どうでもいいことを考えて止まない休憩所

どうでもいいことを考えて止まない休憩所

挫折って、若いうちに経験しないと、年をとってからでは乗り越えられないって言われたりしますよね。乗り越えるっていう表現は果敢に挑戦して、困難に打ち勝てる系の挫折の事でしょうか?私にとって「挫折」は、「乗り越える」じゃなくて、「喉元過ぎる」感じです。


時が癒す


時間が経てば、痛みが風化する。これを当てにしてふて寝することが多いです。夢に出てきてしまうほど嫌なことは流石に根本的な解決策を考えるのですが、基本的には寝て忘れる主義です。

散歩道3

オクスフォードには、無数の小川が流れているのですが、近所の小川は流れていないんじゃないか?と思っちゃうほど水流が緩やかです。ちゃんと流れているんですけれどね。

多くの人たちが惜しんで止まない「時間」も容赦なく流れているんだから、こんな風にぼけーっと川を眺めたり、ふて寝したりするのに時間を使うのはもったいないと思わなくもありません。

時間で傷がいえるなら安いものだと考えるべきか、時間が勿体ないからさっさと立ち直ろうと考えるべきか?

なんて、とりとめのない事ばかりが浮かんできます。水流の速い川を見ていたら気忙しくてこうはいかないだろうと思えます。こちらの気分もまったりとなる、ゆったりとした小川で、オクスフォードのお気に入りのひとつです。


鴨長明と李白


リタイア界でたまに出てくる「方丈記」、小屋暮らしとか、就活失敗とか、共感ポイントが多いのは納得です。

んで、鴨長明と同じ様に川を眺めながら、「李白ってすごいよね。同じ川でも眺めるんじゃなくて、うきうき川下り♪(早発白帝城)とかしてたっけ。私も小川を眺めながらぼやいているんじゃなくて、ダックツアー感想文でも書こう!」っと思ったことをやはりぼやくのでした。

※ロンドンのダックツアー、ダックツアー中のダックツアーで一番おもしろいので、おススメです。

本日は、徹頭徹尾、とりとめなく。

Comment


★小黒とらさん、コメントありがとうございます!★


> こんにちは
> 時間で傷がいえるなら安いものと考える派です。
> 嫌な事は忘れるのがよくて、忘れるには時間が必要ですね。
>
> 鴨長明からダックツアーへの流れに、思わず(^^)となりました。

そうなんですよね~。いやなことを考えるともっと嫌になるので、忘れてしまうのが望ましいんですけれど、なかなかスイッチの様にぱっと切り替えられないこともしばしばです。

まったり鑑賞の冒頭も、うきうき川下りの絶句も、どちらも素敵で楽しみ方は様々です~。

のろのろ |  No.332


★★


こんにちは
時間で傷がいえるなら安いものと考える派です。
嫌な事は忘れるのがよくて、忘れるには時間が必要ですね。

鴨長明からダックツアーへの流れに、思わず(^^)となりました。

小黒とら |  [ 編集 ] No.330

コメントを投稿する
記事: どうでもいいことを考えて止まない休憩所

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback