「東京」だから消耗するのか?

「東京」だから消耗するのか?

ぼやき。

せめて「首都」だったらよかったのに...
でもそれじゃ、キャッチーじゃないのか...

象徴として使われている言葉なのだろうから、致し方ないとはいえ、住んでいて1番疲れるのは「チェンナイ」です。個人的に「東京」は割と住みやすい街で、「東京」自体に罪はない。なんだか気の毒になったというね。

私が始めて一人暮らしをしたのは「ロンドン」で、楽しくて色々歩き回ったのですが、それ以外の街は積極的に回っておりません。それでも駐在員をやっていると、出張者のアテンドがあるので「上海」「北京」「チェンナイ」「デリー」「ムンバイ」の回り方に詳しくなりました。

そのうち「オクスフォード」、「ロンドン」、「マンチェスター」あたりの観光案内が出来る様になるかもしれません。

それで、なぜか取り残される「東京」でした。帰る事があったら、海外からの出張者のアテンドに手を上げようかな。あ、でも、英会話を練習したい人に譲るべきだよね〜。なんて、ふと「東京」の事を懐かしく思った妙な朝です。

今の駐在員はみんな2020年のオリンピック前には本帰国したいと思っている様です。

私は、割安株を拾うのにいい時期じゃないかと予測しており、帰りたい。しかし、そういう言い方は出来ないので、「私もオリンピック前には帰りたい」と言ったら、「あなた、オリンピックタイプじゃないじゃない?」っと、イラッとされました。

凹んでいたら、「社歴は本社3年、海外9年でしょ?2020年までいたら13年、日本に帰りたいって言うだけで返してもらえると思うよ。」と励まされました。何故か複雑な心境です。

Comment

コメントを投稿する
記事: 「東京」だから消耗するのか?

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback