかと…何気に二人とも燃えるような恋みたいなものに憧れているのかな??(そういう話一切出ないけど。)

しかし、「自分の心配しろよ!」と言われるだけだから、黙っていますけどね。
さわらぬ神にたたりなし。

「しあわせはどこにある」という映画を見て、ふと二人の事を思い出しました。
映画とは全く関係ありませんけど、どっかでリンクしたんでしょうね。

Comment


★ぷうままさん、ツボすぎます!★


うゎ~!!
上海時代、追い抜いている途中の人が吐いた痰がコートにかかったことがあります!!
冬でよかった~。地肌じゃなくてよかった~。っと心の底から喜んだものです。
めっちゃ謝られて、「公共の場で痰を吐くのは金輪際止めるよ~」って宣言していました。
『ロンドンよかった探し』、身につまされるけど、爆笑です。


>過度の「よかった探し」は現実逃避になったり解決策を模索しない
とても納得です!ズバリ芯をつかれた感じです!!
現実逃避してばかりで、喉元過ぎればオッケーで賞を受賞できること間違いありません。
ぬぉ。。。まずいかも?ですね。


>悲劇のプリンスと幸福のヒロイン
言われてみれば、本当にそうですね!!
何か弱みでも握られているのか??と疑っちゃうくらいに、献身的な幸福のヒロインもいらっしゃいますから。
見返りばかりを期待している人も微妙ですが、無償の愛もみていられない時がありますよね。

そういえば、「前の上司(=男性)は手取り足取り親切に教えてくれた」と物申してきた部下に「Please do not expect unconditional love and care from me; I am not your mother!」と言い放って、問題になったことがあります…「spoon feeding」と「baby sitting」が禁句になったとか、ならないとか…

バランスと相性はどちらも大事ですね。

のろのろ |  No.328


★★


その反面、悲劇のプリンスと幸福のヒロイン、これはペアになりやすいですね〜。
母性本能が強い女性は、可哀想な王子様を保護してあげようとするのかしら。
自虐的でかまってちゃんの自立できない男に、利用されてるって気つかずに、お金あげたり浮気許したり。

「感謝探しゲーム」って、ポリアンナの「よかった探し」みたいですね。
大昔私もやった、でもうまくいかなかったです。
ネットで調べたら、過度の「よかった探し」は現実逃避になったり解決策を模索しない、ということらしく、多分私もそれでうまくいかなかったのだと今更ながら納得(関係者に相談すればよかっただけのこと、今思うと)。
「舗道ですれちがった人が唾吐いたけど、私にかからなくてよかった!」みたいな『ロンドンよかった探し』して、ポジティヴに生きちゃうぞ〜

ぷうまま |  No.327

コメントを投稿する
記事: 幸福の王子病

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback