忙しがり屋

忙しがり屋

最近、ブログ更新が不定期なのですが、出張が続いたりしたこともあるのですが、根本的な理由はそこじゃなかったりします。


本社人事部が視察に来た…


数か月前、UK一部社員との個人面談のスケジュール表がいきなり回覧されて、とてもびっくりしました。私なにかやらかしたかな?

実際のところ、欧州人事部の不手際だったみたいですが、抜き打ちの人事部の面接って、何かあったんじゃないか??と疑っちゃいますよね~。ビックリしたな~。

それで、「のろのろさんは、忙しそうで大変だから、身体を壊さないように気を付けてほしい」なんて泣けることを言ったスタッフがチラホラいたらしいです。人事部の事だから、うまい具合に脚色してそうですが…

え?
定時に帰っていますけど?

うーん。忙しそうに見えるというのは、よろしくないです。


忙しがり屋


どこの職場にも(どこの国にも)「忙しがり屋」がいます。なぜ忙しがるのか?

1) 充実している感じがする?
2) 忙しそうにしていることで、新しい仕事が来ないようにする?
3) みんなにいろいろ頼まれちゃって私って人気者アピール?

上記のようなことを想像しているのですが、実際には大したことをしていない場合、「あの人は手際が悪い」とか「あの人は仕事を回せない」とか、良くない噂が立ったりしているのを耳にしちゃうと、気の毒なんですよね~。

更に悪い事には、実際にたくさんの仕事を抱えて回っていない人は、「あの人は仕事を下に落とせない」とか「欲張って抱えすぎだ」とか言われているのを見ると、さらに心が痛みます。

これがとても気になるのは、「忙しそうだね」ってよく言われるからです。私の場合、回っていない時に起きます。んで、回っていないことが多いです。そして全てを回す気もなかったりしています。


大事じゃない事は淘汰される


いろいろ仕事をもらっても、全部できるわけじゃないんですね。顧客向けには速やかかつ丁寧に「できません」と回答するのですが、内向きの仕事はメールを開いていない事もあって、ダメダメです。

「日本語で書けるから」という理由で駐在員に送ってくる人たちがいます。全く関係のない部署の人の場合もありました。英語で書いてよ~。通訳・翻訳は駐在員の仕事か?については、上司と口論になった時のことを別記事にしたいと思います。

その人たちの「ものぐさ」に付き合って一日数時間残業していた時もありました。わからない部分を確認しようと連絡してみたら、そういう人たちは帰宅しているんですよね。そういう状況を千メール分(毎日2~3件、1年ほど)経験すると、なんと言われようと「英語を添えて再送ください」と即刻返信することに躊躇しなくなります。

社歴が浅く、平社員の時からそうしていましたから、「生意気だ!」と怒り心頭な方もいらっしゃいますが、私の性格が批判されることがあっても、本人のものぐさについて反省されることはあまりないようです。(お詫びメールが来たこともあって、感動したりしましたが)基本的に人間みんな自分の都合の良いようにしか解釈しないわけです。人嫌いの原因。

ところで、「英語を添えて再送ください」を受けた後、再送してこない案件があるんです。私はそれらを「大事じゃない案件」とみなしています。英訳すらも惜しむどうでもいい案件をどうしてそもそも送ってくるのか?もっと他人の時間を尊重してほしいですよね。

私はこんなのに付き合うよりは性格批判の方がマシだと思っていますが、心優しい駐在員は、それで押しつぶされちゃったりして、果てには心の風邪をこじらせたり…(あ、脱線)

っと、兎も角も、「大事じゃない案件は、自ずと淘汰されていく」と自分を慰めるのは、常に処理しきれない程仕事を抱えているからだったりします。実際に半分以上はどうでもいい案件で、対応してもらいたいなら依頼側が工夫しなくてはならないと、開き直っています。とはいっても、催促されたら、謝るしかありませんし、毎日謝ってばかりです。


それでも定時に帰る


ようやく本題です。上記のような状態でも、イギリスに来てから、定時に帰っていました。しかし、仕事がまわっていなくて困っているのかもしれず、帰宅後、毎日できるだけ仕事を片付けるようにしました。

そういうわけで、家事も仕事も真面目にやっているので、「やらなければならない事」が終わったら、バタンキューです。

ブログを書く、ブログを読む体力が枯渇気味なので、水・木をノー残業のブログデーに設定しました。

どうしてそこまでしてブログを書きたいのか??
こちらについてはまだ、ごにょごにょ考え中です。

Comment

コメントを投稿する
記事: 忙しがり屋

お気軽にコメントをどうぞ~。

  非公開 (管理人のみ閲覧可能)
 

Trackback